戦闘的に走れ!

seiuchi9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 04月 07日

ポルシェ930カレラ!(購入記)

f0056835_16591830.jpg

お客様引換札 911。

まったくの偶然なのですが、背筋がゾックとするほど驚いてしまいました。

このお客様引換札は、10日程前に、某区役所所に印鑑証明を申請しに行った時に係りの人から渡されたものでした。
申請した印鑑証明の用途が、ポルシェ930つまり、ポルシェ911カレラの名義変更に使用するためだったのでゾックとしたのでした。

印鑑証明の手持ちがなかったので、申請しに行ったら、お客様引換札が911番だったということなんですが・・・・。
f0056835_1712027.jpg

結論から書きますと、去年の年末に、ヒョンなことから930カレラを購入しました。
3月末日までに名義変更をしないと、自動車税が前オーナーの元に送付されてしまうので、3月31日に名義変更をしたという次第です。
930の後ろの部分がない画像が好きなので、この画像を最初に載せました。
理由は・・・・・。
f0056835_1784638.jpg

930カレラも、もはや旧車の部類に入るかも知れません。
僕は旧車はオリジナルが好きです。
ターボウィングがチョット気になっています。
f0056835_17215871.jpg

近づくと、こんな感じです。
f0056835_17224291.jpg

ここまで、近づくと930ターボに似ているような気もしますが、あくまでも930カレラなので、ノーマルフードが好みになります。
近いうちノーマルに戻そうと思っています。
f0056835_17254239.jpg

前回、2個1や3個1、あるいは4個4や5個5のことに触れさせて頂きました。
そして、僕は店頭で中古車を購入したことが殆どないとも書かさせて頂きました。

『セイウチさんは、どんなふうに中古車を買っているのですか?』と何人かの方のコメントを頂きました。

そんなふうに改めて質問されると、どんなふうに答えたものかと、戸惑ってしまいます。
この930カレラは、どうして購入したのかに触れてみたいと思います。
f0056835_17283852.jpg

クルマ屋でバイトをしていたことは、前回、書きました。
クルマ屋という言葉は、僕的には、中古車屋やブローカーに対して使用しています。
正規代理店はディラーと呼び、正規販売店が販売したものがディラー車、短縮してD物と呼んでいます。

ポルシェやフェラリー、ベンツ等を専門に販売していて、店構えが大きいものをディラーと呼んでいる方もいらしゃいますが、それは間違いで、ディラーとはインポーターである現地法人(PJやMBJ、BMWJ等)や商社と正式に代理店契約を結んでいる正規販売店のみを指します。

代理店契約とは、ある種の法律と同じなので、シテはいけないことや、シナクテはならないことなど、詳細に取り決めがあるのは、ご存知の通りです。

日本全国のPCの、床のタイルの大きさも色も同じで、ショーケースも同じで、椅子等の備品も同じなのは御存知の通りです。
規模さえ違うけれど、基本的な造りは同じになっているハズです。
これをクリアーしないとPCの称号は与えられません。
f0056835_1730177.jpg

そのPCの知り合いのメカから、去年の12月に『セイウチさん、ご相談があるのですが?』
聞いてみれば、彼が乗っている930を手放そうと思っているのだけれど、出来れば、いつでも買い戻せる知り合いに売りたい・・・・概ね、こんな内容の相談でした。

彼の930は見たことはあっても、運転したことはありませんでした。
彼が僕に、お声掛けしたということは、僕の知り合いか、僕に乗って欲しいということだと、素直に受け取りました。

88年930カレラ、走行107000キロ、D物、サンルーフ無し、4オーナー、シルバー、修復歴なし、記録簿完備。
彼が4代目のオーナーで、彼の手元にきて11年目の930で、3代目のオーナーもポルシェ・ディラーのメカが乗っていたので、とんでもないババァー(トランプの婆抜きの婆のことです)を引いてしまう可能性は皆無そうです。中古車選びでは、ここが肝心です。

彼の希望売却価格は、120万円です。
業者に見せたところ120万円の値が付いたので、同じ価格で、いつでも見れて、触れる環境の人に売却したいとのことでした。

さてさて、どうしたものだろうか?と僕は考えました。
いつでも見れて、触れる環境にするという願望を満たすには、僕の友人知人、親戚、もしくは僕が乗らなければいけないということになります。
f0056835_17322270.jpg

とり合えず、その930を一日借りてみることにしました。
さすがメカで、事前に聞いた不具合はドンピシャでした。
エアコン効かない、2000回転以下でモタツキ不整脈が発生していました。

