戦闘的に走れ!

seiuchi9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 30日

ツーリング! 997カレラS納車! 東京モーターショー!

日記です・・・。

10月27日(土曜日)。
伊豆方面に、ツーリングに行って参りました。

この日は想像通り、期待通りの雨でした!
右に曲がれば、さあ~ターンバイクです!
f0056835_2254384.jpg

雨だというのに、ご苦労さまですね!
f0056835_22542873.jpg

霧は期待していたワケじゃないんですがね・・。
f0056835_22544914.jpg

集まったのは・・・。
mokuさん、K君、wataruさん、tkdさん、コージ君、セイウチ(年功序列・笑)・・・の6台でした。
f0056835_22551321.jpg

ここで、チョットばかり・・・話は、前日の夜の9時まで戻ります。

僕は、K君に電話を入れました。

「明日は台風直撃するみたいだけれど、どうしようか?」
・・と僕。
『せっかくだし、かえって安全だと思うから行きましょうよ!』
・・とK君。
「安全? あっ、スピード出ないから、大破しないってことね・・・」
・・と僕。

そんな会話をして、ツーリングは実行することにしたのですが・・・。

ここで、あることに、ふっと気付きました。
明日は関東を、台風が直撃します。
そういうふーに、テレビでも案内されています。

そして、明日はツーリングです。
集合場所は、東名高速下り・海老名SAです。
そして集合時間はAM7時と、これも報告済みです。

mokuさん、wataruさん、tkdさん、コージ君。
・・・そしてK君と僕の6台で行きます。

mokuさん、wataruさん、tkdさん、コージ君・・・この4人からは・・・。
『明日は中止ですか?』
・・・こんな電話さえ、掛かってこなかったということです。
皆さん、ホント走るの大好きなんですね!
・・・というより、全員が、おバカさんでもありますね(笑)

今回のツーリングの目玉は、K君とmokuさんのバトル見学会だったのですが・・・。
(台風だったので、K君はケイマンで参加)
f0056835_22554537.jpg

雨、霧、風・・3拍子そろった台風だったので、残念ながら、実現しませんでした。

K君と一緒に走って、全損や大破や中波しちゃったクルマは、4台ほど目撃している僕なのですが・・・。
サーキットの狼・mokuさんならば、互角以上に闘って、K君の鼻の先をへし折るのではないかと、密かに期待していた僕だったのでした・・・。

まあ、二人とも熱くなるタイプではあると思うので、何事も起きなくてすむように、神さまが恵んでくださった、雨と霧と風だったのではないかと、僕は思っています。

なんといっても、最悪な時には、こんな状況でしたから。
f0056835_22561247.jpg

でも、僕等は、こんな日を、気がつけば、400キロ以上走っているのですよね!
やっぱり、おバカさんだと思っています(笑)。
f0056835_22563548.jpg

そんなツーリングだったのですが、気付いたことを、ふたつばかり書いてみます。

それは、僕のボクスター986Sは、こんな雨の中の西伊豆スカイラインを、そこそこのペースで走っていると・・・。
警告灯が、頻繁に点灯するということでした。
つまりグリップを失っているよ!と警告してくれるワケですが、ボクスター987Sに乗っていた頃には、こんなに頻繁には点灯しませんでした。

確認の意味で、mokuさんに、お聞きしましたが、mokuさんも、987では殆ど点灯しないけれど、986だと頻繁に点灯するというふーに、仰っていました。

コーナーに突入していて、水溜りがあったりすると、点灯するのですが、点灯したと思ったら、僕の986Sは、直ぐに横に30センチぐらい流されます。
これは、怖いというよりも、まだ楽しさが残っている領域なので、もう少し効かなくてもいいような気が・・・個人的にはしています。

僕は、90年代後半に、初代メルセデスベンツSLK・AMGに乗っていたことがあるのですが、このクルマは、首都高速を走ると、天気が良くても、全てのコーナーと言っていいほど、頻繁にトラクッションの警告灯が点灯していました。

たしか・・!・・・このマークが大きく点灯していたので、とても目障りなものでした。

僕の986Sは、初代メルセデスベンツSLK・AMGまでとは、言わないまでも、トラクッションコントロールがよく介入してくるクルマなのだと、改めて気付きました。

986ボクスターは、97年の登場で、911の996シリーズが、98年の登場ということから、想像してみれば、996も、こんな場面で、同じように乗ってみれば、986ボクスターと、程度の差こそあれ、同じように点灯するのではないかと、この時に、僕は思いました。

つまり、トラクッションコントロールが付いていない、僕の初期型996GT3は、やっぱり、雨の日に乗ってみれば、とても怖く感じても・・・当たり前のことなのではないか!・・・と思ったのでした。

wataruさんは、996アニバサリーに乗っています。
wataruさんも、996アニバサリーの警告灯が点灯したと、仰っているので・・・。

986と996・・・・それに対する・・・・987と997・・・この2種類の味付けは大きく違うのだなーと・・・改めて、僕は思いました。

それと・・・。
バッグフォッグについてです。
この日の、moku号の写真です。
f0056835_2257575.jpg

バッグフォッグは、霧の深い時に、昼夜を問わず、後続車に、自分のクルマの存在を早めに認知して貰うことを、第一目的としている装備です。

この日のように、霧が出ていても、6台で一緒に走っているので、誰のクルマが前方を走っているのかは、判っています。

結論から書くと、自分の前を走っているクルマが、バッグフォッグを点灯させていると、とても運転し難いということです。

nokuさんは、バッグフォッグを右側だけ点灯して走っているのですが、右側のテールライトだけ明るいので、自然に、僕の視界は、その明るい右側のテールライトだけを見つめて走っていたりします。

ストレートの時には、その傾向が、特に強くなってしまうのですが・・・。
そうしていると、mokuさんが、ブレーキを踏んだ時に、僕が、反射的に気付くのが、時として遅れてしまいます。

この日のように、6台で走っている時には、その6台の最後尾に居るような場合だけ、バッグフォッグを点灯させ、後続車が近づいて来たら、ブレーキランプに気付き難くなるので、バッグフォッグは点灯させない・・・この使い方が一番安全なのではないかと思いました。

まあ、僕等6台の場合は、後続車が追いついてくる可能性は、殆どないので、最後尾のクルマだけ、バッグフォッグを点灯し続けて、中間を走っているクルマが、後続車とチョット車間距離が開いてしまった時には、後続車を離してしまったクルマが、適宜にバッグフォッグを点灯させて、自分のクルマの存在位置を後続車に伝える・・・こんな使用方法が、一番便利なのではないかと思いました。
f0056835_225733100.jpg

この日は台風。
辿り着いてみれば臨時休業でした(笑)。
(東京オフの時に多くの方が辿り着けなかった・・牧場の家にて)
f0056835_2258035.jpg

以下、mokuさん談です。
『比較的ゆっくり走っていたのですが、スピードが遅くても霧は濃いし、水溜りもあるし、風でハンドル取られるし、緊張感をともなう運転でした。
よっていつもより安全なのか、危険なのかよくわかりませんでした(笑)。
某ブログでは私と誰かが対決をするような記載がありますが、霧で対決どころではありません(笑)。』

なにはともあれ、ご参加の皆さま。
楽しい一日をありがとうございました!
また遊んでくださいね!

