戦闘的に走れ!

seiuchi9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 08日

1969年!

月末で、混雑している銀行の窓口で順番待ちをしている僕の携帯が鳴った。
こんな所で電話に出てしまうのは・・・・という思いが一瞬僕の頭を過ぎったのだけれど・・・・誘惑に負けてしまった。
電話の相手はM君だった。彼との付き合いは、あるパーティーで出会ったことが始まりだった。
あるパーティーというのはポルシェ関連のもので、僕等二人は招待客だった。
当時のM君の愛車は964RSで、僕が964カレ2だったので93年のことだと記憶している。
こんな具合に、記念すべき年月を思い出すときに必ずクルマと関連させるのは、僕の悪い癖だ。
彼とは14年間も付き合っていることになるワケで、お互いが年をとったのは言うまでもない。

彼の電話での一声は『BMの6の前って何だけ?』

すかさず僕『3.0CSI』

すかさず彼『そうだよね。その3.0CSIがあるのだけれど・・・』

しばし沈黙した僕。
何故って、『あるのだけれど・・・』という言葉は、彼の場合だと二通りの解釈が出来るから・・。

買ってもいい?もしくは、買わない?の二通りなのだけれど、これは全く異なった行為なのだ。

でも彼は流石に付き合いが長い親友だった。僕の数秒間の沈黙の理由を全て読みきっていたのだ。

彼は『現物見に行かない?どっちが買ってもいいじゃない。』

僕が一番望んでいた言葉が何なのかを彼は知っていた。
また負けちゃったと心の中で思いながら

『見たい。出来れば走ってみたい』

そんな単純な約束だけで・・・・・。
f0056835_741132.jpg

現車を見てチョット違っていたのは、3.0CSIより更に古い2000Cだった。

僕ら前向きだけが取り得なので、4発の2000は維持費かからなそうで最高じゃない・・・・僕らはクルマ馬鹿です。

1969年型(最終型)
BMW2000C
水冷直列4気筒SOHC
フロント縦型搭載
シングルキャブ
100馬力
フロアー3AT
フロント/マクファーソンストラット独立
リア/トレーリングリンクアーム独立
ステアリング/ウォームナット
4530×1675×1360
ホイールベース2550
f0056835_7411937.jpg

1969年型・・・・僕は学生時代に、イヤってほど60年代のクルマに乗った。
免許取得が70年代前半なので、手っ取り早く乗れるクルマは60年代ばかりだった。
学生時代の殆どを都内某所の中古並行専門の怪しいクルマ屋のバイトで過ごしていた僕にとっては、60年代のクルマは手当たり次第に乗れる環境だった。
MGA,MGB,MGBGT,MGC,MGミゼット、トライアンフスッピトファイアー、スタッグ、TR3、TR4、TR5、TR6・・・・・この2つのメーカーを思い出しただけでもこの台数になってしまう。

そして、当時乗れなかったのがフェラーリ、マセ、ランボ、ポルシェ、ベンツ、BMW。
ずば抜けて高価だったからという単純な理由から。

夢がかなって60年代のBMWのステアリングを握る。
このステアリングの細さは懐かしさも忘れて唖然状態・・・。室内全体がイタリアンなのに更に唖然、これBMW?
これは帰宅してから調べて判ったことだけれど、BMW2000Cは、ミケロッティ、ベルトーネ、ジウジアローの影響をモロに受けていたイタリアンデザインがベースだったのです。

フロントバンバーに取り付けられたLUCASの角型のドライビングランプとフォッグランプが僕を泣かせる。
そう、この時代は左右に別々の機能を持った補助ランプを装着するのが、お約束だったのだ。

