戦闘的に走れ!

seiuchi9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 08月 11日

997ターボ(turbo)!

●今回は、いきなり、997ターボだけです。

知り合いのクルマ屋さんの●▲さんから、お誘いをして頂き、997ターボを見に行ってまいりました。
f0056835_16403448.jpg

まだ港に到着したばかりなので、登録しておらず、997ターボを、試乗するという幸運な出来事までには、残念ながら至りませんでした。
(因みに、P●のデモカーは先月末に、早々と登録済みのようです)

いずれにせよ、僕の未熟な腕と知識では、チョイ乗り試乗だけでは、クルマの本心が判らないと思っていますので、いつの日にか、K君の996ターボのように、気がねなく、思いっきり振り回せる、997ターボの出現を、待つことにしようと思っています。
K君の996ターボ。
f0056835_13211182.jpg

997ターボも、幸いなことに、数人の知り合いの方々が、オーダーを入れているようなので、実現するその日も、それほど遠くないことだと、勝手ながら思っています。
僕は、911に関しては、どの時代もNA派でしたが、911のフラッグシップである911ターボには、いつの時代も興味を惹かれています。

自分の中でも、いつの日にかは、4駆のターボに乗る日が来るような気持ちがしています。

その、いつの日にかが、いつ来るのかは、自分の中でも判らないのですが、911のターボの魅力は、930・964(3.3&3.6)・993・996・997と時代と共に、僕の心に刻んで行きたいと、いつも思っています。

そんな視線からの997ターボですが、最初に目にした時に思ったことは、『やっぱり、格好良いね!』でした。
幼なかった頃と同じで、『格好良い!』と、素直に最初に感じられることは、僕にとっては、とても大切なことです。
f0056835_13371214.jpg

何処かの部分だけに『格好良い!』を感じるのではなく、全体的な部分に『格好良い!』ということを感じます。
f0056835_16442622.jpg

それは、こういう部分とか・・・。
f0056835_13463880.jpg

こういった部分とかが・・・・。
f0056835_13474832.jpg

複合して・・・・。
f0056835_13494327.jpg

f0056835_13504630.jpg

こういった、まとまりとしての、格好良さになるのですが、ベースである997カレラが格好良くないと、こういった部分とかが強調されすぎて、格好良さを失ってしまうのも、事実だと思っています。

911ターボや911GT2は、特別な種類の911であっても、911カレラが成り立っていないと、存在さえ出来ないクルマだということになると、思っています。

僕は、996GT3で止まっていますので、997の内装には、まだチョットした違和感を感じてしまいます。
エンジン音は、アイドリングでも思いのほか、静かでしたが、僕の基準は、かなり甘いので、適度の音といったところでしょうか。
f0056835_13573864.jpg

でも、ボクスター987の内装には、慣れきってしまっているので、仮に997のオーナーになっても、直ぐに違和感を取り払うことが出来るとも、思っています。
f0056835_1359319.jpg

新車並行の997ターボですので、ナビとナビ廻りは、本国仕様のままでした。
f0056835_1405941.jpg

本国仕様ですから、ナビはステアリングで操作可能です。
f0056835_144146.jpg

ナビの使いかっては、本国仕様に分がありそうです。
(あと1000回転上があったらと、思ってしまいますが、それではターボでなくなってしまいますね)
f0056835_16491970.jpg

こういったダシュボードのステッチを見ると、997のダシュは良く出来ているなと、感心してしまいます。
f0056835_1461751.jpg

自分のボクスターと同じモノが付いていると思うだけで、親近感が湧いてきます。
f0056835_1472518.jpg

BOSEが付いていました。
f0056835_148988.jpg

僕の大好きなスポーツシートではありませんでしたが、これも、なかなか良いですね!
f0056835_1493063.jpg

子供の頃から、夢は膨らますものだと思っています。
僕が、もし、この997ターボを購入するようなことになったら・・・・・。
こう想像するだけで、僕は何時間でも過ごせてしまいます。
ボディーカラーはリビエラブルーで決まりです。
そして、ステアリングに、こういった遊び心とか・・・・。
f0056835_1413421.jpg