10月28日(日曜日)。

today216さんに、997カレラSが納車されました。
f0056835_2258409.jpg

mokuさんと僕は、購入先のPCまで、お祝いに押しかけてみました。
f0056835_2259494.jpg

today216さん、納車おめでとうございました!
いつまでも原形を残してくださいませ・・・!

さて・・日にちは遡って・・。
10月26日(金曜日)

またまた東京モーターショーです。
ということは・・。
さあ始めますね(笑)

No41
f0056835_22593550.jpg

No42
No43
f0056835_230194.jpg
f0056835_2302271.jpg

No44
f0056835_2305443.jpg

No45
f0056835_2312552.jpg

No46
f0056835_2315023.jpg

No47
f0056835_2322828.jpg

No48
f0056835_232567.jpg

No49
f0056835_2332285.jpg

No50
f0056835_233472.jpg

50人まで来たので、何故かGT-R。
f0056835_2341220.jpg

No51
f0056835_2344071.jpg

No52
f0056835_235573.jpg

No53
f0056835_2353214.jpg

No54
f0056835_2355568.jpg

No55
f0056835_2361948.jpg

No56
f0056835_2364636.jpg

No57
f0056835_237723.jpg

No58
f0056835_2374397.jpg

No59
f0056835_2382522.jpg

No60
f0056835_2385790.jpg

60人まで来たので、おまけ!
f0056835_2393286.jpg

No61
f0056835_2310681.jpg

No62
NO63
f0056835_23104340.jpg

No64
f0056835_23112218.jpg

No65
f0056835_23115515.jpg

No66
f0056835_2312254.jpg

No67
f0056835_23125821.jpg

No68
f0056835_23133225.jpg

No69
f0056835_23141217.jpg

No70
f0056835_23144964.jpg

70人まで来たら、疲れてきました(笑)
No71
f0056835_23161214.jpg

No72
f0056835_23165018.jpg

No73
f0056835_23173626.jpg

No74
f0056835_23181086.jpg

No75
f0056835_23184945.jpg

No76
No77
f0056835_23192459.jpg

No78
No79
f0056835_2320264.jpg

この二人はお気に入りだったので、沢山載せちゃいます!
f0056835_23205074.jpg

f0056835_23231119.jpg
f0056835_23235783.jpg
f0056835_23244190.jpg
f0056835_23253063.jpg

f0056835_23262237.jpg

そんなワケで・・・。
この日の僕は、東京モーターショーに行ってきました。
何をしにいったかのかは、あまり覚えていません!

★追記★
yuta_shimoeさんへ。
f0056835_15383257.jpg


by seiuchi-porsche9 | 2007-10-30 23:26 | オフ会 ツーリング
2007年 10月 27日

東京モーターショー!・・・・というよりも・・・・。

今回も、絵日記です。

10月26日。
東京モーターショーに行ってきました。
f0056835_0465218.jpg

今日は、志向をチョットばかり変えて、スピードイエローのケイマン(MT)で行きました。
(デモカーを拝借しています)
f0056835_0482393.jpg

先ずは腹ごしらえからです!
f0056835_2350168.jpg

そして、今回も挑戦してきたのでした。

それは・・・。
やっぱり女の子なのでした!

では、さっそく始めましょうか!(笑)
No1
f0056835_23505990.jpg

No2
f0056835_23512926.jpg

No3
f0056835_23515916.jpg

No4
f0056835_23523549.jpg

No5
f0056835_2353916.jpg

No6
f0056835_23533910.jpg

No7
f0056835_2354990.jpg

No8
No9
f0056835_23544394.jpg

No10
f0056835_23552274.jpg

10人まで来たので、チョット休憩です。
f0056835_2356052.jpg
f0056835_23563444.jpg

No11
No12
f0056835_23571317.jpg

No13
f0056835_23574865.jpg

No14
f0056835_23582616.jpg

No15
f0056835_2359592.jpg

No16
f0056835_2359438.jpg

No17
No18
f0056835_002577.jpg

No19
f0056835_01647.jpg

No20
f0056835_015153.jpg

20人まで来たので、ここでチョット休憩です。
f0056835_023261.jpg
f0056835_0331.jpg
f0056835_033157.jpg
f0056835_035845.jpg

No21
f0056835_04512.jpg

No22
f0056835_053319.jpg

No23
f0056835_061485.jpg

No24
No25
f0056835_065486.jpg

No26
f0056835_07313.jpg

No27
f0056835_081637.jpg

No28
f0056835_09058.jpg

No29
f0056835_094030.jpg

No30
f0056835_0102393.jpg

30人まで来たので、また休憩です。
f0056835_0111956.jpg
f0056835_0115423.jpg

f0056835_0134987.jpg

No31
f0056835_0143248.jpg

No32
f0056835_0155016.jpg

No33
f0056835_0163918.jpg

No34
No35
No36
f0056835_0333741.jpg

No37
f0056835_0362820.jpg

No38
f0056835_0365823.jpg

No39
f0056835_0372657.jpg

No40
f0056835_038549.jpg

40人まで来たので、休憩です。
f0056835_0394578.jpg

そして・・・。
女の子だけ(笑)後半に続きます・・・。
f0056835_041891.jpg


★★★追記★★★
10月27日。
ツーリングに行って参りました。
今回は短く(笑)、400キロ弱ほど走って参りました。
雨と霧だけでは2拍子ですが・・・。
f0056835_524878.jpg

雨、霧、風で、3拍子になりました。
世間では、これを 『台風』 と呼ぶみたいですね・・・。
f0056835_55285.jpg

mokuさん、K君、wataruさん、tkdさん、コージ君、セイウチ。
(年功序列に並べてみました。僕を入れても平均年齢が35を切るのですね・笑)
ご参加の皆さま、お疲れさまでした。

by seiuchi-porsche9 | 2007-10-27 00:22 | ウォラス walrus
2007年 10月 24日

Hallelujah!(kizuna!)