記録簿付きの23万キロ走行のエンジンが直ぐにかかって、妙にガッカリする僕。
排気ガスが臭くない、インジェクションやシングルキャブは扱いやすいと再認識する。
さあスタートだ。ステアリングが重い、348やテスタの重さとは違う更なる時代を感じさせる重さだ。
ラックアンドピ二オンに慣れてしまっては旧車好きにはなれない。
ウォームナットの重たいステアリングは切り出しても直ぐに反応しない。判り易く書くとステアリングの遊びが極端に多い感覚だ。
試乗インプレションなんって何もない。37年前のクルマを自分が運転していることだけで感無量だ。
0→100㍍も20秒切れないだろう、でも運転するのは最高に楽しい。
ただひとつ交差点を曲がる時は大変だ。パワーステに慣れてしまっているので、切り初めが遅れてしまうのだ。
更に前述したウォームナットの重たいステアリングが遅れを助長させるのだ。
裏道の細い路地は絶対に行けない。行けないのではなく、行きたくないのだ。

ほんの短時間の試乗だったけれど、現代の交通に参加するのには勇気がいるクルマだと感じてしまった。裏を返せば、僕の独自の理論、0→100㍍が10秒強以内の旧車でなければ、僕にとってはストレスを感じてしまって日常の足としては使えないが再認識できたということだ。

そんなワケで僕はクルマも購入も降りたのだけれど、果たして彼はどうすのだろうか?
僕は購入しない方に賭けている。
何故って、親友だから感覚も同じハズだから・・・・・。



追伸 彼は僕のブログの存在を知りません。

by seiuchi-porsche9 | 2006-02-08 00:26 | BMW
2006年 02月 05日

並行車とD物!(ワーゲン・ポルシェ914)

914ネタですが・・・・。
PANDAさんが、日本仕様の914・6発に装着された七宝焼きのリアエンブレムに興味を抱いてくださったので、画像アップさせて頂きます。
皆さまが、興味を抱かないであろうと思ったネタでしたので、凄く嬉しく思っております。
PANDAさん、どうもありがとうございます。
さて・・・・・・・。
f0056835_7113995.jpg

左側のカナリー・イエローの914は、71年6発D物です。
右側のアイリシュ・ホワイトの914は、76年4発D物です。
本来の914の6発は、4発と同じようにリアエンブレムはVWのマークが装着されています。
-6という部分だけが足されている以外は、4発と同じになるワケです。

日本仕様のみ、当時の三和自動車㈱が独自で製作したVWの丸マークと同じサイズの七宝焼きのポルシェマークが装着されました。
つまり、914-6・VW・PORSCHEとなっていたものを、914-6・七宝焼き・PORSCHEとなっていて、ポルシェとポルシェと連呼しています。

4発に関しては、本国仕様も日本仕様も同じで、画像の通りです。
アメリカ仕様では、更にバンバーの形状が違っていたり、文字がゴールドやシルバーのものがあったり、更に最終型にはシートベルト警告灯が追加されていたりしていますが、ここでの説明は省略させて頂きます。
(本来は914・VW・PORSCHEや914-6・VW・PORSCHEはシルバーでアメリカ仕様がゴールドなのですが、日本仕様はゴールドになっていたりしています)

フロントのポルシェクレストのエンブレムも70年代前半で変更されておりますが、画像では判りにくいですかね?赤色に見える部分は橙色に近く七宝焼きゆえに全体的に塗りこまれています。
f0056835_712351.jpg

959と並べられた914は並行物の6発ですので、フロントボンネットにポルシェクレストのエンブレムがありません。

また、914の4発は画像の右下のようにイグニションスイッチは右側です。6発はポルシェ本来の位置の左側です。左側にある理由は、皆さまが御存知のように・・・・・・・・・・・・・・・ルマンでスタートの時に、駆け足+(イグニションオン+ギア操作)=無駄がない(笑)・・・・・・からなのですが、実際に914はルマンに出場していました。

このステアリングも本来の4発はシュツットガルトの紋章になるのですが、日本仕様はポルシェクレストのマークに変更されています。

当時のポルシェの輸入元は三和自動車㈱で、VWの輸入元はヤナセ自動車(YANASE梁瀬)でした。仮にワーゲンポルシェ914の輸入元が、ヤナセになっていたとしたら、D物の日本仕様の914は本国仕様に限りなく近いものだったような気がしています。
ポルシェには911しかなかった当時は、914を取り扱うのは必然的に三和自動車㈱になったのだと思います。当時の僕は、4発のオイルフィルターをヤナセまで買いに行っていたのですが、とても不思議な気持ちでした。

