戦闘的に走れ!

seiuchi9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ポルシェ930( 4 )


2009年 11月 04日

ビリビリ 焦ったりして破らず 線に沿って キレイに切り離す

先日、MLを送付しました。
親友に、MLを送付しました。
送ったMLは、こんな感じでした。
(1部訂正済みですが)

こーちゃん、お元気ですか。
赤ちゃん、ご誕生おめでとう!
母子ともに健康で、なによりでした。

○◎○ちゃんという名前も可愛いね。
ご対面するの楽しみにしていますね。

そして、Q7納車おめでとう。
カイエンよりもデカイと思うけれど、家族3人で使うには、理想的カモですね。
それに北海道での4駆は、やっぱり必需品だと思うものね。

そういえば、997ターボも4駆ではありましたね。
f0056835_95456.jpg

雪の北海道に、お似合いの(笑)930カレラについて書いておきます。
84年式です。
86年までが、ポルシェシンクロのミッションですので、ポルシェの味が最も濃い最後の930ということには成ります。
f0056835_97618.jpg

僕が3代目のオーナーで、A君が2代目のオーナーです。
初代オーナーは、A君がミツワ●▼■▲の○▽◆□マンをしていた時の、お客様でした。
ミツワD物・走行距離は実走行で、間もなく52000キロに届きます。
f0056835_975265.jpg

修復歴は、モチロン有りません。
車検は、再来年1月まであります。
(画像はazmo先生)
f0056835_984832.jpg

A君が、ミツワ●▼■▲の○▽◆□マンだったので、いたる箇所にコストの掛かっている改造が、施されています。
それゆえ、完全なるフルノーマルの930タイプでは、ありませんが、程度は極上の部類だと、僕は勝手に思っています。
写真と共に、改造箇所の簡単な説明をしておきます。

(1)キャリパーとローターは、986ボクスター用に換装してあり、、パッド交換は、先日お渡しする時にしました。
f0056835_992632.jpg

(2)930カレラには、89年にクラブスポーツという限定車があったのですが、これは今の964以降で言うところのRSに該当するモデルになります。
その89年クラブスポーツ用のショック(ダンバー)とスプリングに換装してあります。
f0056835_9101380.jpg

(3)同じく89年クラブスポーツ用のLSDを組み込んであります。
ステアリングを最後まで切ると音を立ててロックするのは、このLSDのためで、異常ではないとのことです。

(4)エンジンルーム内(ターボウィングの箇所に)、エアコン用のラジエーターと強制ファンをワンオフで作成し、組み込んであります(930の中では、多分、1番エアコンが効くクルマだと確信しております)
この強制ファンのスイッチは、ダッシュボードの左下に有りますが、オンの状態のままで、1年中、使用してOKなので、今の状態でお使いくださいませ。
f0056835_910501.jpg

(5)フロントに大きいオイルクーラーを追加してあります。

(6)マフラーはモンティ製のものに換装してあり、抜けは最高だと思っています。
車検は、このマフラーまま受かりました。
f0056835_912689.jpg

(7)シートは本来は電動のモノではないのですが、電動式の方が使い易いので、これは僕が換装しました。
この84年式の930のシートは、布地にPORSCHEのロゴが入ったものが、装着されていました。
下記が、84年式930カレラの純正シートの写真です。
f0056835_9124761.jpg

この、上の写真と同じ84年式930カレラの純正シートの売り物を、必死になって探しました。
でも、残念なことに見つかりませんでした。

布地にPORSCHEのロゴが入っている、全く同じ布地は、944S2にも使用されていたので、944S2用のシートを、流用しようと、最初は思っていました。

そして、ふと思い出したのが、95年993に、タイプ1という仕様があったことでした。
タイプ1は、リアワイパーが付いていなかったりと、993カレラを簡素化した仕様だと記憶しているのですが、そのタイプ1のシートは、革張でなく、布張りのシートでした。

944S2のシートの形状は、911系とは違うので、この993タイプ1用のシートを流用することに決定しました。
探すのに、とても苦労しましたが、なんとか手に入り交換しました。

そして、どうせ電動シートならばと思い、運転席と助手席のシートに、個別のニューズをかまして、両方とも電動で作動出来るように、配線してありますので、電動で使用出来ます。
(因みに、換えてあった元のレカロのシートは、仲の良いメカに差し上げてしまったので有りません)

たまたま探し当てたシートが、スポーツシートだったので、ホールドも、まあまあだとは思います。
布地にPORSCHEのロゴが入っているのに、写真では判り難いですが、84年930カレラの純正シートと同じ布地を使っています。
84年930カレラの純正シートと同柄で、84年930カレラの純正シートよりも、革張りの部分が多いという、そんな感じなので、詳しくないと、全く気付かないとは思っています。
(座面と背面だけがPORSCHEのロゴ入り布地なので、こちらの方が高級感はあります・笑)
f0056835_913272.jpg

(8)ホイールは前後4本とも、930ターボ用のものに換装してあります(因みに930ターボ用ホイール4はヤフオクでも高価なんですが、歴代のポルシェの中では1番コストが掛かっているホイールだと僕的には思っています)

これも余談ですが、930までのバンバーはジュラルミン製で、964以降はアルミ製ですので、ブツケテ壊すと930のバンバーは高価ですので、気をつけてくださいね。
(因みに僕が930に、こだわる理由は、各パーツのコストの掛け方にあったりもしています)

(9)MOMOのスポーツステアリングに換装されていましたが、ステアリングは、純正のモノに交換しました。
外したMOMOも有るので、これは次回にお会いした時に、お渡しします。
f0056835_9142332.jpg