またまた・・絵日記です。

10月20日。
『彼女のカレラ』 の麻宮騎亜先生と・・・。
f0056835_19331510.jpg

『戦闘的に走れ!』 のセイウチ君は・・・。
ボクスター986Sで・・・。
f0056835_21223994.jpg

大阪のお友達と・・・。
f0056835_19361061.jpg

1泊ツーリングに行きました。
f0056835_19364443.jpg

16台での楽しいツーリングでした。
f0056835_1937134.jpg

『いつもの「よ」さん』は、996GT3RSで来ていました。
f0056835_19374629.jpg

そんなワケで、久しぶりに、996GT3RSのステアリングを、握らさせて頂きました。
f0056835_193829100.jpg

このブルーラインの、996GT3RSのブルーに塗られた部分は、正しくリビエラブルーなので・・・。
サイドミラーを眺めれば・・・当然の如く・・・見慣れた光景になります。

言い換えれば、996GT3RSのロールゲージは、997GT3RSのロールゲージと違って、視界の妨げに成らないということにもなります。
f0056835_19385959.jpg

右側が見やすければ、当然の如く、左側も見やすいです。
f0056835_19392750.jpg

以前に、997GT3RSを試乗した時に、このオレンジのサイドミラーを眺めたり・・・。
f0056835_1940399.jpg

このオレンジに塗装されたロールゲージを、ルームミラー越しに眺めていると・・・。
まるでオレンジ色の997GT3RSを運転しているような、錯覚をすると書きました。
f0056835_19403156.jpg

このブルーラインの996GT3RSのロールゲージは、ホワイトに塗られています。
f0056835_1941463.jpg

因みに、これは消火器です。
f0056835_1941311.jpg

ルームミラー越しの眺めは、こんな感じになります。
f0056835_1942043.jpg

僕は、運転中には、サイドミラーよりも、ルームミラーを使用する時間の方が多いので、996GT3RSの場合は、ブルーラインであっても、リビエラブルーの996GT3RSを運転している錯覚は起きなく、レッドラインの996GT3RSの場合であっても、ガーズレッドの996GT3RSを運転している錯覚は起きません。
ブルーラインであっても、レッドラインであっても、キャララホワイトの996GT3RSを、運転しているという感覚に成るようです。
f0056835_19423469.jpg

久しぶりに乗った996GT3RSでしたが、とても楽しかったです!

正直な感想を、僕的に書くと、997GT3RSよりもハードで、僕の初期型996GT3よりも、マイルドということになると思います。

『いつもの「よ」さん』ありがとうございました!

そして、チョットばかり悔やまれるのは・・・。
ヒーローさんの、930ターボを運転したっかたな~あ!
・・・ということでした。

4速の930ターボの乗り味は、もう殆ど忘れかけているので、次の機会には、お願いしちゃおかな~あと、図々しくも思っています。
f0056835_1943377.jpg

今回は1泊ツーリングなので、その模様を、順繰りと、数枚載せてみます。
お泊りといえば、温泉ですね!
f0056835_19433718.jpg

僕等のリーダーですね!
f0056835_1944164.jpg

お風呂といえば、洗髪ですね・・・。
洗髪といえば、先ずはシャンプーからですね!
f0056835_19442785.jpg

大人なんで、あとは一人で洗えますね!
f0056835_20414957.jpg

シャンプーの次は・・。
リンスで決まりですね!
f0056835_19451715.jpg

リンス・イン・シャンプーの出来上がりですね!
f0056835_19454279.jpg

冷水での洗い流しで、締めくくりですね!
f0056835_1946631.jpg

そして夜は宴会ですね!
f0056835_19463332.jpg

浴衣の裾は乱れるので、これが基本的なマナーですね!
f0056835_194783.jpg

そして、皆さん酔いつぶれるまでと・・・。
f0056835_19473789.jpg

そんな僕は、やっぱり・・・。
(Hさんの大切な彼女Mさんを拝借してしまいました)
(画像掲載はご本人の了解を得ております)
f0056835_1948750.jpg

そして翌日・・。
10月21日。

うなぎパイ工場を見学したり・・。
f0056835_19485129.jpg
f0056835_19491640.jpg

こーして・・・。
f0056835_19494787.jpg
f0056835_195085.jpg
f0056835_19503172.jpg

認定中古車を眺めてみたり・・。
f0056835_1951171.jpg

お絵かきしたり・・。
f0056835_19513233.jpg

ブルーインパルスを見たり・・・。
(航空自衛隊浜松基地)
f0056835_195244.jpg

f0056835_19524657.jpg
f0056835_19531163.jpg

f0056835_1955226.jpg

こんな素敵なハートを眺めたり・・・。
f0056835_19553599.jpg

その素敵なハートに、いきなり矢が射止められちゃったりするのを、眺めたり・・・。
f0056835_195635.jpg

こんな仲良しカップルの、背後霊になったりと・・・。
(HさんとMさん)
f0056835_19563273.jpg

そんな楽しい1泊ツーリングは、あーっという間に、終わってしまいました。
(担当幹事なのに、何にも手伝わないうちに終わってしまいました。Oさん&Mさんゴメンナサイね)

ご参加の皆さま、今回も、楽しいひと時をありがとうございました!

その後の僕は・・・。
こんな場所を迷いながら・・・。
f0056835_1957249.jpg

『幸田ママチャリ耐久』 に参戦していた、Kazuさん(奥さま)・PANDAさん・モリヤさん・ゆーじさん(奥さま&RYOTA君)、そして応援組の、りょうたろさんに、お会いしに行きました。

ママチャリ耐久レースは、残念ながら、終わってしまっていましたが、皆さまに、お会い出来て嬉しゅうございました!
f0056835_1957317.jpg

今回の目的は、黒鯨君と白鯨君の御対面でもありました。
f0056835_19575986.jpg

気がつけば、いつの間にか、7台の集団になっていたのですね・・。
f0056835_19582731.jpg

そして、その後・・・。
こんな場所に立ち寄って・・。
f0056835_19585251.jpg

もりもりさんのツーリングに参加していらっしゃった、ryooさんと、Yoshiさんと合流しました。
(もりもりさん、今回は参加出来ずで申し訳ございませんでした・・・)
f0056835_19592329.jpg

つまり・・・。
9台・13人・2匹という集団になっておりました・・。
皆さま、楽しいひと時をありがとうございました。
f0056835_2003930.jpg

時は間もなく18時。
ここは岡崎IC近郊。
聞けば、東名高速上りは事故渋滞。

上りがダメならば下るだけですかね?