並行物には、パーツを絶対に販売してくれなかった当時のディラーから、なんとかパーツを購入する方法・・・・・当時の僕は、こんなことばかりを考えていました。

by seiuchi-porsche9 | 2006-02-05 16:46 | ポルシェ914
2006年 02月 03日

困った時の画像アップ!


f0056835_7341767.jpg
ポルシェ・デザイン・オープニング・パーティー
       11.11.2004   IN 表参道
f0056835_7343171.jpg

   撮影セイウチ

by seiuchi-porsche9 | 2006-02-03 16:57 | ポルシェ全般
2006年 02月 02日

持つべき友は漫画家!そしてポルシェ乗り!


f0056835_13264387.jpg

JUNさん のオフ会に参加させて頂くことになって、突発的にブログを開設してしまいましたが、沢山のコメントを頂き心から感謝しております。ポルシェを筆頭にクルマのつながりって本当に素敵だなぁと実感させて頂きました。改めて皆さま、どうもありがとうございました。

しんちゃん から『そろそろ次の話題へ』というコメントを頂いてしまいました(笑)
月末絡みの仕事に終われている僕は、ここで素早く思い立ったのでありました。
それは『代打』です。ピンチヒッターともいいます。ピンチになったら・・・・今まさに大ピンチなのです。こうなると持つべきものは友達と Dr.ヴェンデリン・ヴィーデキングも言っているような気がしてくるから不思議です。

こんな人生最大のピンチに強いのは、規則正しい生活を送っている人よりは限りなく不規則な生活が身についていて(笑)自由時間が多い人だと、ベルンハルト・マイアーさんも言っているような気がしてくるから不思議です。

そうだ!そうだ!そうだ!そうなんです!僕には限りなく不規則な生活で自由時間が多い親友がいたではないか!!
誰もが認める最高のポルシェ乗りだし、頼まれればイヤと言えないあの押しの弱さ(笑)が魅力的な彼がいたではないか・・・・。

その彼の名前は『 麻宮騎亜 』さん。
父の形見であるルビーストーンレッドの964RSと悪戦苦闘しながらも、奥深きポルシェワールドに陥っていく麗菜ちゃんとマリタイムブルーの968CSを操る麗菜ちゃんの従姉妹・愛華ちゃんが繰り広げるポルシェフリーク絶賛の劇画『 彼女のカレラ』で、お馴染みかどうかは(笑)判らないけれど、漫画家である 麻宮騎亜さんです。

快くかは判らないけれど(笑)、僕は大先生に全てを託してしまったのでありました。
その結果は下記(太字)になっております。全て原文のままを掲載してしまいますが、大先生ともあろうお方がセイウチ老人をかなり恐れているようで(笑)、セイウチ老人を誉めまくっています。話半分以下にして読みくだいてくださると幸いです。


大変お待たせしました。ノンクレジット版です。しかもこの画像は自分のところでも使ってません。ごく一部の方のみ知る絵なので。(^^;)
f0056835_13262138.jpg



コメントですが、こんな感じでいかが?(いかがって・・・)(^^;)

「流浪の漫画家、麻宮騎亜です。現在は週刊プレイボーイに「彼女のカレラ」というポルシェ中心のカーライフマンガを、一週間おきに連載しております。それ以外にも色々やってますがここでは割愛させて頂きます。

セイウチさんはいつも凄い。何が凄いって、行動も凄けりゃ言うことも凄いし、考え方も凄い。いつも凄いな!ということが頭の中に浮かぶ。持ってる車も凄いし、何しろ人間関係の広さも凄い。人生経験の豊富さだけではココまで凄くなれないのじゃないか。しかも色々なホームページやブログに書き込みをし、しかも丁寧なレスをつけていらっしゃる。これは本当に凄い!凄すぎる。