因みに、下記の画像は、僕の手元に来た時の、ステアリングとシートです。
f0056835_9151038.jpg

(10)フロントガラスは、ラジオ用のアンテナが組み込まれている86年以降の930カレラ用に換装してあります(84年カレラは本来はオートアンテナですが)

(11)赤のシートベルトは、964RS専用のもので、こちらも換装してあります。
f0056835_9172136.jpg

(12)イグニッションキーの動きがあまりよくなかったので、シリンダーごと交換しました。
ドアーキーと同一キーでのシリンダーをポルシェAGにて作って貰ったので、鍵か1本で全てが開閉可能です。

運転席側の電動ミラーが動かなかったのですが、これも修理済みです。
ウィンドのレギュレーターの動きが、危なしくって、いつの日のか壊れそうな状態だったので、交換してあります。
左のテールライトに小さな傷があったので、新品に交換してあります。
f0056835_9181852.jpg

(7)と(9)と(12)は、僕の手元に来てから施した作業で、その他はA君のもとでの作業になります。
まだ書き残している箇所が有るカモしれませんが、こんな感じのクルマになります。

メンテは、僕の手元に来てから、飛び石傷と小さなエクボはあったので●▼板金に出し、●□モータースとポルシェセンター○▽で、徹底的にして頂いたので、暫くの間には、不具合は起きないと思うし、大きなトラブルも起きないと確信はしております。
オイル交換もしてありますが、オイル命と言っても、過言でない空冷なので、オイル量だけは、時たま点検してくださいね。
(もし仮に、何か不具合が起きた時には、僕が全責任を持ち、その時には、僕が全額負担しますからね)

225馬力しか有りませんが、もともと1230キロと軽いので(964RSや993RSと同じぐらいです)、空冷911を味わうには、楽しいクルマだと、僕は思っています。

オーディオの取り説がないので、このオーディオの使い方が判っていません(iPodの配線を含めてです)
(オーディオを他のものと交換しようと思っていたのですが、チャンスを失ったままでした)

いずれにせよ、930カレラは、パワステもないし、クルマの大きさの割に、小回りも効かないしと、ペダルの操作感も含めて、その全てが、チョットばかり古臭く感じるカモしれませんが、この独特感溢れる運転感覚には、直ぐに慣れると思いますよ。
f0056835_918502.jpg


(ML文、以下省略)

そんなワケで、僕の84年式930カレラは、親友こーちゃんの元に、旅立って行きました。

僕が、手放した理由は、置き場に困ってとか、他のクルマの購入資金が欲しかったとか、色々とあるのですが、この930カレラだけは、手放したくなかったというのが、正直な気持ちでした。

こーちゃんならば、また僕の元に戻って来るという、そんな可能性を夢みて、僕は、こーちゃんにお願いしちゃいました。
f0056835_9192270.jpg

2日に、東北道を北上し、青函連絡船(フェリー)を使って、北海道入りした、我が愛しの930カレラだったのでした。

『青森を通過する時に、雪が降ったけれど、楽しかったですよ!』と・・・。
こーちゃんは電話で、僕を喜ばせてくれたけれど、無事に到着して安心しました。

こーちゃん、ウェットでの930カレラは・・・。
「ビリビリ 焦ったりして破らず 線に沿って キレイに切り離す」
・・・ですよ(笑)

by seiuchi-porsche9 | 2009-11-04 07:22 | ポルシェ930
2009年 02月 15日

アイ・メイク ちょっとクラシック かなりロマンチック!

いつものように・・・。
★2月某日★
行ってきました!
全日本鰻時価調査連合、通称「ウナツー」!!

そうです!
通称「ウナツー」!!に、初めて参加させて頂きました。

この日の僕は、アウディーA6で、行きました。
f0056835_2227964.jpg

いつもの如くのデモカー生活なのですが・・・。
最近、アウディーのステアリングを握ると、昨年、日本で16040台(ポルシェは3864台)も売れたのが、よく理解出来るほど、マイブームのクルマに成りつつあります。
f0056835_22274212.jpg

去年のメーカー別ではなく、車種別の販売台数は、こんな感じでした。
ご興味がある方は、どうぞです。
f0056835_2228551.jpg
f0056835_22282057.jpg

さて、かねてから憧れだった 「ウナツー」 ですが・・・。
今回は・・・。
ずーっと以前から、行きたい!行きたい!と思っていた 「本家山田さん」に、連れて行って頂きました。
f0056835_22285292.jpg

ujさんの限定号も、拝見させて頂きました。
車高を下げた格好良い、カイエン・ターボSなのですが・・・。
最上級車種である、カイエンターボSのリア・エンブレムを取り外している、このセンスに、僕は更なる魅力を感じてしまったのでした。
f0056835_22291691.jpg

kenさん、ujさん達のお勧めだけあって、山田さんのウナギは、ホントとても美味しゅうございました。

この日、ご一緒して頂いた皆さま、初めての参加でしたが、暖かく迎えてくださってありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。
f0056835_22293991.jpg


★2月15日(今日)★
朝から、neoさん告知の大黒オフに、お邪魔させて頂きました。

本日の目的は・・・。
ケイマンSから、 "目標400馬力" のBMW335Mスポーツに乗り換えた、Happy監督の納車祝いでありました。
f0056835_223035.jpg

Happy監督に、美味しいドーナツを御馳走になりました。
どうもありがとうございました!
(conanさん&neoさんも、どうもありがとうございました)
f0056835_2231202.jpg

neoさんの告知だけあって、沢山の方々が集まっていらっしゃいました。

初めてお会いした方々も沢山いて・・・。
(意外にもと思われるでしょうが)人見知りする僕は、御挨拶も出来ずで失礼しました。
お名前も存じておりませんが、この日、ご一緒して頂いた方々、楽しいひとときをありがとうございました。
f0056835_2231433.jpg