そんなワケで、Yoshiさんと 『最後の晩餐』 を楽しむことにしちゃいました。
f0056835_2012362.jpg

僕が、何故 『最後の晩餐』 と書いたかというと・・。
Yoshiさんは・・・『最後の晩餐』 と聞かれれば・・・ここの手羽先と・・・答えると・・・決まっているみたいですから・・・。

その証拠に、こんなふーに、お箸を立てたのは、ご本人自らですから・・・。
(この日も、7人前ほど食べていらしゃいました)
f0056835_2015433.jpg

Yoshiさん♪
なんや・かんやで、またまた、御馳走になってしまいました。
今回も、本当にありがとうございました!

(お礼は 『TDLを貸しきってくれ!』 とのことなので、もう暫くお待ちくださいませ・笑)

10月22日。
そして目覚めれば、またまた鯱の国でした。
f0056835_2022344.jpg

起きて直ぐ、会社に電話。
『今日は直行します!』

そうなんです・・。
間違いなく会社に直行するつもりなんです。
東名高速は天気もよく最高でした。

東海地方では・・・。
こんな流れがよい高速道路でも・・・。
f0056835_2025324.jpg

渋滞となるのですね・・・。
これを、東京で渋滞と言ってしまえば、叱られそうです・・。
f0056835_2032032.jpg

麻宮先生と、僕の走るペースは大幅に違うので、浜名湖サービスエリアで、先生をお待ちしました。
f0056835_2034814.jpg

こんな綺麗な景色を眺めていると、会社に直行しなくても、何とかなるような気がしてしまい、会社には夜に行っても同じような気がしてしまい、17時の約束までに戻ればいいかなーと、悪魔の囁きが聞こえて来たのでした。

そんなワケで、先生と僕は、東名高速を静岡で降りることにしました。

そして、先生と僕が辿り着いたのは、ここでした。
f0056835_2042030.jpg

そうです!
静岡駅近くにある『コーヒーショップ・Nanami』でした(笑)。
f0056835_2044620.jpg

因みに、『コーヒーショップ・Nanami』 は、しんちゃんの経営するお店なのですが、副業で(笑)洋服も売っています。

しんちゃんに、美味しいコーヒーと、これまた美味しいランチを御馳走になりました。
しんちゃん、ご馳走さまでした!

そして・・。
とある大切な人との、17時の約束を目指して、また東名を下りました。

それにしても、この季節のオープンカーは、ホント気持ち良いですね!
f0056835_2053174.jpg

そして、16時過ぎには、約束の場所の近くに着きました。
さすが!PANDAさんから戴いた、SPARCOのシューズは計算通りに走ってくださいました。
f0056835_206060.jpg

それで、17時の約束はどうなったのか?
約束の時間は、15時だったようで・・・(笑)
todayさん、ホント申し訳ございませんでした。

そんなワケで、夕方に会社に辿り着いてみれば・・。
明日一杯までお願いしますね・・・・こんな素敵なFAXが届いていました。

3日間で、900キロ弱しか走っていない僕は、元気一杯なので、その日は徹夜をしてみました。

そんな僕の絵日記なのですが、いつも大勢の人達に囲まれていて、僕は本当に幸せだなーと思っています。

お会いした全ての皆さま、今回も本当にありがとうございました!

★追記(1)★
27日の土曜日に、K君と僕は、伊豆方面にツーリングに行こうと思っています。
K君はF430で、僕は996GT3で行こうと思っています。
僕と面識のある方で、どなたかご一緒に行きませんか?
K君のF430は助手席が空いていますから(僕もですが)、
途中で助手席体験したり、僕のGT3で良かったら、お気軽に試食してくださいませ。

僕の個人的な願望は、K君とmokuさんの勝負を見学する!なんですがね・・。

★★追記(2)★★
今年も、11月4日に、車山高原のホテルで開催される 『全国ボクスター祭り2007』 に正式にエントリーさせて頂きました。

現在45台ほどのエントリーになっているようですが、ご一緒に参加できる方をお待ちしております。

エントリーの締切は、10月26日(金曜日)23時までですが、詳細は下のバナーから飛んでくださいね。


★★★追記(3)★★★
親友が、バイクでコケチャイました。
大事にはいたらずで、ひと安心なのですが、明日はチョットした手術です。
頑張れ!親友!!

by seiuchi-porsche9 | 2007-10-24 20:41 | オフ会 ツーリング
2007年 10月 19日

課題は!ポルシェレディ!(Porsche Exclusive Preview)更に1名追加!

ポルシェレディ・・・・先ずはタイトルに惹かれましたね(笑)。

ウェスティンに行きました。

チョットばかり、予定を早めて、遅めのランチ狙いで、14時過ぎに行きました。

ウェスティンに到着すると、 mippleさんがお迎えに来てくださいました。
・・と思ったのも・つかのまで・・・僅か数十秒の御対面でした(笑)。
でも、お久しぶりにお会い出来て、嬉しゅうございました。

取り合えず、受け付けだけでも、済ますことにしました。
(手前に見える、ポルシェ・356ライトメタルクーペ(1951年式)が、とても格好良かったです)
f0056835_6385999.jpg

Kazuさんが、いらっしゃるのかと思ってしまいました(笑)。
f0056835_6392618.jpg

なにはともあれ・・・。
僕にとっては、先ずはランチなのです!

ランチ会場で、偶然にお会いした、azumomohiro先生ご夫妻と、生ハム主体のランチを頂きました。
休むことなく、食べ続けていると、まるで回転寿司のように、食べ終えたお皿が、とても高く積み上げられました。

そんな僕等を、ホテルのウェイターさんも、ウェイトレスさんも、煙たそうに眺めているのが、とても印象的でした(笑)。
でも、僕等は負けませんでした!
(ランチ会場ではなかったと後から知ったのでした・笑)

遅めのランチを頂いた僕は、ポルシェを見学することもなく、会場を後にしたのでした。

そして、18時過ぎになって、また会場に行きました。

今度は、展示車両の見学です!

とはいえ・・。
展示されていたポルシェに関しては、他の皆さまのブログで、詳しく紹介してくださると思うので、個人的に興味を抱いた、次の2台だけを、紹介させて頂きます。

僕が興味を抱くということは、単に、近い将来に、運転出来るであろーというポルシェになります。

1台目は、カイエンGTS。
これは、親友がオーダーしていて、国内登録第1号車が、その親友になるハズなので、とても興味があります。
f0056835_6395922.jpg

2台目は、997ターボ・カプリオレ。
これも、親友がオーダーしているのですが、展示されていた色の組み合わせが、全く同じで、展示車と違うのは、TipとMTの違いだけでした。
f0056835_6403095.jpg

グッズでは、チョットというよりも、とても、とても気になったのが、これでした。
f0056835_641092.jpg

そして、幸運なことに、会場で、沢山の方々にお会いしました。
お会いした皆さま、今日はありがとうございました!

