2007年 01月 17日

納車されましたボクスター!・・・およそ2年前(//▽//)

PCに到着しましたボクスター!・・・およそ2年前(//▽//)
(到着した日は雨でした)
f0056835_19572391.jpg

僕が購入した頃は、PDIで点検を受けたのち、こんなふーに幌の部分だけ養生されて、PCに運ばれて来ていました。
現在はこんなーふに、ボクスターの全身が養生されて、PCに運ばれてきています。
f0056835_19583622.jpg

以前は、この完全梱包状態のお姿で、フィンランドからPDIに送られて来ていたそうです。
それを、PDIで開封し、車体のチェックしていたそうです。
ですから、最寄のPCに運ばれて来る時には、完全梱包状態ではありませんでした。

現在は、フィンランドで船積み出荷される前に、車体チェックをしています。
車体に不備がないことを確認してから、写真の状態のように完全梱包しているそうです。

完全梱包で養生された状態で、船に載せて出荷しているそうです。
ですから、現在のPDIは単なる保管庫という機能になったようです。
最近の納車のペースが上がっているのは、その為のようです。
(アメリカにも同じ方式で出荷しているとのことでした。)

僕の987ボクスターS・MTは、来月で、納車されてから丸2年を迎えようとしています。
そして、お蔭さまでブログを始めてから、間もなく1年を迎えようとしています。
2年前ながら、納車整備中の僕の987の画像です。
(右側の後姿のメカさんから、僕は930カレラを譲り受けています)
f0056835_19593547.jpg

ボクスターが納車された時には、残念ながら、ブログを開設していなかったので、『納車されましたボクスター!』と書くことが出来ませんでした。

納車されてから、2年も経って、2万キロを走行し、タイヤも3セット目なのに、『納車されましたボクスター!』と書きたくなってしまいました。

それは、間もなく2人の親友に、987ボクスターS・MTが納車されるからです。
2人の親友とは 今までのポルシェと今度のポルシェのmokumokutibitaさんこと、通称mokuさんと、 真世界のsputnik987さんこと、じゅんいち君です。

mokuさんは、986S・MT(2001モデル)からの乗り換えです。
Mokuさんは、スポーツ走行好きで、mokuさん=サーキット走行という図式が成り立つほどの走り屋さんです。
とは言っても、2速までならば、あくまでも僕の方が速いと思っていますが(笑)。

Mokuさんは、高速道路のようなストレートな道路では、まるで蝿や蚊でも止まってしまうような速度で走りますが、道が曲がっていれば曲がっているほど、疾風のように飛んで行くお方です。

何処までも真っ直ぐなストレートな道路を走るよりも、右下が谷底だったり、左下が渓谷だったりするような、曲がりくねった道路を走った時のアベレージ・スピードの方が、圧倒的に速いという変わったお方です。

走ることへの情熱は、mokuさんに負けないくらい、僕にもあると思っていますが、速く走ることへの研究熱心さにかけては、僕とは月とスッポンほど、かけ離れていて、いつもいつも尊敬することばかりです。

そして見ためよりも(笑)、思いやりと面倒目が良いお方なので、ユイ・レーシングスクールが開催しているオーバルレッスンに、僕の参加費の・お立て替えまでしてくれて、僕を連れて行ってくださったりしてくれています。

ユイ・レーシングスクール・オーバルコースのボクスターに限ってのRecordsは、こうしてmokuさんに連れて行かれた僕が、現時点では保有しているのですが、僕には、mokuさんが、間もなく納車される987ボクスターで、いとも簡単に抜き去り、『ははは、抜いちゃいましたね!』ということを、僕に聞かすためなんじゃないかと思えていたりしています(笑)。

いずれにせよ、mokuさんと僕は、オーバルコースやジムカーナー(これは有無を言わさず誘い込む予定でいます・笑)というような、「クルマの追いかけごっこ遊び」はエンドレスで続くことでしょう。
(4速以上を使用する競争は、危ないので止めましょうね・笑)

そんな走り屋mokuさんに、間もなくダークオリーブ・メタリックの外装色に、ナチュラルブラウンのレザー内装で仕上げられた、とてもエレガントでシックな、987ボクスターS・MTが納車されます。

ダークオーリブ・メタリックを、mokuさん自身は「海苔色」と呼んでいますが、果たして、本当にお寿司に使われている海苔に近い色合いなのか、納車が本当に待ち遠しいです。

もし海苔のように見えるならば、ナチュラル・ブラウン内装も食材に捉えて、mokuさん号を、僕はこう名付けようと思っています。
それは・・・・「カンピョウ巻き」・・・・・です!