これを御縁に・・・。
オジンの愚かな囁きブログではありますが、お気軽に遊びに来てくださると幸いです。

そして・・。
neoさん、毎度のことではありますが、今回もお世話になりました。
f0056835_22331956.jpg

休日の大黒には、久しぶりに行きました。

今日の大黒は、僕の大好きなクルマが沢山ありました。

フェラーリ・デイトナや・・・。
f0056835_22334311.jpg

フェラーリ・288GTOや・・・。
f0056835_2234222.jpg

フェラーリ400や・・・。
f0056835_22342793.jpg

マセラティ・ボーラーや・・・。
f0056835_2234535.jpg

マセラティ・ギブリや・・・。
f0056835_22351496.jpg

・・・と沢山あったのですが・・・。

僕にとっては、もっと現実的な憧れの存在にある・・・。
英国車も沢山集まっていました。

60年代から、70年代の英国車には、とても縁があって、かって一緒に生活したことのある、そんなクルマが沢山集まっていました。
それは・・・。
トライアンフTR4や・・・。
f0056835_22353861.jpg

MG1100や・・・。
f0056835_22355537.jpg

ロータス・ヨーロッパや・・・。
f0056835_2237630.jpg

MG・ミゼットや・・・。
f0056835_22372833.jpg

MG・Bや・・・。
f0056835_22375273.jpg

MG・BGTや・・・。
(写真はV8ですが、僕のは直4でした)
f0056835_223813100.jpg

ミニ・モークや・・・。
f0056835_22383299.jpg

アルファ・ロメオ・1300GTジュニア や・・・。
f0056835_22385795.jpg

アルファ・ロメオ・スパイダーや・・・。
(何故か、このクルマだけ現物より流用です・笑)
f0056835_22391826.jpg

これらのクルマを、僕は楽しく眺めていました。
そして、遠い昔の学生時代が、とても懐かしく感じました。

免許を取得してから、30年以上も経ったワケですが・・・。
僕は、やっぱり60年代から70年代にかけてのクルマが、今だに大好きなようです。

大黒へは、こんなクルマで行って来ました。
f0056835_22395633.jpg

もう少しばかり、引いてみれば、こんなクルマです。
f0056835_22401597.jpg

全体像では、こんなクルマです。
f0056835_22404128.jpg

話を、数週間前までに戻してみます。

僕には、(20世紀後半までは)ポルシェ正規輸入元だった某社直営店で、メカ兼フロントマンだった親友がいます。
かれこれ、20年近い付き合いになる親友になるワケですが、彼は930を2台所有していました。

彼は他にもクルマがあるので、930を1台手放すことになり、買取業者に持って行きました。
そこで、買取価格が決まったワケですが・・・。
僕が、『ちょと待った!』の声を発してしまいました。

ちょっと前まで、88年の930カレラに乗っていた僕ではあるのですが・・・。
『ちょと待った!』の声を発してしまいました。

親友である彼は、以前に某ポルシェ専門誌に、メカについての連載をしていたほど、空冷ポルシェに詳しい人間です。
そんな彼の930が、買取業者の手に渡ってしまうのが、チョットばかり勿体なく感じてしまったワケです。

そこで、僕は、『ちょと待った!』の声を発してしまったというワケです。

今の僕は、欲しいクルマが何なのか、自分自身でも全く判っていないワケですが・・・。
つい最近まで乗っていた、930カレラに、また触手を伸ばすことには、とても抵抗がありました。

そこで・・・。
関西在住の某氏に、電話を入れました。
某氏は、チョットばかり悩んだようでしたが、この話はまとまりませんでした。

次に・・・。
東海在住の某氏に、電話を入れました。
某氏とは、この話はまとまりそうになったのですが・・・。
よくよく、お聞きしていると、某氏の友人が乗るとのことでした。

僕は、某氏に・・・。
『貴方が乗るのでしたら、僕は、この不具合は元のオーナーが悪いとか、この位のことは、我慢して自分で直しなさいとか言えるけれど、貴方の友達の手に渡るとなると、その窓口が貴方に成るワケだから、僕は貴方以外には売りませんよ。』
と伝えました。

僕が、真剣に相談したのは、このお2人だけでした。

そうなると・・・。
この84年式930カレラは、僕を待っているように感じて来てしまうから不思議です。

そんなワケで、僕は、このクルマを買ってしまいました。
ホントは、もう少し手を入れてから、お披露目しようと思っていたのですが、今日、大黒に乗って行ってしまったので、告白しました。

僕の手元に来た930カレラを、チョットばかり紹介させて頂きます。

とりあえず、車検が切れていたので、何も手を加えないで、ユーザー車検を受けてみました。
1発で、持ちこみ車検は合格したので、程度は判って頂けますかね・・・。
(因みに車検があった時の過去2年間の走行距離は1480キロとなっておりました)
f0056835_22413047.jpg

(旧車はオリジナル好みなので)オプションであったターボウィングは、あまり好みではないのですが、エンジンルームに、強制電動ファンを増設しているので、外すのが大変そうで、このままで乗ることに決定しました。
強制電動ファンは、室内にスイッチを配しているので、かなりエアコンが効きそうではあります。

写真では判り難いですが、マフラーはモンティの左右2本出しに換装されています。
(けっこう爆音ですが、このままで車検は合格しました)
f0056835_22415242.jpg