以前に930カレラは、3台乗り継いだことなんて、すっかり忘れてしまっていて、久々の930カレラは楽しくて、空冷に未練たっぷりの自分が見え隠れしてきました。

僕が他に気になったのは、リアサスのヘタリ、ヒーターブロウの異音、フロントトランクジッドのショック抜け、バッテリーの寿命、左のドアー内からの異音、リアガラスを留めているゴム切れ、ダシュボードからの異音(メーター右側)・・・・・こんな感じでした。

試乗ついでに、知り合いのクルマ屋さんを3軒ほど廻りました。
3軒ほど廻ったのは、年末の挨拶に伺う用事もありましたが、元来クルマ屋気質なので、120万円の値が妥当かどうか?にも興味がありました。

結論から書きますね。
A店、930の買取相場は、0~300だから、範囲内ということで、想定の範囲内。
この930の価格は教えてくれなかったので、120以下なのは間違いがありません。

B店、他で120付くなら、120で置いていく?
こういう返事の場合は、930を探している顧客を知っていて、150~200ならば直ぐに売れる見込みがある場合です(社長さん、読んでいたらゴメンなさい)
チョット粘れば130位で買い取ってくれるハズです。
僕が学生時代に小遣いを稼いでいた方法なのですが、やろうと思えば、こんな簡単に10万程稼げます。

C店、今までに沢山のクルマでお世話になっています。
僕が、お世話になっているということは、裏を返せばC店も、僕との付き合いで、かなり儲けたということにもなります。
『どうしょうもなくなったら、持ってくれば!』色々な意味に取れるのですが、僕が、どうしょうもなくなったクルマを持ってこないことを見抜いているので、不具合を直して、僕が取りあえず乗って、飽きたときには持ってくれば・・・・ということです。
f0056835_1735714.jpg

一日、930を借りて、僕なりに整理が出来ました。
この個体を、僕の友人知人に紹介するのは止めよう!・・・・この結論だけは、借りた30分後には出ていました。
不具合箇所を詳細説明しても、色々と不具合を抱えているものを、友人知人に紹介するのはイヤだなぁと思ったからです。
中古車は、乗れば乗るだけ不具合が出てくるワケで、今、抱えている不具合が直ることは絶対になくて、更なる不具合を発生する可能性は、神のみぞ知る!だからです。

僕が感じた不具合箇所を、彼に指摘する前に、ノーマルのステアリング(モモに換装されていました)を所有しているのかを確認しました。
これは持っていたのでクリアーしました。

僕が、どんな不具合を感じようと、感じまいと、この930の価格は120万です。
実は、これ大切なことなんです。
ですから、僕が感じた不具合は、やっぱり彼には伝えませんでした。

その代わりに、仮に、僕が購入した場合には、エアコンを修理するし、2000回転以下でモタツキ不整脈も直したいので『いくら位を突っ込めばいい?』とだけ聞きました。
彼の答えは『パーツ代だけ、お願いします』・・・・でした。
つまり彼が、自分の休日に作業をするので、パーツ代だけ負担してください・・・ということでした。

話をしていくと次のようなことがわかりました。
彼も不具合箇所を直したかったようで、出来れば彼自身の手で直したいとのことでした。
この930にかかる修理は、全てパーツ代だけで、いいとも言ってくれたので、僕が感じた不具合も、いつの日にかは直せるかなぁとも思いました。

そんなワケで、僕は、この930を買ってしまいましたが、僕が決めた購入価格は140万円でした。
20万円アップした理由は、僕に声を掛けてくれた御礼と、彼の930を思う熱意からです。
モチロン、140万だったら、誰か買ってくれるだろうという・・・・下心もありますが。

印鑑証明200円、車庫証明2600円、名義変更諸費用4100円、合計6900円で簡単に自分で出来ます。
簡単に出来てしまうことがイケナイことに気付いたのは、学生時代でしたが、僕が様々なクルマに出会えたことの原点も、この簡単に出来てしまうことから始まっています。

88年、930カレラ。
88年製のマイ2世に、この930カレラからポルシェの楽しみを教えて行こうと思っていますが、僕の思惑通りになることやら・・・・・。

(現在、不良箇所の修理中で入院中です)

by seiuchi-porsche9 | 2006-04-07 17:45 | ポルシェ930


<< ドライヴ・マイ・カー(beep...      周り回って!(今は昔) >>