じゅんいち君は、僕の年齢のおよそ半分という若さなので、僕を時には「おとうさま」と呼んでいますが、考え方や、物事の捉え方が、オジンの僕よりも、はるかに大人な部分が多いので、僕は大切な親友だと思っています。

じゅんいち君は、とてもシカッリした考え方をしているのに、注文するボクスターの色を、『あみだクジ』で決めたと、ワザと公表するような人なので、とても誤解され易いタイプの青年でもあります。

じゅんいち君とは、彼が僕のブログにコメントを書き込んでくださったことが、最初のキッカケになり、お付き合いが始まりました。
ですから、知り合ってから間もなく1年になります。

最初にお会いしたのは、ミッドナイトブルーメタリックの987ボクスターの実車が見たいとの御要望だったので、PJのデモカーを、都内某所に一緒に見に行った時でした。

その日は日曜日で、僕はジムカーナーの帰りがけに、じゅんいち君との約束場所に向いました。

彼は、その待ち合わせ場所に、1時間半ほど遅刻して現われました。
それも、自宅から待ち合わせ場所までの所要時間が計算できない、クルマではなく、緻密な計算までが出来そうな電車を利用して、1時間半ほど遅刻をしてやって来ました。

過ぎたことや、起きてしまったことに、腹を立てて怒ってみても、仕方がないと思える年齢に、僕がまだなっていなかったら、この最初の待ち合わせで、じゅんいち君と僕の縁は途絶えていたことでしょう。

じゅんいち君は、このように、2廻り以上もある、僕との年齢差にも、なにひとつ臆せずこともなく、超大物として・初対面の僕の前に登場しました(笑)。

そんな出会いでスタートしたのですが、その後は、コンスタントに月に3~4回のペースでお会いしています。

約束時間に、1時間半も遅刻して来た・じゅんいち君ですが、それ以来は、約束時間には一度たりとも遅刻したこともなく、むしろ僕が約束の時間に遅れてしまっているというのが近況です。

今から思えば、最初に約束した当日に・・・じゅんいち君には、何か急用があったのではないかとも思っています。
その急用が、どんなものにしろ、それを僕に伝えれば、それは言い訳にしか聞こえないことが判っていたので、言わなかったのではないかと思っています。
(じゅんいち君、もし違っていたとしても、僕の夢が壊れるのでそうしておくことですよ・笑)

僕は、こうして、時には『おとうさま』と呼ばれるような親しい間柄で、じゅんいち君にカマッテ頂いております。
実際、親子ほどの年齢差がある男の子から、何かにつけ、チョコチョコと気軽に連絡が来ることは、親子ほどの年齢差がある女の子から、何かにつけ、チョコチョコと気軽に連絡が来ることと、甲乙つけがたいほど嬉しいことなのですね・・・(笑)。

人と人との出会いとは、つくづくと・・・突然で、そして面白く、とても素敵なことだと思うと同時に、第一印象って大切だなーと思ったりしています。

第一印象は、良ければ良いほど、その後に、ガカッリすることもあるワケで、じゅんいち君との出会いのように、第一印象が最悪ならば(笑)、その後は見直すことばかりで、会えば会うほど、その独特の魅力に惹かれていくようになります。

第一印象が良くなくて、やっぱり第一印象通りだったと思うことも、当然あるのですが、その人が思いやりや、優しさを感じさせられる人でありさえすれば、その後の僕は、その人の魅力に引かれていくことが多いようです。
(ですから、僕は第一印象があまり良くない女の子でも大切にしています・笑)

Mokuさん号が海苔ならば、じゅんいち君は、彼そのものが噛めば噛むほど味が出る昆布のようなものだと、僕は思っています。

そんな、じゅんいち君が・・・。
『セイウチさんならば、987ボクスターをどんな色の組み合わせにします?』
と、聞いてきました。

そもそも、僕は銀外装色に黒内装&黒幌の987に乗っているワケで、その僕に、『どんな組み合わせにしますか?』と、聞いてくるのも可笑しいことなのですが、僕が購入した2年前の時点では、自分の思い通りの選択肢が残されていたワケではなかったので、自分の好みをこんあふーに伝えました。

(1)ブルー系外装色・紺内装・紺幌
(2)ホワイト外装色・紺内装・紺幌
内装にコストを掛けるとすれば・・・。
(3)ホワイト外装色・ココア内装・ココア幌
(4)メテオグレーメタ外装色・黒&ストーングレーの2トーン内装・グレー幌

組み合わせの妄想遊びは常時している僕なので、あまり見かけないであろー組み合わせを、じゅんいち君に伝えました。

実際に、僕が一番興味を惹かれる組み合わせは(4)メテオグレーメタ外装色・黒&ストーングレーの2トーン内装・グレー幌でもあります。

こんなふーに、じゅんいち君とは、この一年間で沢山の楽しい思い出を作ってきました。
じゅんいち君は、ボクスターに試乗した通算走行距離ならば、ワールド・チャンピョンであることは間違いがないことでしょう!