前後のホイールは、930ターボ用に換装してあります。
Mokuさんの大好きな(笑)タイヤですが・・・。
ミシュラン・パイロットスポーツ・カップを履いています。

930カレラには、面白いほどグリップするのですが、限界を失った時は・・・・。
「神に全てを任せる」
・・・・きっと、そうなるのだと思っています。

f0056835_22421168.jpg

またまた、Mokuさんの大好きなキャリパーとパッドですが・・・。
ボクスター986(2.7)のキャリパーに換装して、スポーツパッドを組み合わせてあります。
f0056835_22423045.jpg

僕は、以前に乗っていた986CSに、964ターボ(3.6)のキャリパーとローターを組み込んでいたことがありました。

964ターボは360馬力あって、車重は1470キロありました。
968クラブスポーツは240馬力あって、車重は1300キロでしたから、この効果は絶大のものがありました。

930カレラは215馬力(日本仕様)あって、車重は1230キロあります。
986ボクスター(2.7)は、220~228馬力あって、車重は1270~1370キロあります。

この数字だけを見ると、大した性能アップは望めないように思うのですが・・・。
968CSと、964ターボは、同じ時代のクルマで、同じ時期にポルシェAGで生産されていたクルマです。
ですから、これはブレーキの性能自体を単純比較出来ます。
言い換えれば、同じ年代であれば、コストが掛っているブレーキの方が(容量もあるワケで)、性能は優れているということになります。
f0056835_2250975.jpg

今回の930カレラと、986ボクスターのブレーキについては、同じポルシェAGが生産したクルマであっても、20年以上の時代の違いがあります。
空冷の最終である993のブレーキと、水冷最新の997のブレーキを、比較してみれば、997のブレーキ性能が勝ってしまうのは、時代背景、つまりブレーキ自体の進歩だと、僕は思っています。

つまり、この74年デビューの930カレラに(ブレーキは年式で多少の進歩はしていますが)、20年以上後に登場した、ブレーキシステムを組み込めば、止まるブレーキに改善されるのは、明らかなことだと思っています。

今、取り付けられているスポーツパッドの恩恵が、どの程度なモノなのかは(ノーマル比)、僕には判っていませんが、以前に乗っていた88年式930カレラのノーマルブレーキよりは、明らかに効きが違っています。

僕は、BMWの3シリーズに、BMWの5シリーズの、キャリパーとローターを組み込む、こんなふ~に、同じメーカー内のクルマのパーツを流用する改造が大好きなので、この930カレラのアプローチの仕方は、僕の好きなモノではあります。
f0056835_22425267.jpg

そして、(純正の)LSDが組み込まれています。
ショックは、930クラブスポーツ(930にはRSが存在しないので、クラブスポーツが1番ハードなクルマになります)用に換装してあります。

走ること、止まること、曲がること、この3つに関わる改造に関しては、僕を大満足させてくれる、そんな930カレラではあります。

フロントにオイルクーラー用の強制電動ファンを追加した、この930カレラのシートベルトは・・・。
関西某氏が求愛している、964RSからの流用品を備えています。
f0056835_2243142.jpg

僕にとって、チョット気に入らなかったのは、ノーマルシートではなく(84年式はPORSCHEロゴ入り布地張りです)、レカロに換装されていることでした。
でも、乗っているうちに・・。
この方が運転し易いじゃない!
・・・と思って来てしまったのは、今や隠せない事実のようです。
f0056835_22434825.jpg

それでも、やっぱり・・・・。
f0056835_22441063.jpg

ステアリングだけは、気になっていて・・・・。
f0056835_22444612.jpg

大黒の帰りに、高価な買い物をしてしまいました。
(84年型までの930は、この3本スポークステアリングで、その後、928や944と同じような4本スポーク・ステアリングに変更されています。ボスの形状も違うので、84年930カレラの純正ステアリングを探すのは大変でした)
f0056835_224589.jpg

この930と、一緒に生活をしてみて・・・。
今の正直な感想として・・・。
関西の某氏にも、東海の某氏にも、譲らなくて良かったと思っています。

実走51684キロで、僕で3代目のオーナーになる、この84年式930カレラは・・・。
f0056835_22453322.jpg

もしかしたら・・・。
914と同じように・・・。
僕の一生モノに成るような気がしています。

結果的に・・・。
930には縁があるようで、75年式、78年式、86年式、88年式、そして今回の84年式と、5台乗ることになりました。
そして、今回の84年式930カレラが、僕にとっての記念すべき20台目のポルシェに成りました。

そんなワケで・・・。
申し訳ないほど、僕は楽しくって、仕方がないワケで・・・。

例によって、例の如く、今後お会いする皆さま、今月一杯は(2月一杯)、御馳走しますので、よろしくお願いいたします。
(今日は・・・御馳走させて頂いた皆さまも、もう1度チャンスを差し上げます・笑)

by seiuchi-porsche9 | 2009-02-15 22:46 | ポルシェ930
2007年 04月 30日

極上の中古車を作る!30秒の会話!

