戦闘的に走れ!

seiuchi9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 11月 17日

リモワ製トロリーケース(ポルシェ・セレクション)

4日間で68時間も仕事をしてしまいました。
よく遊び!ばかっりだったので、時には仕事をしています(笑)

なにかを投稿しようと思ったところ、ryooさんとYoshiさんがリモワ製のトロリーケースの話題なので、僕も反応させて頂きました。

僕がポルシェで移動する場合は、この4つのバックを使い分けてきました。
f0056835_17175852.jpg

使い分けてきた方法としては、こうしてカラーを合わせた場合もありました。
f0056835_17252554.jpg

1泊ぐらいの小旅行では、ポリカーボ製のリビエラブルーのRIMOWAトロリーケースは、丁度良いサイズになります。
幅を比較すると、こんな感じになります。
f0056835_18113160.jpg

縦と横の大きさを比較すると、こんな感じになります。
f0056835_17475569.jpg

黒のバックは、今から15年ほど前のポルシェセレクションのものです。
リモワ製のトロリーケースと比較すると、縦方向は同じサイズですが、横方向は17センチほど長くなっています。
ポルシェのフロントトランクにピッタリのサイズは、実はこの黒いバックのほうです。
(ポリカーボ製はPORSCHEのロゴを逆さまに付け替えています)
f0056835_1753045.jpg

この黒のポルシェセレクションの鞄は、964を購入した時に、当時のディラーから戴いたものです。
当時は何も考えずに使用していたのですが、今になるとこのサイズは使い勝手がよいです。
作り自体も僕的には気に入っています。
f0056835_17583426.jpg

僕はゴールドよりもシルバーの方が好みなのですが、乱雑に扱った15年を経過しても、輝きはまだあります。
f0056835_1802445.jpg

先日、914に乗って旅行に行きましたが、荷物がことのほか多くなってしまったので、新たなバックを使用することにしました。

手前の黒いバックを使ってみました。
赤く囲った部分には、PORSCHEのロゴが一応は入っています。
これは去年の誕生日に、とある人から戴いたものでしたが、今まで使用する機会がなかったのでタッグも付けたままでした。
f0056835_1832292.jpg

このバックは両側のポケットが使用方法によって取り外すことが出来ます。
f0056835_1885570.jpg

f0056835_1892024.jpg

今まで使用していた4個のバックと比較すると、こんな感じです。
先ずは幅(厚み)の比較です。
f0056835_18144016.jpg

次に縦方向と横方向の比較です。
横方向(長さ)が長く、フロントトランクの横幅にピッタリのサイズなことが判ります。
f0056835_18162691.jpg

これから書くとことは、僕なりの感想ですので参考にならないかもしれませんので御了承願います。
トロリーケースは外寸から想像するよりも収納できないと思っています。
リビエラブルーのポリカーボ製は一番小さいサイズのものですが、これはある程度は収納出来ると思っています。
開くとこんな感じです。
f0056835_18242349.jpg

開いた時の、もう一方はこんな感じです。
f0056835_18254274.jpg

黒の内張りには目立ちませんが、PORSCHEのロゴが使われています。
f0056835_18272727.jpg

スーツケースを思い浮かべて頂くと判りやすいのですが、開放するチャックの位置を境にして左右で、それぞれ荷物を分けて収納することになります。
アルミ製の大きいトロリーケースの内部です。
f0056835_18312872.jpg

これは2分割するタイプですので、もう片方はこんな感じになります。
f0056835_18323530.jpg

フタになるこちらの片方は、厚み(奥行き)が殆どないので、収納するものが限られます。
また沢山詰め込むと、分割した2個を合体するときに苦労することになります。
2つに分割した大きな方と、ポリカーボ製の一番小さなサイズのトロリーケースの大きさを比較してみました。
f0056835_18365756.jpg

2つのサイズは殆ど変わりません。
つまり、ポリカーボ製の一番小さなサイズのトロリーケースと収納能力を比較した場合には、
アルミ製の苦労して収納するであろうフタの部分しか違いがないということになります。
ポリカーボ製は、とても魅力的に僕には思えます。
15年ほど前の黒いバックのチャックは端に寄せてあるので更に使いやすいです。
f0056835_18425753.jpg

因みに、アルミ製は飛行機利用で機内持ち込みでない場合には、簡単にツブレてしまいます。
f0056835_1845056.jpg

このぐらいの凹みではクレームにもなりません。
(RIMOA製の大きなスーツケースを使用していますが、そのスーツケースの凹みはこんなものではありませんので、いつの日にか画像アップしてみます)
アルミ製の小さいサイズのほうは、やはり誕生日に戴いたものなのですが、ブリーフケースなので、中はこんな感じになっています。
センターで左右に開くタイプなので、使用方法は限定されるのが欠点といえば欠点です。
f0056835_18534455.jpg

914に載せていった黒いバックは、とても便利なものでした。
ここで、僕の結論が出ました。
もし仮に僕が、ポルシェに載せていくバックを1個も持っていなかったとしたら・・・。
小旅行(1泊から2泊ぐらい)用に、悩まずにポリカーボ製のRIMOWAの一番小さいサイズのトロリーケースを購入するでしょう。
カラーはやはり自分のポルシェと同色にすると思います。
小さいサイズのトロリーケースに収納できない場合・・・理想的にはポリカーボ製のRIMOWAの大きなサイズにを購入することになるのですが、僕は殆ど使用しないと思って諦めることにします。
その代わりに、僕が今回914に載せていったようなナイロン製の大きさが自由自在に変化するタイプのバックを購入すると思っています。

アルミ製のRIMOWAはPORSCHEのロゴが入っていない通常品の商品ですと、ドイツ本国で購入すると国内の半分以下で購入可能です。
僕の大きなRIMOWA製のスーツケースはシュトゥットガルトのショッピングモードで購入しましたが、国内定価の約半分でした。
PORSCHEのロゴがあるだけで、約1.5倍(ドイツ価格の3倍)の価格になってしまうアルミ製を、これから購入するには、かなりの抵抗があるのも事実です。

あくまでも、僕の考えですので、取り違いなきよう宜しくお願いいたします。

by seiuchi-porsche9 | 2006-11-17 19:13 | ポルシェ全般


<< オーバルレッスンとボクスター(...      舞洲カート・オフ ! >>