戦闘的に走れ!

seiuchi9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2006年 02月 16日 ( 3 )


2006年 02月 16日

ポルシェの慣らし運転!!!(完結編)

これが3つ目の投稿です。
ご興味がある方は下から順番に、お読みになってくださいませ。

さて1000キロの慣らし運転という、僕の根拠はどこからくるのでしょうか?

皆さまにお聞きしたいのですが、986ボクスターと987ボクスターでは、エンジンを含めて大差があるのでしょうか?
996カレラと997カレラでは、エンジンを含めて大差があるのでしょうか?

僕の中では993カレラと996カレラの方が、空冷から水冷になったワケで一番の大差に写ります。
986ボクスターは新車種ということで986ボクスター登場自体が大きな出来事になります。

ケイマンSは僕の中では987ボクスターの兄弟車であって扱いは987ボクスターと同様になります。
つまり986ボクスターとケイマンSは大差があるでしょうか?という質問になります。

カイエンだけは前モデルがないので比較対象がありません。でもポルシェAGが販売しているポルシェであることは事実です。

僕が慣らし運転について書くことを躊躇していた理由は、ポルシェに長く乗っているからという理由だけで生意気だと反感を買うのがイヤだったからです。でも、今、僕より10歳、20歳と若ければ、それなりのポルシェ歴になるワケなので、単に早く生まれて年を重ねているだけです。

何故、こんなことを言うのかというと997と987になってから、もっと判り易く書くとポルシェジャ●ンが設立された後に新車発表され、ポルシェジャ●ンが初めて輸入開始した新車種のポルシェに備わったポルシェジャ●ンが製作した取り扱い説明書だけに、慣らし運転3000キロと書かれているからです。

99年にポルシェジャ●ンは設立されています。ですから、98年登場の996カレラと97年登場の986ボクスターの取り扱い説明書を製作したのは当時の輸入元であったミツワ自動車になるワケです。99年以降の996と986の取り扱い説明書にはポルシェジャ●ン発行とあっても、製作したのはミツワ自動車なワケです。
f0056835_8173364.jpg

それでは、ポルシェの取り扱い説明書を年代順に覗いてみることにしましょう。

★先ずは80年代前半までの930ターボ、SCS、SC共通の取り扱い説明書をみてみましょう。
許容回転数が6200回転の時代です。(同年代の全てのポルシェの取り扱い説明書も同文です)
■慣らし運転
ポルシェには特別のならし運転の規定はありません。
ただし最初の1600kmの間の注意深い運転があなたのエンジンと性能を決定します。
フルスロットル発進や急制動はさけて下さい。
走行速度を頻繁に変えることは良くありません。
エンジン回転数は5000rpm以上に上げないでください。
エンジンが暖まっていないうちに高回転で回したり、空ふかししたりしないでください。
上り坂を昇る時などエンジンに負担がかかりすぎないために好ましい回転数範囲の適切なギアを選んで走行してください。
(原文のままです。ブレーキパッドの慣らし方200kmまで等も別記でありますが省略)
(オイル交換は10000キロ毎)

★80年代前半から90年代前半までの取り扱い説明書の慣らし運転については下記です。
許容回転数が6800回転の時代です。(同年代の全てのポルシェの取り扱い説明書も同文です)
■ならし運転
特別なならし運転は必要ありませんが、最初の1000キロの間は下記の点に注意してください。
△フルスロットルや急制動はさけてください
△5000rpm以上に回転を上げないで下さい
△エンジンが暖まるまでは高回転や高負荷での走行はさけてください
△新しいタイヤは良好な設地力は示しませんので、最初の200kmの間は注意して走行してください。
△新しいブレーキパッドは充分な性動力を発揮しません。最初の200kmは注意して早めに制動してください。
(原文のままです。)
(オイル交換は10000キロ毎と)


★996カレラと986ボクスター時代までの取り扱い説明書からですが、許容回転数7800回転のGT3でも同じです。。(同年代の全てのポルシェの取り扱い説明書も同文です)
■慣らし運転
エンジンの性能を最高の状態に高めるために、慣らし運転をお薦め致します。最新鋭の精密な製造技術をもってしても、作動部分が馴染むために摩減するのを完全に防ぐことはできません。この摩減は主に最初の1000kmまで起こります。従って、次の事に注意してください。
1.ニュートラルでもギヤを入れた状態でも、エンジンが冷えているときは吹かさないでください。
2.低速から高速までの幅広い速度で運転し、ドライブトレーン全体のなじみを良くしてください。
3.各ギヤでエンジン回転数が5000回転を超えないようにしてください。
(原文のまま。ブレーキパッドの慣らし方200kmまで等も別記でありますが省略)
(オイル交換は10000キロ毎)