GW前。
この一週間あまりの僕は、ポルシェ930カレラに乗って、仕事をしていました。
当時のポルシェ911・・・・つまり930カレラの車幅は、165センチしかないので、こうした奥まった銀行の駐車場でも、楽に停めることが出来ます。
f0056835_23404523.jpg

107765キロほどの走行でも、エンジンは快調そのものです。
f0056835_23411480.jpg

親友M君のワーゲンポルシェ914(6発)とも、一緒に走って楽しんだりもしました。
(偶然にも、先頭車両はW126(560SEL)でしたが、今でも歴代のSクラスの中で、W116とW126が、僕的にはお気に入りです)
f0056835_23415611.jpg

そして、一昨日(28日)は、この930を洗車してみました。
f0056835_23432063.jpg

洗車には、沢山の思い出があります。
洗車とは、学生時代の、あの怪しいクルマ屋でのバイトの思い出でもあります。
僕にとっての洗車とは、クルマという商品を、洗車することによって、より価値ある商品にグレードアップさせる行為でした。

これぞと決めて、的を絞ったクルマには、内外装の取り外せるパーツは全て外して、ピカール(金属磨き剤)やラッカーシンナーで磨いたり、各種洗剤を駆使して汚れを落としたり、あらゆる色のプラ・カラー(模型用塗料)を使い分けたり、時には他の同一車種のパーツと入れ替えたりと、思いつく全ての方法を駆使して、なるべく新車の状態に近づける作業を延々と続けていました。

そんなふーな・ことばかりしていたので、アルミホイールをバスルームに持ち込んで、アルミホイールと一緒に、お風呂に入ったことは何度もあるし、テールライトと一緒に、湯船に入ったことも、何度となくありました。

今でも、時々、旧車のアルミホイールとは、一緒に・お風呂に入っているので、僕は当時から、なにひとつとして、進歩もしていないようです。
(我が家を新築した時のテーマは、ホイールと一緒に入浴出来る家でしたが、結果的には子供も楽に使えました)

僕にとっての洗車とは、新車のクルマが、汚れたから洗車するという意味合いよりも、チョット疲れ・かかってきている、旧めのクルマを洗車して、より価値あるものに変えていく・・・・・・こんな歪んだ、意識が根付いてしまっています。

そんな僕ですから、先日の松坂オフ会に乗っていた、986ボクスターのフロントに付いてしまった、無数の虫の屍骸なんなかでは、まるで洗車をする気も起こらず、帰ってきてから、洗車もしていませんでした。
というよりも、どうせ洗車をするならば、徹底的に行わないと気がすまないという、気持ちが大きいので、中途半端にしか時間が取れなかった僕は、洗車をしていなかったという言い訳があるワケです。

930を洗車していて、986ボクスターも可愛そうになってしまい、外回りだけでも洗車してあげよーと思いました。
f0056835_23435691.jpg

外回りだけ簡単に洗車しようと思ってはみたもの、いざ始めだすと、タイヤハウスの中の汚れなんかは、絶対に許せなくなってしまう、どうしょうもない奴が僕です。

昔だったら、タイヤを外して、タイヤハウス内にワックスを掛けていた・・・とうような、一種の変態が僕だったのですが、今回は手が届く範囲だけで我慢しました。

僕は、こーして洗車を始めてしまうと、エンドレスに、延々と作業を続けてしまうタイプなので、自らは、なるべく洗車をしないように心がけています。

バイト先では、チョト疲れ気味のクルマが、見違えるように綺麗に見えるように、仕上げていくということが仕事でもあったワケなので、その作業に、何時間掛けようと、何日掛けようと、僕の納得するまで、時間を費やすことが出来ました。
そして、最終的に判ったことは、時間と根性さえあれば、どんなクルマでも、(ある程度は)必ず綺麗に仕上がって行くということでした。

僕の洗車方法では、いざ始めてしまうと、本当に、終わりなき戦いになってしまうので、今は、なるべく、第三者様にお願いするようにしています。

第三者様に、洗車を任せた場合、僕の思い通りの仕上がりには、絶対に成らないという、ヘンテコな自信があるので・・・・その仕上がり状態には、鼻から期待もしていないワケで・・・・少なからず綺麗に成ってさえいれば、ただそれだけで、大満足している自分がいます。
(本気で洗車を頼んだら、数十万のコストが掛かると、僕は思っています)

それにしても、この986ボクスターの18インチホイールは、なんて洗車し易いのでしょう。
(本来だと、僕的には物足りないという感じもしてしまう掃除なのですが、時間がない今の僕にとっては、もっとも適しているホイールのようです)
f0056835_23443972.jpg

こうして、要所要所だけの洗車を、986ボクスターにしました。
作業時間にして、30分足らずですから、かなりの手抜き洗車になりました。

930カレラには、学生時代のクルマ屋でのバイトを思い出しながら、楽しく洗車を行ってみました。
つまり、僕の大好きな 『ごっこ遊び』 で、『クルマ屋さん・ごっこ』 にて洗車遊びをしてみました。
先ずは、洗車してセーム皮で拭き取りました。
f0056835_23553465.jpg

本来は、こちらが先なのですが、続いて下半身の洗車です。
時間があれば、4本のタイヤを全て外して、タイヤハウスを洗って、更に耐熱塗料のスプレー缶(この930カレラでは銀&黒)や、アンダーコート塗料を駆使して、タイヤハウス内を、全て塗り替えてしまった方がベストなのですが、今回は時間的な余裕がないので、タイヤハウスは、手の届く限りの範囲で、洗剤洗しただけでした。
(近年はアンダーコートも数色選べるので、僕の白の914は、白のアンダーコートで仕上げてあります。黒のアンダーコートより多少は割高な定価設定ですが、大方の人は、僕の914のタイヤハウス内を見て、単なる白塗料だと思っているようです。僕はこんな、自分へのコダワリが大好きです)
f0056835_13172910.jpg

今回は洗剤とスポンジだけで洗いました。
f0056835_23582181.jpg

f0056835_2442569.jpg

そして4本のホイールを、今回は、手の届く範囲でコーティングしてみました。
(ホイールの完全コーティングは、ホイールを外して行えば、誰にでも簡単に出来るので、興味がある方はお試しくださいませ)
f0056835_035098.jpg