そんな僕の携帯に、メールが届きました。

『今頃はフェア会場ですか?
・・・(中略)・・・・
コンパニオンのおねーさんを激写よろしくお願いします。』

こんな内容のメールで、そして発信元は、cayman-silver先生からでした。

cayman-silver先生は、僕にとっては、写真の先生です。
その写真の先生である、cayman-silver先生から、メールが届いたのです。

そして、そのメールは・・・『コンパニオンのおねーさんを激写よろしくお願いします。』・・・と結ばれていたのでした。

つまり、これって、cayman-silver先生から、僕への課題なんですね!
つまり、言い換えてみると、cayman-silver先生から、僕への宿題なんですね!

僕は、とても素直な生徒なので(笑)、先生からの、この課題を、クリアーしようと思ったのでした。

僕は・・・こういうことだけは、ホント真面目なんですよ!

最初は、一番近くにいた、この彼女からです。
f0056835_6415989.jpg

そして情報収集です・・。
これは得意です!

「こんにちは、ポルシェ・レディーさん。今日は総勢何人なんですか?」
『7人で来ていますよ!』

それでは、この彼女が1番目ということですね!
f0056835_6422958.jpg

会場内を見渡して、もう一人を発見!
つまり、2番目の彼女ですね。
f0056835_6425960.jpg

やっぱり、アップも必要ですよね!
(かなりボケテしまいましたね)
f0056835_6434947.jpg

それから、また会場内を探し回ってみたのですが、他には、いないのですよね!
また、2番目の彼女に会いに行きました。

「ポルシェ・レディーさんが、二人しか見当たらないのですが?」
『受付にもいますよ!』

そんなワケで、受け付けに行きました。

はい、これが3番目の彼女ですね!
f0056835_6441692.jpg

やっぱり、アップも必要ですよね!
f0056835_6444843.jpg

はい、続いて4番目の彼女ですよね!
f0056835_6451346.jpg

こちらも、やっぱり、アップも必要ですよね!
f0056835_6454353.jpg

これで、4人の激写に成功しましたね。
・・・・って、もう3人いないじゃ~あ~ん???

女の子と、お話するのは大好きなので(笑)。
「受付って2人でやっているのですか?」
『休憩するので、交代でやっているんですよ!』
「次の交代って、いつごろですか?」
『間もなくだと思います。』
「じゃーあ、その時に、僕に声かけてくれます?」
『ハイ判りました!』

こうなると、僕は、このウェスティンに、一体、何をしに来ているのでしょうね!!!

『ハイ交代しますよ!』
「どうもありがとう!やっぱり可愛いって得だね!」
こういう時の僕って、なんでも言葉が素直に発してしまうのですよね・・。

そんなワケで・・・。
はい、これが5番目の彼女ですね!
f0056835_6461437.jpg

こちらも、やっぱり、アップも必要ですよね!
f0056835_6464964.jpg

そして・・・。
はい、これが6番目の彼女ですね!
f0056835_647148.jpg

こちらも、やっぱり、アップも必要ですよね!
f0056835_647444.jpg

これで、ポルシェ・レディー6人の激写が完成ですね!
・・・って、まだ一人いないじゃないですか???

受付が、2人組で交代ということなので、ここにはもういないのですよね・・・。
またまた会場に戻って、探し回るも、最初の2人しかいないのですよね・・・。

散々悩んだあげく・・・・・。
やっと、事の真意を発見しました。

じゃーあ・じゃーあん!

はい、これで7人目ですね。
f0056835_6481731.jpg

そうなんですよ、この彼女は、モービルからのエントリーなんですね!

ポルシェ・レディー6人と、モービル・レディー1人で、合計が7人になるのでした!
こちらも、やっぱり、アップも必要ですよね!
f0056835_6485150.jpg

cayman-silver先生、僕ちゃん、課題終わりました!
cayman-silver先生、僕ちゃん、宿題終わりました!

cayman-silver先生、僕ちゃん、真面目な生徒なので、8人目も激写しました。
某PCから、エントリーして貰いました。
(掲載は本人に承諾済みです)
f0056835_6491947.jpg

この笑顔を見れば、強制的でないのは、判っていただけますよね・・・。
f0056835_6494756.jpg

僕は、明日から1泊ツーリングに行きます。
だから、更新しないつもりでいました。

それなのに・・・。
この真面目な生徒は、宿題提出のために更新してしまいました。

こんな8人で夕食を楽しみ・・・。
(MEGAさん、jzさん、fullさん、suzu-showさん、shingoさん、こーじさん、じゅんいちさん)
f0056835_6523081.jpg

会場の後片付けも始まり・・・。
f0056835_6525829.jpg

夜もふけて・・・。
f0056835_6533091.jpg

もう朝が来てしまいました(笑)。
f0056835_654196.jpg

今日は寝ないで仕事ですね・・・・・皆さま!

追伸。
ポルシェ・レディーは、どなたの好みで選ばれるのか?
チョット知りたいでしょ・・・それは秘密です(笑)。

★★★追記★★★
「こんにちは、ポルシェ・レディーさん。今日は総勢何人なんですか?」
『7人で来ていますよ!』
・・・・この情報は正しかったのです。
つまり・・・。
会場には、ポルシェ・レディー7人と、モービル・レディー1人で、合計が8人が正解のようです。

僕が激写することが出来なかった、7人目のポルシェ・レディーさんを・・・。
ken先生のブログで発見しました!

ken先生の御好意で載せますね!
さすがken先生の作品だけあって素晴らしい写真ですね!
f0056835_23475581.jpg

ken先生、どうもありがとうございました!!!

by seiuchi-porsche9 | 2007-10-19 04:44 | ポルシェ全般
2007年 10月 17日

俺のHEARTに訊いてくれ! (笑えさとりし人ョ!)