★最後に987ボクスターの取り扱い説明書からです。手元に997の取り扱い説明書がありませんので、同文だと思っておりますが、どなたか情報をくださると幸いです。許容回転数はカレラSで何回転でしたっけ?(要助け舟)
■慣らし運転
エンジンの性能を最高の状態に高めるために、慣らし運転をお薦め致します。最新鋭の精密な製造技術をもってしても、作動部分が馴染むために摩減するのを完全に防ぐことはできません。この摩減は主に最初の3000kmまで起こります。
従って、走行距離が3000kmに達するまでは、次の事に注意してください。
△なるべく長距離運転を行ってください。
△冷却始動および短距離運転の繰り返しは避けてください。
△自動車レース等に参加しないでください。
△エンジン回転数を高回転域まで上げないでください。エンジン冷却時には特に気を付けてください。
(太字引用も原文のままです。ブレーキパッドの慣らし方数百kmまで等も別記でありますが省略)
(オイル交換は20000キロ毎でいいのかな?<要助け舟>)


■■■過去からの流れを踏まえたうえでの、僕の個人的な捉え方です。
987や997以降のポルシェだけが、今までと違う慣らし運転を強要されることに不自然さを感じます。
昔からポルシェは1000キロの慣らし運転と思い込んでいる人も沢山いるハズだと思います。実は、取り扱い説明書を読まなかった僕もその一人で、疑いもなく987Sの慣らし運転を1000キロで終了しています。
80年代後半までのポルシェは初回1000キロ点検というのが存在していました。ここで半強制的にオイル交換がされます。
次が初回5000キロ点検で、ここでも半強制的にオイル交換がされました。
以後は5000キロ毎にオイル交換をして10000キロ毎に点検とオイル交換しました。
f0056835_8181743.jpg

90年代から初回1000キロ点検が初回3000キロ点検に変更されて、ここで半強制的にオイル交換がされます。
以降は初回10000キロで点検し、ここでも半強制的にオイル交換がされます。
その後も5000キロ毎のオイル交換に10000キロ毎の点検でした。
どの時代も取り扱い説明書のオイル交換の支持は10000キロ毎になっています。
どのポルシェでも新車で購入すれば、こんな感じのメンテナンスサイクルでした。

僕の担当メカも、今だにその方法で問題なしと太鼓判を押してくれています。
では、何故、他のオーナーにも推薦しないのかという謎が生まれます。
何店舗かのP●に確認しましたが、答えは想像通りで、ある人からみれば以外のところにありました。
オイル交換の時期が10000キロ毎や20000キロ毎と書かれている取り扱い説明書を熟読ししているポルシェオーナーに、初回3000キロでオイル交換を薦めた場合には、トラブルになる可能性が多いということからでした。
そんな理由もあって、昔からのオーナーと987や997のオーナーとでは慣らし運転の方法が分かれてしまったのだと思います。
そしてPL法の影響が多分に見え隠れする取り扱い説明書の指示通りに慣らし運転をしている人達には、誰もが当たらず触らずでいれば、、それはそれで、皆がかなり居心地がいいのは間違いがないことです。
987の取り扱い説明書で、タイヤの慣らし運転については100~200キロと数値での指示が出来て、ブレーキの慣らしでは数百キロと数値設定(以前は表記あり)を明確にしなくなったことが、何を意味しているのかと考えたりすると、色々なものが見えてきたりすると思います。

■■■結論は、それぞれのオーナーが自分で見つけるべきものだと思っています。
だから僕は自分の慣らし運転の方法を推薦しないし、自分でも必ずしもベストだとも思っていません。
ただ、986と987、996と997で慣らし運転の方法が違うのは僕の中では納得できない説明なので、996と986までの半世紀の実績がある慣らし運転の慣習に従いながら、自分なりのアレンジを加えた慣らし運転が存在できる余地はあると思っています。

慣らし運転を長期間に渡って行った場合と、オイル交換指定交換時期を無視して早めにオイル交換をした場合では、どちらの行為にエンジンが喜ぶのだろう・・・こんな判断基準だと思っています。オイル交換は高額だけれど、大切なポルシェだけに甘やかしてあげたい。そんなオイルフェッチのポルシェオーナーって沢山いると思っています。