シフトノブに、こういった遊び心とか・・・・。
f0056835_14145820.jpg

サイドブレーキは、ここまではムリですね。
f0056835_14153968.jpg

旅行に行くのならば、ケイマンやボクスターの方が荷物は積み込めそうです。
f0056835_14173865.jpg

このスペースで、何処まで拡大して行くのかは、神と・・・・・・、
f0056835_14193622.jpg

AGが知っています!
f0056835_16532042.jpg

そして、僕も少しだけ想像が出来ます。
f0056835_14225284.jpg

ポルシェの飾り気のない、効率重視のエンジンルームに、初めて光モノを見たような気がしました。
f0056835_14252789.jpg

こういったライトを見ると、やっぱり新しい911なんだなーと、妙に納得してしまう自分がいます。
f0056835_17292419.jpg

スモールを点等させて・・・・。
f0056835_17301073.jpg

ウィンカーを点灯させて・・・・。
f0056835_17424563.jpg

997ターボのホイールを、発表時の写真だけで判断しても、僕はとても格好良いものだと思っていました。。

ポルシェ仲間の殆どの方は、現物を見ないと判らないと、おしゃっておりましたが、現物の997ターボのホイールは、やっぱり最高に格好良いものでした。

僕が格好良いと言っていた根拠が、とても古いものだったのですが、僕的には、旧車好きの僕の根拠もマンザラでは、なかったような気がしています。
僕の大好きな、ロータスヨーロッパのケント・アロイホイール。
f0056835_17451825.jpg

f0056835_1765130.jpg

f0056835_177653.jpg

60年代から70年代にかけて、人気の的だったコスミック・アルミホイル・Mk-Ⅱ。
(自転車用では、ございません・笑)
僕も、このホイールが大好きでした。
(何か昔の写真が出てきたら、後ほどアップさせて頂きます)
f0056835_1748329.jpg

僕の古い根拠とは、こんな単純なことで、昔から憬れていた、ケント・アロイホイールやコスミック・アルミホイル・Mk-Ⅱの雰囲気が、どことなく漂っている997ターボのホイールが、格好良くないハズがないということでした。

僕には、997ターボホイールの設計者の頭の中に、このコスミック・アルミホイル・Mk-Ⅱの残像が深く残っていたとしか思えないのです。
f0056835_2349067.jpg

07モデルからは、殆どのポルシェにオプションで装着可能な、997ターボホイールの画像を、これでもか・・・というほど掲載させて頂きます。
f0056835_17562713.jpg

f0056835_17565236.jpg

f0056835_17572214.jpg

このホイールを履いたクルマに、今、憬れています。
このホイールも格好良いです。
f0056835_17582995.jpg

997ターボのホイールは、どんな角度から見ても格好良いと思っています。
f0056835_17595077.jpg

f0056835_180924.jpg

このホイールは、見ることだけでも、稀ですが・・・・。
f0056835_1822956.jpg

997ターボのホイールも貴重です。
f0056835_1832079.jpg

こんなホイールも大好きなので、主体性はあまりありませんが・・・。
f0056835_184711.jpg

やはり、この997ターボのホイールの造形にも憬れます。
f0056835_1852190.jpg

掃除がし易いとかは、よく判っておりませんが、僕は、この997ターボのホイールが大好きです。
f0056835_1861793.jpg

僕は、ボクスターに、このターボホイール(ターボルックでもよいです)とPCCBをセットで発注した・・・・夢ばかりみています。

997ターボの印象は、僕にとって最高のものでした。

だからとて・・・・
997ターボを、見た後でも、996の魅力が薄れたワケではないと思っています。
(画像は996GT2ですが、996ターボを含めて全ての996が同じだと思っています)
f0056835_18262589.jpg

f0056835_1827075.jpg

ウィンカーが付いていることを、想像すると997ターボに似ていますね。
(車高は997ターボの方が若干高く見えました)
f0056835_18285770.jpg


こんな素敵な997ターボの納車を待っていらしゃる方が、とても羨ましく思います。
世界一の幸せな人達の一人・・・・・・僕はこう思っています。

高額だから、憬れる・・・・僕には、そんな気持ちは少しもありません。
高額な物に価値が多いということは、認めるとしても、僕にとってのクルマはそれだけでは面白くなくなります。

僕にとっては、素敵なクルマだな!と思ったクルマが高額だっただけです。
購入出来る、購入出来ないは、自分の経済状況でも分かれるでしょう。
今の僕には、購入出来ないでしょう。
購入出来なくても、僕は、人を嫉んだりは、絶対にしない人です。

お金持ちが買うクルマではなく、クルマが好きな人が買ったクルマが、たまたま高額だっただけだと、僕は思っています。
そのクルマが大好きであったら、購入出来る出来ないに関わらず、そのクルマと、そのクルマに関わるオーナーまで好きになる・・・・僕は、これからも、こうして生きて行きたいと思っています。
モチロン、900番台のポルシェは全て大好きです。

by seiuchi-porsche9 | 2006-08-11 14:28 | ポルシェ997


<< 雖然知道但無法停止(ある雨の日...      超長文ですから・・その8です!... >>