土・日は、大阪のお友達たちと、1泊ツーリングに行くつもりでいます。
そして、金曜日は雑用が目一杯あります。
そして、木曜日は例の展示会に行くつもりでいます。
(今夜から設営するそうですよ・・・)
そう考えると・・・。
更新するチャンスは、今日しかないようです。

そこで・・・。
不本意なながらの(笑)短文で、今回は30分で、投稿完了を目指そうと思っています。

★モデファイについての独り言★
今までに・・・。
僕の中で、一番効果を実感した、モデファイはこれでした。
それは・・・。
94年型最終・ポルシェ・968CS(クラブスポーツ)の純正ローターと純正キャリパーを、93年・ポルシェ911・964・3.6ターボ用の、純正ローターと純正キャリパーに、前後とも換装したことでした。
f0056835_1961788.jpg

f0056835_1964879.jpg

ポルシェ・968CS(クラブスポーツ)はFRで、240馬力です。
そして、ポルシェ911・964・3.6ターボはRRで、360馬力です。

240馬力のポルシェの純正のブレーキでも、僕にとっては不満はありません。

その240馬力のポルシェに、360馬力に絶えられる、純正ローターと純正キャリパーに交換すれば、その効果は絶大だということは、誰の目にも明らかなことだと思います。

実際、車重も150キロ以上軽いので、この968CSのブレーキは、過去に乗ったポルシェの中でも最高の部類の仕上がりでした。

ノーマル対モデファイ比でいうなれば、その違いは、現行のポルシェでの・・ノーマル対PCCB・・以上のものであったと思っています。

僕は、ボクスター986Sを購入した2004年に、この986Sの純正ローターと純正キャリパーを、ポルシェ911・996GT3用の純正ローターと純正キャリパーに換装しようと、企んだことがありました。

これは、足回りのパーツを殆ど取り替えなくては出来ないようで、(100数十万の投資になってしまうようで)、直ぐに諦めました。
f0056835_1981091.jpg

僕の仕事は、大雑把な意味で、いつも身近にあって、毎日、目にして接するような物を、デザインするような部類のものです。

そんな仕事をしているので、僕にとっては、僕の一番視界に入ってくる、車内をモデファイするということは、とても楽しい作業でもあり、とても有意義に感じることでもあります。

そして、僕は旧車が、こよなく大好きな人なのですが、旧車に関してだけは、完全オリジナル派なので、モデファイした車内が、オリジナルに復帰し易いということが、最大のテーマにもなっています。
因みに、僕にとっての旧車とは、20年超え以上のクルマを指します。
(僕の好みは、基本的に左右対称の物なのですが、殆どの人が気付かないであろー、サイドブレーキレバーの交換なんかが大好きです)
f0056835_1984756.jpg

そして、室内に限らず、コストの掛からない、チョットだけ手を加えた自作パーツが多いのも特徴です。
f0056835_1991378.jpg

だから、外装をテックアート化した987Sを手放すことに、それほど未練を感じなかったのカモしれません。
f0056835_19211269.jpg

今だから、正直に書くと、僕がテックアートでワイドボディー化した987Sを手放した本当の理由は・・・。

やっぱり・・・カレラGTには成れないなー!・・・と感じてしまったからだったのでした。
f0056835_19225121.jpg

こうなってしまうと、僕の好みの路線とは、大きく違ってしまったということでもあるのですよね・・・。
f0056835_1911528.jpg

今の僕が、密かに興味を抱いているのは、986ボクスターの2.7リッターや、987ボクスターの2.7リッターに、986Sや987S用のローターとキャリパーを組み込むことです。

とても楽しいポルシェに、仕上がるのではないかと・・・僕は思うのですよね・・・。

僕の968CSは、今こーして親友の元にありますが、手放すときには、僕の手元に戻って来るようには成っています。
f0056835_19511477.jpg

★★洗車についての独り言★★
僕は洗車をすることが好きでもないし、嫌いでもありません。
ただ・・。
学生時代に、クルマ屋でバイトをしていたので・・・洗車とは・・・今だに、業務のひとつという感覚があります。

当時の僕にとっての洗車とは、綺麗に見せて、商品価値を高めること、イヤ、正直に書けば、商品価値が高いように、錯覚させる仕上がりを目指していました。

毎日、毎日、来る日も、来る日も、誤魔化して綺麗に仕上げることばかりを考えて、洗車していました。
ですから、誤魔化しや、メアカシの洗車ならば、今でも、誰にも負けない自信があります。
(因みに店頭で販売する為の洗車と、業者に査定して貰う時の、洗車方法(仕上げ方法)は大きく違います。売却する時には、あまり磨き上げると逆効果になることが多いと覚えておいてくださいね・・・既に客が付いているような場合は、磨き上げられたクルマはプラスポイントに成るので、難しい駆け引きではあるのですがね)

僕は、もともと、物には愛着を持たない人なので、クルマを愛しく感じたことは一度もありません。
僕にとって、『愛』という文字が使われる対象物は、女の子を筆頭に、人間とその他の生ある生きものだけです。

ですから、クルマを洗車する時に、愛着を感じたことなど、一度もありません。
クルマそのものに、愛着が湧かない人なので、洗車に愛着を感じるハズもないみたいです。

僕にとってのクルマとは、良きにしろ、悪きにしろ、それは商品でした。
その商品であり、物であるクルマを、売りさばくことによって、得たお金で、デイトもしたし、友達と旅行も行きました。

そういう意味でも、クルマには感謝しています。
物であるクルマに感謝しています。

そんなふーに、僕は、身近にあった、全てのクルマに感謝するという、いい加減な接し方で、クルマと暮らして来たワケです。

そんな僕なのですが、自分のクルマだけに対しては、ずーっと守り続けてきた接し方があります。

それは、洗車する時に、自分のクルマだけは、必ず素手で洗うということでした。
正確に書けば、自分のクルマの足回りだけは、全て素手で洗うということでした。

こーして、リア側のタイヤハウスも・・。
f0056835_19115890.jpg

こーして、フロント側はタイヤを左右にきって・・。
f0056835_19123752.jpg
f0056835_1913072.jpg

こーして、ホイール裏側も・・・。
f0056835_19132848.jpg

こーして、水をビチャビチャと飛ばしながら・・。
f0056835_19135655.jpg

手が届くところは、何処までも・・。
f0056835_1914221.jpg
f0056835_19144124.jpg

指先の届くところは、何処までも・・。
f0056835_19151258.jpg

素手で洗車していると、当然の如くなのですが、手が凄く汚れます。
ある程度の時間を、頑張って洗っても、まだまだ、このぐらいは汚れてきます。
f0056835_19153940.jpg
f0056835_1916165.jpg

このぐらいで洗車を止めてしまっても、綺麗な状態ではあると思っています。

でも、僕が愛着など一度も抱いたことがないクルマが、こう言っているようにも聞こえます。
『お前、もう止めちゃうのかよー!』

そうなると、負けず嫌いな僕は、まだまだ洗車し続けます。
そして、足回りの、どの部分を触っても、こんな綺麗な手の平でいられるようになると、僕は、勝負に勝ったと思います。
f0056835_19163849.jpg

こんなところまで、1本1本、指先で洗うので、足回りだけで2時間以上掛かったりしています。

だから、暇な時にしか、こんな勝負には挑みません。
でも、洗車をした時には、必ず、こーして素手でしています。
f0056835_1917971.jpg

足回りを素手で洗車をすると、手の平や指先に、いっぱい怪我をします。
旧車になると、ホイールアーチが切りぱなっしのクルマが多いので・・・これはトタン板の縁に、手を触れるようなものなので、指先が、いとも簡単に切れます。