最後に、おまけとして987Sの慣らし運転が986Sよりも500キロ多くなった僕なりの理由を付け加えさせて頂きます。
僕の987Sは05年2月登録です。つまり初期ロットモデルです。
僕は、ここ15年間のポルシェのニューモデルを実は信頼していません。
正確に書くと新しく開発されたエンジンをあまり信頼していません。
90年の964でオイル漏れ、94年の993でもオイル漏れ、98年の996では冷却水が入り込む・・・全てデビュー1年目のエンジンでの出来事です。
だからといって、この不具合は流石ポルシェで直ぐに対策を施してくれるので致命傷にはなりません。ですから僕も躊躇なく初期ロットの987Sを購入しています。
何となくチョットだけ多めに様子を見てみようと思う気持ちが働いたので、986Sよりも500キロ多い慣らし運転にしました。996GT3の3000キロ慣らし運転も同じように全てを信頼していないという根本的な理由もありましたが、少し違う思惑も含まれていたのも事実ですので、これは、いつか機会があった時にでも書くことにしてみます。

僕の購入した987Sは初期ロットでしたが、仮に06モデルとして、今、納車されたとすれば(既に大量生産されていることになるので)僕の慣らし運転は986Sと同じ扱いになると思います。

こんな理由なのですが、賛同は求めないので・・・・・ご安心を!

by seiuchi-porsche9 | 2006-02-16 22:02 | ポルシェの慣らし運転
2006年 02月 16日

ポルシェの慣らし運転!!(第2章)

今回のテーマは慣らし運転についてです。

理屈ぽい僕が、自分で何かを決める場合には、必ず裏打ちされた事実関係が必要です。

その事実関係というのは、僕にとっての事実であれば、広く一般化された常識と、どんなにかけ離れていようと、僕は自分を信じます。
僕は、クルマに関してだけは、僕が知らないことは、全て鵜呑みにしないし、人の意見にも左右されない人です。

自分が、少しでも興味を抱いたものに対しては、トコトン自分で調べないと、納得できない人なのです。
自分の興味から、外れてしまったものには、目もくれないという非常識さも、持ち合わせていることが大人に成りきれない、最大の理由でもあります。

僕の持論としての、慣らし運転1000キロというのは、正確に書けば1500キロになります。

僕の中での持論であって、広く薦める気持ちもないし、推薦する気持ちも全くありません。
理由は簡単で、貴方が購入したポルシェを、貴方がどんな方法で慣らし運転をしようと、それは貴方の自由だからです。

でも慣らしに関する僕の持論が、僕の知らない世界で一人歩きする可能性もあるワケなので、僕の持論となっている、僕なりの根拠を、説明させて頂きます。

去年(2005年)の2月に987Sが納車されました。
僕は何の疑いもなく500キロでオイル交換して1500キロでオイル交換して慣らし運転を終わらせました。

慣らしの方法は最初の100キロまでは気が遠くなるような2000回転、200キロまでが2500回転、1000キロまでが3000回転、1200キロまで4000回転、1400キロまで4500回転、1500キロまで5000回転というような方法をとりました。

この1500キロで、気分的には慣らし運転は終了しましが、2000キロ位までは、ある程度は、エンジンに負担を掛けない運転に徹しました。

今回はこんな方法で、987Sの慣らし運転をしましたが、この方法は、僕の中での不変的な法則にはなっていません。
986Sでは、同じような方法を1000キロ終了バージョンに組み替えて行いました。

987Sでは、1500キロで終了した慣らし運転ですが、もっと高回転するGT3は3000キロの慣らしをしています。

3000キロになった理由は、同じ方法で、慣らし運転をした場合でも、許容回転数が上昇すれば慣らし運転に要する走行距離も、上昇すると勝手に思い込んでいるからです。
でもGT3の慣らしでも、気分的には1500キロ終了でした。

987Sで1000キロまで完璧、GT3で1500キロ完璧って感じです。

964は、986Sと同じようなバージョンの慣らし運転で、993RSは、Gt3と同じようなバージョンの慣らし運転をしました。
そして987Sではこの中間的なバージョンで慣らしをしました。

結論から書くと、僕のポルシェの慣らし運転は、基本的な方法は同じだけれど、完了する走行距離には違いがあるということです。

僕の頭の中を整理してみます。
(1)最初の100キロは2000回転以下を厳守する。
この理由は最初の内は負荷をかけたくないので、本来ならば避けたいような街中でのストップ&ゴーの走行でも2000回転以下なら何とかなりそうという根拠のない感覚からです。

(2)500キロでオイル交換をする。
この理由もあいまいで、担当メカが今でも勧めるのには、それなりのワケがあると思うことと(想像してください)、これから長期間に渡って御世話になる自分のポルシェへのご褒美と感謝の気持ちが多分にあります。