何しろ僕をまず最初に友人のカテゴリーに持ってくるこの広い心の広さは、北海道の富良野の草原より広くて凄い。

セイウチさんはいつもカッコイイ。何がカッコイイって、その生き様がカッコイイ。(話に聞くところによると)身のこなしがカッコイイ。僕もこんなかっこいい大人になりたいナーと思いつつ、まったくかっこいいという言葉とは無縁な人生だったので、せめて乗る車だけはかっこよくしようと思っている僕が、逆立ちしたって届かないほどにカッコイイ。コレは作ったかっこよさではなく、その人の人間性という体から立ち上るオーラのようなものなのだから仕方がない。

セイウチさんは太っ腹だ。何が太っ腹だって、いつもご馳走してくれる。この点は本当に申し訳ない。いつもご馳走になってしまっている僕も僕だ。でもアイスクリームを事あるごと(SAによったり、休憩のたびに)に食べる人を間近で見るにつけ、「ツーリングに出たらアイスクリームは、一日一つ」と決めている僕より豪快だし、僕の分まで一緒に払ってしまうところが太っ腹だ。「だんだん絵が大きくなるよ」と白い歯を浮かべて僕に笑いかけるが何の事だかさっぱり分からない、くらい太っ腹だ。一緒に温泉にに入ったときもふ・・・。

セイウチさんはいつも突然だ。いつも突然メールをくれたり、電話をかけてきて、あれやろう、これしよう、一緒に行こうと誘ってくる。生まれてずっと出不精でデブになってしまった僕が、それでも最近は外に出るようになっているのはセイウチさんのせいだ。ポルシェのせいだ。でもポルシェに乗っていなかったら、セイウチさんと出会うことも無かったかもしれないと思うとポルシェに感謝してしまったり。今回のこういった企画も突然だった。「画像となんか一筆書いてよ」

この突然さと言ったら、「税務署が入ることになったから」と税理士から告げられる宣告よりも突然なんだ。間違いない。

でも僕はそんな凄くて、かっこよくて、太っ腹で、ポルシェを操るセイウチさんの突然のメールや電話をいつも心待ちにしているのです。本気で。そんなことないよ。って言うところがまたかっこいいんですよ。(^^)セイウチさん!」

かなり長くなってしまいました。すいません。これじゃカットできないよ!ッて場合はご連絡ください。また別のことを書きますから。(^^)
・・・あれ?趣旨と違ってませんよね!?ちがってませんよねぇ・・・。
もし違っている場合は遠慮なくしかってください。(^^;)

麻宮騎亜


以上なんですが、ハッキリ言って趣旨と大きく違っています(笑)
僕はポルシェについてのお考えを、親友である麻宮騎亜さんのコメントに望んでいました。

でもです、こんなふうに
・・・あれ?趣旨と違ってませんよね!?ちがってませんよねぇ・・・。
もし違っている場合は遠慮なくしかってください。(^^;)

と、書いてくる大切なお友達に『やり直し』なんって言えないし、ダメだしも出来ないですよね。
右の頬を叩いて、左の頬を出されたら、左の頬は叩けないのは道理です。
最初、セイウチは誉められ過ぎでホントに凄く恥ずいので、これを没にしようと思いましたが(笑)、結局このまま採用させて頂きました。二人だけの時にこんなふうに言われると凄く嬉しいけれど、公の前だと隠れたくなります。二人だけだと言わないワケですから過剰表現ということを理解してくださいませ。でも彼に素直に感謝しています、ありがとうございました。

先生、今後の活躍を更に期待しています。
(普段、言ったことがないけれど・・・・・)
本当にどうもありがとうございました。
単行本も買ってください>誰ともなく

追伸 麻宮騎亜さんにご質問がある方はコメントにどうぞ・・・・・。
964RS(ルビーストーンレッド)&986S(スピードイエロー)所有。


今回も意味不明なブログ内容にて失礼しました。

by seiuchi-porsche9 | 2006-02-02 03:32 | ポルシェ964