メルセデスは反対に、古いものだと、ホイールアーチが切りぱなっしではなく、丁寧に丸めてあるので、指先を切ったりするようなことはありません。
昔のメルセデスの感覚で、最近のメルセデスを素手で洗車すると、指先は簡単に切れてしまいます。
こういう目に見えない部分に、コストダウンという言葉が見え隠れしているのだと、僕は思っています。

子供と遊ぶ時に、手袋をして遊ぶ親はいないと思っています。
まして、子供とお風呂に入る時に、手袋をして入る人はいないと思っています。

僕は、クルマのメカに関しては、全く判っていません。
でも、足回りだけだったら、移り行くクルマというものに関して、とても良く判っているのではないかと思っています。

だって、914の時代でしたら、タイヤハウスカバーは存在していなく、素手での洗車は、タイヤを外した方が早かったりしていたのも知っていますから・・・。
f0056835_1917531.jpg

こんな僕は、クルマに愛着なんか持たない人だと思っています。

それなのに、僕の友達は・・。
『メチャメチャ愛着持っているじゃーあーん!』
と、僕に言います。

これを愛着というのならば、否定はしませんが、僕は洗車が途中でも、女の子から誘いが来れば、その洗車を投げ出して、直ぐに遊びに行ちゃいますよ~ん・・(笑)。

★★★僕の趣味思考★★★
僕は、 『こんなモノが』死ぬほど大好きです!

追伸。
最終的に、投稿時間は1時間掛かってしまいましたね・・。

by seiuchi-porsche9 | 2007-10-17 19:18 | ウォラス walrus
2007年 10月 10日

心の中のFollow Wind!(ドラマティック・レイン!)

今回も絵日記です・・・。

その前に・・・。
スカイライン・GT-R(R36 )についての情報を書いてください・・ということなので、少し書きますが、これがレアな情報ではないのだと思っています。
f0056835_17131047.jpg

(1)国内納車は、12月6日から。
(2)月産生産台数1.000台(輸出分も含む)。
(3)申込金はケースバイケース(一般的には100万)。
(4)仙台ハイランドにて、ディーラー対象の試乗会が行われているので、セールス(GT-R専門)さんからの、試乗インプレの情報は得られます。
(5)現在配布されているカタログは、見開き1枚ものですが、別に車内極秘販売促進用資料は存在しています(一部掲載)。
(6)エンジンの吹き上げには、自信があるようで、エンジン回転の上昇速度に追いついていけるタコメーターの開発に苦労したようです。
(7)現在のところ、残価が計算できていないので、リースでの契約は受けていません。
(8)480馬力か500馬力。
(9)グレードは3種類(シート等が違います)。

記憶に頼って書けば、こんな感じですが、間もなく始める東京モーターショーで正式デビューします。

★さて絵日記ですね・・・。

先週半ばから、風邪をひいてしまいました。
僕は、直ぐに発熱する人なので、いとも簡単に、38度5分ほどになりました。

熱には強いタイプなのですが、今回は鼻をかむ度に、段々と鼻が痛くなってきて、その痛さに耐えられなくなってきました。
頭が痛い・・・そして顔の左半分が猛烈に痛くなって来ました。

そんなワケで、風邪の熱と、左上の親知らずの痛みの二重苦を味わってしまいました。

最初のうちはチョット風邪ぽいかなーと思っていたワケで・・。
そんな軽い気持ちの先週半ばに、Yoshiさんから、お電話を頂きました。

『例のブツを手に入れたから、週末は待っていますよ!』
「チョット風邪気味ではありますが、楽しみにしていますね!」

・・・そんな会話を、たしか10月3日にしました。
なんせ、この時点では、まだ元気でしたから・・。

僕は、人さまに、自慢が出来るようなものは、何ひとつとして備わっていない、ちぽっけな人間です。
でも、そんな僕でも、自分なりに、小さい時から、出来る限りは守ってきたことがあります。
それは、決まりは守る、そして、約束も守る、こんな誰にでも出来るような、簡単なことです。

幼稚園は、3年保育で通いました。
僕は、その3年間を、無遅刻無欠席の、皆勤賞で通いました。

3歳から、6歳まで、幼稚園に通っていたワケで、幼かった僕が、自分の意思で、3年間を皆勤賞で過ごせたワケではありません。

僕に、毎日毎日、幼稚園に行かせたのは、母親だったワケです。
つまり、僕の母親が、僕が、どんなに熱があろうとも、幼稚園に行かさせていたということです。

僕の記憶では、麻疹の時は休まさせてくれて、その代わりに、風邪で、どんなに熱があろうとも、必ず時間通りに、行かされていたようです。

そして、熱があって幼稚園に行った時には、必ず迎えに来てくれて、早引きさせてくれたことも、記憶に残っています。

思い返せば、遅刻しないで、毎日通えば、病気で早引きしても、皆勤賞に該当したのでは・・・ないかということです。

その時の、そんな疑問は、母親に聞けば、すむことなのですが・・。
僕の母親は、僕が子供の頃に亡くなっています。
ですから、今でも、真相は、謎のままなのですが・・・、休むことだけはしないで、皆勤賞を取れるように、育って欲しいと、願っていたのだとは思っています。

僕の母親の思い出とは、そんな幼稚園の頃の思い出と、小学生になってから、・・・毎週末を・・・宿題を持って、母親の入院している病院に通い、病院の補助ベットで泊まった思い出です。

母親との思い出の期間が、少ないということは、その分、母親との思い出が、強烈なまでに、残っているワケで・・・、こーして大人に成った、今の僕は、その時の思い出に、今だに、こーして慕っているのだと思います。
今回も、こりゃーあ長くなりそうですね(笑)。

僕が、毎週末を過ごしていた病院の近くに、勝鬨橋がありました。
母の病室からも、勝鬨橋を見ることが出来ました。
f0056835_1824172.jpg

僕が、時おり、このブログで、『僕の大好きな勝鬨橋』 と書いていたワケは、そんな理由からだと思っています。
そして、中央区が大好きなのも、同じ理由からだと思っています。

僕は、女の子と一緒にいて、一番好きなことは、手を握っていることです。
僕は、女の子と遊んで貰う時に、僕は手だけしか、手は出さないからと、いつも言っています。

『最初は、皆な手からなんですよ!』
・・と、殆どの女の子は言います。
でも、僕は、本心で、本当に手だけでいいのです。

今まで、誰にも言っていないけれど・・。
書いてしまいます。
僕は病院の補助ベット(ベットの下にしまってある、幅の小さなベットで完全看護でない、付き添い可能な病院には置いてあります)で寝て、毎週末を過ごしていたワケですが、その時に、僕の目線よりもはるかに上にある、母が寝ているベットから、母の手が下に伸びてきて、いつも僕と手を繋いでいました。