そして、お約束のエンジンルームも磨き上げてみました。
『お客さん、前のオーナーさん、手入れいいでしょう!』
こんな声が聞こえてきそうです・・・。
(前のオーナーとは、クルマ屋さんである場合が殆どです)
f0056835_0638.jpg

そして、これまた、お約束のスペアータイヤの確認。
『ストラットタワーバーも無償でお付けしますよ!』
またまた、こんな声が聞こえてきそうですが・・・。
タワーバーを装着している場合は・・・・左右のどちらかをクラッシュしたりすると、反対側の足回りにも衝撃が伝わって、思わぬ出費を余儀なくされたり、最悪の結果としては、フレームまで歪んでしまう可能性も無きにしは有らずなので、車両保険の加入は、絶対条件ではないかと、僕的には思っています。
f0056835_014424.jpg

そして付属品のボディーカバーも載せてみました。
f0056835_015237.jpg

そして、リアシートにも、チョットだけ手を加えてみました。
フロントシートと見比べれば、その差は歴然としています。
f0056835_018587.jpg

フロントシートは少々お疲れ気味のようです。
f0056835_021628.jpg

こういう場合は、何度も何度も、時間を掛けた魔法を使います。
f0056835_0231413.jpg
f0056835_0233041.jpg

取りあえず、シート側面と背面は後回しで、仕上げていきました。
f0056835_0262264.jpg

左右のドアーパネルも磨き上げていきます。
f0056835_0291155.jpg

ダッシュボードは、スイッチ類も多いので、とても時間を要します。
f0056835_0303444.jpg

エアコン洗浄は、僕の企業秘密です(笑)。
f0056835_0325999.jpg

ボディーにワックスをかける・時間まではないので、今回はこれで作業終了です。
(ショールームに飾って、ボディーの輝きだけを見せるならば、あの窓ガラスの掃除に使う 『グラスター』 は、とても魅力的なアイテムです)

今回は・・・。
僕的には、満足度が、2パーセントにも満たない、とても中途半端な洗車になってしまいましたが・・・。
これでも、930カレラの洗車には、4時間半以上は費やしているワケで、本気で立ち向かおうとすると、僕の洗車は、終わりのない旅と同じです。
因みに、僕の914(中古車で購入)では18ヶ月という月日を費やしています。

取りあえず、今回は電灯の下だけでの作業でしたので、表に出して、太陽光で確認してみました。
そして、我ながら綺麗!と、少なからず感激してしまいました。
f0056835_0402088.jpg

930カレラちゃんは、今年で19歳なのですが(88年式)、女の子と同じように、年齢相応に、とても美しくなりました。
f0056835_043085.jpg

こんなことならば、もっと昔に手を加えてあげれば良かったと・・・。
後悔、先に立たずとは、まるで今の僕の心境です。
f0056835_0495575.jpg

f0056835_112619.jpg

そして、またお決まりの場所へと移動しました。
f0056835_12935.jpg

そーこしていると、午前中は、あーっという間に過ぎ去り、あの・いつもの・お二人さんが、やって参りました。
f0056835_17485.jpg

そーして、素敵な皆さんも合流して、あーでもない、こーでもないと、楽しい会話が延々と続いたのも、いつもの如くでした。
(落ち着きのない・あの少年Aと、飽きっぽい僕の姿は見当たりませんが)
f0056835_1104229.jpg

そーして、誰かさん&誰かさんは、あーでもない、こーでもないと、更に延々と繰り返し、結局というよりも、予想通りに、僕の所に泊まっていったのでした。
そして、お二人さんは、昨日(29日)帰って行ったのでした。

僕は、こーして930カレラを相手に、『クルマ屋さん・ごっこ』 をして遊びました。
大好きな 『クルマ屋さん・ごっこ』 遊びをしたのに関わらず、今回の僕は、特技でもある・あの黒のマジック(マーカー)も、マニュキアも使いませんでした。

時間が経てば、消えてしまうマジックを、今回の僕は使いませんでした。

この930カレラは、去年の3月に、お世話になっているPCのメカから譲り受けたクルマです。
そして、僕にとっては、3台目の930カレラで、18台目のポルシェになりました。

88年式で、僕の長男と同じ年式のクルマでした。
僕の手元に来てから、我が家で刻んだ走行距離は、800キロ強でした。
エアコンを修理して、各所の消耗品を交換してと、整備に費やした金額は60万強でした。

僕にとって、930カレラというクルマは、往年の空冷ポルシェ911を感じさせてくれる、素晴らしいクルマです。
そして、手作り感が漂う最後のポルシェだとも思っています。

そんな930カレラでしたが、僕は手放すことにしました。

それは、まだ投稿中で、(いつまの如くですが)話が完結していない、横浜中華街からの帰り道に決めました。
つまり、親友K君を助手席に乗せた、512TRのステアリングを握っていた時に決めました。
この時の、僕の心境の変化は、次回に書いてみようと思っています。

ただ、直ぐというワケでもなく、単に漠然とした気持ちで、930カレラを手放そうと、僕は、あの時に決めました。

そんな時に、『彼女のカレラ』 の麻宮騎馬亜先生と、某場所で、お会いしました。
僕はボクスターで、先生はミニでした。

先生のミニを見たときに、僕は何も考えないで・・・・今でも不思議な感覚なのですが・・・本当に考えることもなく、言葉が先にクチから飛びました。

その言葉とは・・・。
『930カレラは、140で買って修理に60強掛けました。足がヘタっていて、まだまだお金が掛かります。その930カレラと、ミニを交換しません?』