下の画像は、左側が、親友TAKAさんの987ボクスターSで、右側が、僕の987ボクスターSです。
Tipと、MTという違いはありますが、オプションも殆ど同じような仕様なので、見分けるのが大変です。
f0056835_2005459.jpg

センターホイールのカラークレストと、タイヤの銘柄の違いが、一番判り易い相違点だったのですが、TAKAさんも、カラークレスト・センターホイールキャップを装着し、タイヤも、僕と同じPOTENZA・RE050に、履き替えてしまったので、まるで双子のような987ボクスターSに成りました。

こうなると、自分でも間違えるようになってしまったので、簡単に見分けられることが出来るように、僕の987ボクスターの前後には、チョットしたステッカーを貼ってあります。

じゅんいち君は、この2台のボクスターで、試乗と同乗した累計走行距離は、2000キロ前後にはなっていると思うので、それなりに愛着もあることでしょう。

じゅんいち君は、他にも機会ある毎に、987ボクスターや986ボクスターの試乗や同乗を頻繁にしているので、ボクスターで過した累計走行距離は、ゆうに3000キロを越えていることでしょう。

mokuさんも、僕の987ボクスターだけに限っても、ゆうに1000キロ越えで試乗や同乗をしているので、mokuさんとじゅんいち君は、納車前に987ボクスターを知り尽くしてしまった二人のハズです(笑)。

そんな987ボクスター通の、mokuさんとじゅんいち君の二人に、間もなく987ボクスターS・MTが納車されます。

Mokuさんは、誰も思い浮かばないであろーという、色の組み合わせに、執念を燃やしていました。

そんなmokuさんが、考えに考えを重ねたうえでオーダーした、オーリブメタリック外装色に黒幌で、ナチュラルブラウンのレザー内装が施されたボクスターが納車されます。

対する、じゅんいち君は、カタログに掲載されている全てのボディカラーで仮発注したのではないかという程、コロコロと心変わりをしていました。

コロコロと心変わりをしながら、もう心変わりが許して貰えない、最終発注の段階になって、じゅんいち君が決定したものは、今までに、一度たりとして候補にも挙がらなかった、アークティックシルバーメタリック外装色に黒幌で黒内装というものでした。

じゅんいち君は、こうしてコロコロと優柔不断に心変わりしているように見せかけて、彼が、一番試乗したTAKAさんと僕の987ボクスターと全く同じであるアークティックシルバーメタリックの外装色に黒幌・黒内装の987ボクスターS・MTをオーダーしました。

こうした、とても遠まわしのやり方で、じゅんいち君は、じゅんいち君と同じ年のTAKAちゃんに、感謝の気持ちを何気に伝えたのだと、僕は受け取っています。

こうして、2台の987ボクスターS・MTが間もなく納車されるのですが、この待ちに待って、やっと納車される、素敵な気分を、僕も同じように感じたいなーと思い、2年前の納車を、今更ながらですが、味わってみようと思ったワケです。

Mokuさんと、じゅんいち君の987ボクスターの詳細説明は、彼等のブログに任せることにします。

僕の987ボクスターに装着されている全てのオプション(アルミルック内装パーツ以外)は、二人のボクスターには全て装着されています。

つまり、僕の987にあって彼等の987にないものは何一つとしてなく、二人の987にあって、僕の987にないものは沢山ある状況なので、待ちに待った二人の納車のお祝いに、影を落とすことには成らないと判断して、僕の987ボクスターS・MTの詳細を、2年前の納車の記録として、ここに書き残しておくことにしました。
f0056835_202771.jpg

2005年2月登録(国内最短登録車)
987ボクスターS・MT
アークティック・シルバーメタリック(ボディカラー)
ブラック(ソフトトップ)
ブラック(スタンダードインテリア)

オプション
メタリックペイント
スポーツシート+専用レザー+シートヒーター
キセノンヘッドライト
PASM
スポーツクロノパーケッジ
アルミルック(ドアーPC・リアセンターコンソール他)
ウィンドディフレクター
フロアーマット
純正ナビ+純正ETC
カラークレストセンターキャップ&専用バルブ
f0056835_203997.jpg

987ボクスターは、フェア開催(05年2月5~6日)と同時に、売れ行きが好調で、展示する車両もなくなってしまうほどでした。
納車された僕の987も、時にはこうして展示車両に協力させて頂いておりました。
フロントナンバーはショールーム用ですが、後ろに廻れば「●川330め●▲■▼」と普通のナンバープレートが付いていたというワケです。

あれから、間もなく2年を迎えようとしています。
あの楽しかった思い出を、mokuさんと、じゅんいち君と一緒に味わえる僕は、とても幸せ者です。

mokuさん、じゅんいち君、間もなく納車ですね!
とても、とても、とても、楽しみにしていますよーん!!!

by seiuchi-porsche9 | 2007-01-17 20:03 | ポルシェ987ボクスター


<< ボクスター購入記!その①(熱き...      空と海の輝きに向けて!(Dir... >>