(3)自分の心の中に、1000キロで慣らし運転が終了という断固とした気持ちが必ずあって、余分な500キロや2000キロは単に自分の中での余韻に慕っている感覚である。

(4)つまり、1500キロの慣らし運転を終えた時は、500キロも余計に慣らし運転をしてあげて、凄く可愛がってあげた気持ちになっているし、3000キロの慣らし運転では、3倍も慣らし運転をしてあげたと自画自賛している。

(5)1500キロでのオイル交換は、500キロで行っているので、不要だとも感じてはいながら何故か交換してしまっている。

(6)1500キロでも、3000キロの慣らし運転でも、納車後1週間以内には、必ず完了させています。
第一の理由は、慣らしを楽しむために、ポルシェを購入したワケではなく、自由に走って楽しむために、ポルシェを購入したという、自負があるからです。
第二の理由は、慣らし運転を早く終了して、自分のポルシェの、初期不良を早めに見つけた方が、購入先のPCも、対応しやすくなると思い込んでいます。
(初期不良は購入先のPCではなく輸入元のPJの判断次第ですから、納車からの経過時間が短い程説明が楽です。何ヶ月も経過してから初期不良を申し出て対応してくれるのは当然のことではなく、相手の我慢の中で成り立っていると、僕は思っています)

(7)一年間に、数千キロしか走行しない人が、慎重に何ヶ月もかけて、慣らし運転をしたポルシェと、まるで慣らし運転をしなかったポルシェとで売却時に大差がつくとは僕は思っていません。僕が今までに売却したポルシェは全て年式の割には過走行で、業界用語で言うと 『距離が飛んでいる』 になります。
一般的に、業界が欲しがる距離が少ないクルマとは 『4桁』 のことを指します。
4桁とは、オドメーター数字の4桁、そのものを示していますが、厳密には8999キロまでのクルマのことです。
走行距離は、四捨五入しての表示が出来ないので、8999キロということです。
因みに、走行9200キロの極上車というのは本来の表示では、走行1万キロの極上車になります。
クルマは1万キロを越えたら、走ってしまったほうが得です。
取得価格が高額なクルマほど、長期保有か短期保有とかに限らず、走行すれば走行するほど走行単価が下がります。
結果的に、どんなに過走行なポルシェを、自らの手で作ってしまったとしても、世の中広いので必ず買い手がつきます。
距離より人気色か?が優先される場合が多いので、絶対に多く乗った人が得します。
今のポルシェは、マイナーチェンジも頻繁なので、新車でポルシェを購入したら、旬のうちに走った方が得策で、慣らし運転は、短期間で終わらせることにしています。
売却する時に『慣らし運転しましたか?』って聞かれた人を知りませんから、楽しんだ方が勝ちです。

(8)友人が新車で購入したポルシェを、現実として50台以上は見ています。
彼等の慣らし運転は僕と同じ方法か、もっと短いかの、どちらかなのですが、後々に動力性能に差が出たことがありません。
エンジンの性能差がある場合は、もっと違うところに原因があると思っていますが、これは機会があれば書きます。

さて1000キロの慣らし運転という、僕の根拠はどこからくるのでしょうか?
続編はあとで・・・・。

f0056835_1395147.jpg


by seiuchi-porsche9 | 2006-02-16 20:50 | ポルシェの慣らし運転
2006年 02月 16日

ポルシェの慣らし運転!(序章)

ご指名があったので、いきなりですが・・・。
現代のポルシェに関しての、慣らし運転に対する僕の持論は、1000~1500キロです。
でも、この慣らし運転1000~1500キロというのは、あくまでも僕個人の持論なのです。

ご注意・・。
※僕がブログ開設した時に、僕が経験したこと・僕が体験したこと・僕の目で見たこと・というように、自分の判っている範囲のことだけを書いていこうと決めました。
掲載する画像も原則的には僕個人のもの、つまり私物を使っていこうと決めました。
僕がブログで書くことは事実だけれど真実かどうかは判らないという場合もあるかも知れません。※

僕個人の発言に対しては、僕は責任を持てるけれど、その発言通りに実行した場合の相手の責任までは僕は持てない・・・・ということが大前提にあるワケです。
では、何故、僕が慣らし運転1000~1500キロ派なのか?
僕なりの考えを後で、このブログに書くことにします。
それから、皆さんが考えても遅くないですから・・・・・。
次に続きます。

f0056835_2152395.jpg


by seiuchi-porsche9 | 2006-02-16 11:39 | ポルシェの慣らし運転