先生は、一秒の間合いもあくことなく・・・。
『いいですよ!』

僕と先生の会話は、時間にして30秒、いや、20秒も掛かっていないと思います。
この会話は、何人かのブログ仲間や、ポルシェ仲間の目の前で行われたので、唖然としたのは、その時にいた周りの皆さんだったと思います。

28日には、先生の02年式ミニと、僕の88年式930カレラが並びました。
f0056835_1521696.jpg

こーして、物々交換された、この2台のクルマが、ご対面するのは初めてのことでした。
それよりも、麻宮騎亜先生は、この930カレラを見たのが、この時が初めてでした。

964RSと暮らす先生にとって、964の一代前にあたる930カレラは、とても魅力的なポルシェに思えていらっしゃるのだと、僕は思っています。
でも、僕は、そんな人の心を盗み見るような、シタタカな計算をしたのではなく、右ハンドルのATである、先生のミニが欲しくなったのでした。
そんな僕の、本音の部分が無意識に勝手に働いてしまい、交換しませんか?という言葉になってしまったようでした。

我が家には、クルマが複数台あります。
そして、免許保持者は、間もなく5名になります。
それにも関わらず、右ハンドルATというクルマがありませんでした。
そんな時に、先生のミニを見て、思わず発してしまった言葉が、交換しませんか?でした。

こーして、930カレラと物々交換した、この黄色いミニに、僕が暫く乗っていようと思っています。
僕のミニの知識は、アレック・イシゴニスが生みの親の、オースチンやモーリスといった、あの初代ミニのものばかりです。
この頭の固さを、少々ほぐす為にも、僕は暫くは、このミニと毎日を過ごしてみようと思っています。
f0056835_273885.jpg

取りあえず親しみが湧いたのは、飛び石キズと、この車高ですから、僕のクルマへの思いは、やっぱり偏っていそうです。
f0056835_2132688.jpg

僕は、こういう高さが大好きなんです。
f0056835_216427.jpg

そんな先生から電話がありました。
ミニの車内に、置き忘れたものがあったというのが、メインな要件だったのですが、『本当にリアが抜けていますね!』 とも仰っていました。

先生のことだから、早速ショック交換するのでしょう。
でも、先生、ショック以外でしたら、僕が永遠に責任取りますからね・・・・そんなこともないか(笑)

by seiuchi-porsche9 | 2007-04-30 06:30 | ポルシェ930
2006年 04月 07日

ポルシェ930カレラ!(購入記)

f0056835_16591830.jpg

お客様引換札 911。

まったくの偶然なのですが、背筋がゾックとするほど驚いてしまいました。

このお客様引換札は、10日程前に、某区役所所に印鑑証明を申請しに行った時に係りの人から渡されたものでした。
申請した印鑑証明の用途が、ポルシェ930つまり、ポルシェ911カレラの名義変更に使用するためだったのでゾックとしたのでした。

印鑑証明の手持ちがなかったので、申請しに行ったら、お客様引換札が911番だったということなんですが・・・・。
f0056835_1712027.jpg

結論から書きますと、去年の年末に、ヒョンなことから930カレラを購入しました。
3月末日までに名義変更をしないと、自動車税が前オーナーの元に送付されてしまうので、3月31日に名義変更をしたという次第です。
930の後ろの部分がない画像が好きなので、この画像を最初に載せました。
理由は・・・・・。
f0056835_1784638.jpg

930カレラも、もはや旧車の部類に入るかも知れません。
僕は旧車はオリジナルが好きです。
ターボウィングがチョット気になっています。
f0056835_17215871.jpg

近づくと、こんな感じです。
f0056835_17224291.jpg

ここまで、近づくと930ターボに似ているような気もしますが、あくまでも930カレラなので、ノーマルフードが好みになります。
近いうちノーマルに戻そうと思っています。
f0056835_17254239.jpg

前回、2個1や3個1、あるいは4個4や5個5のことに触れさせて頂きました。
そして、僕は店頭で中古車を購入したことが殆どないとも書かさせて頂きました。

『セイウチさんは、どんなふうに中古車を買っているのですか?』と何人かの方のコメントを頂きました。

そんなふうに改めて質問されると、どんなふうに答えたものかと、戸惑ってしまいます。
この930カレラは、どうして購入したのかに触れてみたいと思います。
f0056835_17283852.jpg

クルマ屋でバイトをしていたことは、前回、書きました。
クルマ屋という言葉は、僕的には、中古車屋やブローカーに対して使用しています。
正規代理店はディラーと呼び、正規販売店が販売したものがディラー車、短縮してD物と呼んでいます。

ポルシェやフェラリー、ベンツ等を専門に販売していて、店構えが大きいものをディラーと呼んでいる方もいらしゃいますが、それは間違いで、ディラーとはインポーターである現地法人(PJやMBJ、BMWJ等)や商社と正式に代理店契約を結んでいる正規販売店のみを指します。

代理店契約とは、ある種の法律と同じなので、シテはいけないことや、シナクテはならないことなど、詳細に取り決めがあるのは、ご存知の通りです。

日本全国のPCの、床のタイルの大きさも色も同じで、ショーケースも同じで、椅子等の備品も同じなのは御存知の通りです。
規模さえ違うけれど、基本的な造りは同じになっているハズです。
これをクリアーしないとPCの称号は与えられません。
f0056835_1730177.jpg

そのPCの知り合いのメカから、去年の12月に『セイウチさん、ご相談があるのですが?』
聞いてみれば、彼が乗っている930を手放そうと思っているのだけれど、出来れば、いつでも買い戻せる知り合いに売りたい・・・・概ね、こんな内容の相談でした。

彼の930は見たことはあっても、運転したことはありませんでした。
彼が僕に、お声掛けしたということは、僕の知り合いか、僕に乗って欲しいということだと、素直に受け取りました。

88年930カレラ、走行107000キロ、D物、サンルーフ無し、4オーナー、シルバー、修復歴なし、記録簿完備。
彼が4代目のオーナーで、彼の手元にきて11年目の930で、3代目のオーナーもポルシェ・ディラーのメカが乗っていたので、とんでもないババァー(トランプの婆抜きの婆のことです)を引いてしまう可能性は皆無そうです。中古車選びでは、ここが肝心です。

彼の希望売却価格は、120万円です。
業者に見せたところ120万円の値が付いたので、同じ価格で、いつでも見れて、触れる環境の人に売却したいとのことでした。

さてさて、どうしたものだろうか?と僕は考えました。
いつでも見れて、触れる環境にするという願望を満たすには、僕の友人知人、親戚、もしくは僕が乗らなければいけないということになります。
f0056835_17322270.jpg

とり合えず、その930を一日借りてみることにしました。
さすがメカで、事前に聞いた不具合はドンピシャでした。
エアコン効かない、2000回転以下でモタツキ不整脈が発生していました。

以前に930カレラは、3台乗り継いだことなんて、すっかり忘れてしまっていて、久々の930カレラは楽しくて、空冷に未練たっぷりの自分が見え隠れしてきました。

僕が他に気になったのは、リアサスのヘタリ、ヒーターブロウの異音、フロントトランクジッドのショック抜け、バッテリーの寿命、左のドアー内からの異音、リアガラスを留めているゴム切れ、ダシュボードからの異音(メーター右側)・・・・・こんな感じでした。

試乗ついでに、知り合いのクルマ屋さんを3軒ほど廻りました。
3軒ほど廻ったのは、年末の挨拶に伺う用事もありましたが、元来クルマ屋気質なので、120万円の値が妥当かどうか?にも興味がありました。

結論から書きますね。
A店、930の買取相場は、0~300だから、範囲内ということで、想定の範囲内。
この930の価格は教えてくれなかったので、120以下なのは間違いがありません。

B店、他で120付くなら、120で置いていく?
こういう返事の場合は、930を探している顧客を知っていて、150~200ならば直ぐに売れる見込みがある場合です(社長さん、読んでいたらゴメンなさい)
チョット粘れば130位で買い取ってくれるハズです。
僕が学生時代に小遣いを稼いでいた方法なのですが、やろうと思えば、こんな簡単に10万程稼げます。

C店、今までに沢山のクルマでお世話になっています。
僕が、お世話になっているということは、裏を返せばC店も、僕との付き合いで、かなり儲けたということにもなります。
『どうしょうもなくなったら、持ってくれば!』色々な意味に取れるのですが、僕が、どうしょうもなくなったクルマを持ってこないことを見抜いているので、不具合を直して、僕が取りあえず乗って、飽きたときには持ってくれば・・・・ということです。
f0056835_1735714.jpg

一日、930を借りて、僕なりに整理が出来ました。
この個体を、僕の友人知人に紹介するのは止めよう!・・・・この結論だけは、借りた30分後には出ていました。
不具合箇所を詳細説明しても、色々と不具合を抱えているものを、友人知人に紹介するのはイヤだなぁと思ったからです。
中古車は、乗れば乗るだけ不具合が出てくるワケで、今、抱えている不具合が直ることは絶対になくて、更なる不具合を発生する可能性は、神のみぞ知る!だからです。

僕が感じた不具合箇所を、彼に指摘する前に、ノーマルのステアリング(モモに換装されていました)を所有しているのかを確認しました。
これは持っていたのでクリアーしました。

僕が、どんな不具合を感じようと、感じまいと、この930の価格は120万です。
実は、これ大切なことなんです。
ですから、僕が感じた不具合は、やっぱり彼には伝えませんでした。

その代わりに、仮に、僕が購入した場合には、エアコンを修理するし、2000回転以下でモタツキ不整脈も直したいので『いくら位を突っ込めばいい?』とだけ聞きました。
彼の答えは『パーツ代だけ、お願いします』・・・・でした。
つまり彼が、自分の休日に作業をするので、パーツ代だけ負担してください・・・ということでした。

話をしていくと次のようなことがわかりました。
彼も不具合箇所を直したかったようで、出来れば彼自身の手で直したいとのことでした。
この930にかかる修理は、全てパーツ代だけで、いいとも言ってくれたので、僕が感じた不具合も、いつの日にかは直せるかなぁとも思いました。

そんなワケで、僕は、この930を買ってしまいましたが、僕が決めた購入価格は140万円でした。
20万円アップした理由は、僕に声を掛けてくれた御礼と、彼の930を思う熱意からです。
モチロン、140万だったら、誰か買ってくれるだろうという・・・・下心もありますが。

印鑑証明200円、車庫証明2600円、名義変更諸費用4100円、合計6900円で簡単に自分で出来ます。
簡単に出来てしまうことがイケナイことに気付いたのは、学生時代でしたが、僕が様々なクルマに出会えたことの原点も、この簡単に出来てしまうことから始まっています。

88年、930カレラ。
88年製のマイ2世に、この930カレラからポルシェの楽しみを教えて行こうと思っていますが、僕の思惑通りになることやら・・・・・。

(現在、不良箇所の修理中で入院中です)

by seiuchi-porsche9 | 2006-04-07 17:45 | ポルシェ930