入退院を繰り返して、母が亡くなったのは、僕が小5になって間もない頃でした。
その母が、その命途絶える、その瞬間にも、僕は、母と手を繋いでいました。

苦しさで、僕の手が壊れてしまうぐらい、強く握られていたと思ったら、数十秒経ってから、一気に、その強さが消え去りました。

子供だった僕は、人が死んでしまうものなんって、少しも思っていなかったので、毎日毎日、苦しそうであっても、その母が、死んでしまうとは思ってもいませんでした。

そうなると、お葬式なんかも、今までに出たこともないワケで、あの母が、なんだか判らないうちに、燃やされてしまい、骨だけになって出てきた時には、涙にもならないほどのショックを受けました。

僕は、こんなふーに母を失って、母がいない・猛烈なマザコン街道を、ひたすら歩いて来ました。

残された家族は、兄と僕と父という、とても悲惨な(笑)男3人ということで、この小学生の、その時点で、女性の貴重さを、イヤというほど思い知らされました。
なんせ、いつも食べるものがなかったですからね・・・(笑)。

僕が通っていた中学は、男女共学で、給食はなく、お弁当持参だったワケで、そうなると、僕は、毎日を、代わる代わるクラスの女の子に、僕のお弁当も作って貰わないとイケナイことになってしまい・・・何故か、当時から、僕の発想は、こんなふーに、いつも前向きなのです(笑)。

そんなふーに育って来ているので、僕にとっての女の子とは、とても貴重な存在で、会ってデイトでもしてくれるようなことになったら、そりゃーあ、いつも感謝するという存在なのです。

そんな初心があって、今の僕があるワケですが、その貴重な女の子の服装なんかにも、目が行ってしまうのは、とてもワガママなことでもあるのですよね・・と少し反省。

何が書きたいのかというと・・・。
僕にとっての母親とは、そんな思い出の中で生きているのですが、もはや、相手が受け応えしてくれない状況になってしまったら、記憶の限りの思い出を生かして生活するしか、思い出には慕っていられないワケです。

ですから、僕は高校でも皆勤賞でした。
こんなグウタラな僕が、皆勤賞だった理由は、なんとなく母親の思い出に慕っていたかったから・・・ただ、それだけだと思っています。

皆勤賞とは、人との約束を守るということでも、あると思うので、僕は、出来る限りは、人と約束をしたら、守り抜こうと思って来ました。

10月5日・金曜日。
歯医者に行った僕は、抗生物質と痛み止めを頂き、暫くは安静にするように伝えられました。
そして、冷やすと楽になるけれど、血液の循環が悪くなるので、あまり冷やし過ぎないようにとも伝えられました。

10月6日・土曜日。
朝起きたら、最悪の状態で、頭痛いし、顔面の全てが痛いし、リンパ腺が腫れてアゴも痛いし・・・熱を測れば、8度2分という状況でした。

まあ、高校の頃にも、8度以上の熱を出して、学校に行ったことは、数え切れないほどあったワケで・・・そういえば、高校の皆勤賞は、早退は認められなかったので・・・医務室で寝て・・・出席扱いの、恩恵を受けたことが何回かありました。

さて、さて、今日は、10月6日・土曜日なワケです。
この日の僕には、2つの約束がありました。

1つ目の約束は、女の子とコンサートに行くというものでした。
これは、顔面全体に 『熱さましシート』 を貼って、なんとかクリアーしました。

コンサート会場の駐車場で、こんなクルマを発見。
f0056835_17162931.jpg

そして、2つ目の約束とは、例のブツを求めて、Yoshiさんの山荘に、お邪魔することでした。

目指すは、中央高速利用で、250キロほどの山荘です。
この日の天気は雨でした。
そして、これから本降りになる状況でした。

そこで、僕は、先日、購入した3年半落ちのレガシィに乗っていくことにしました。

壊れてヤナセで治療を受けている、S124ワゴンが手元になくなって、仕事で不自由を感じてしまい、購入してしまった、あのレガシィ・3.0Rです。

レガシイで行った理由は、魔法を使っての計算で、2時間で到着するのには、4駆がベストなのではないかと思ったからでした。

僕の体調は、コンサートの時よりも、更に悪化している状況なので、今度は 『熱さましシート』 なんかではなく、コンビ二に立ち寄り、『ロック・アイス』 の1.1キロを購入しました。

この 『ロック・アイス』 を左手に持ち、この氷の固まりで、顔全体を強烈に冷やしながら、痛みに耐えて走れば、なんとか、2時間耐久には出走出来るのではないかと、思ったのでした。
(歯医者さんからの、冷やし過ぎは・・・忘れてはいないのですが)

またまた、余談なのですが、夜会の後の、名古屋からの帰りには、K君の997カレラと、僕の996初期型GT3の2台で走って来ました。
あのF1が開催された、あの雨の中を、K君と僕は疾走して来たワケですが・・・・。

この時に、どんな豪雨の中でも、ブレーキなど踏むことがなかった、あの996ターボのK君が、時として軽くブレーキを踏む・・・僕は、K君の、こんな運転を初めて見ました。

996ターボと、GT3と2台で、雨の中を走った時には、僕は、いつも遅れをとるのですが、今回は、あのK君を、追い駆けて走ることに、それほど、命を掛けなくても走れたのです。

K君の996ターボの後ろを走ると、浸透性のアスファルトから、普通舗装のアスファルトに飛び込んだ、その瞬間に・・・水でも溜まっていようものならば・・・4輪全てのグリップを失って・・・ただ、ただ・・・ステアリングを、チカラ一杯握りしめて・・・もしやの場合の、その何かの瞬間に・・・ただ、ただ・・・神に祈るという・・・あの恐怖感を味わなかったということなのですが・・・。

あの日の、K君を見ていたら、反対に、雨の日の4駆とは、そんなにも凄いものなのかと思ったワケで、レガシィに乗って行くことにしました。
(僕が・・スカイラインGT-Rに、急に興味を持ち出したのも、この日の、K君との走りの思い出があったからです)

でも、ホント、雨の日の4駆って、とてつもなくポテンシャルが高いのですね!
レガシィでの中央高速道は無敵でした。

(新品とはいえ)ネオバを履いているにも関わらず、雨の中での走行を、僕は、この日の無敵と思ったワケですが、これが、最終的にグリップを失った時には、もはや?と思うクルマでもあるとも思いました。
ただ、中央高速の、全てのコーナーを、インベタで走って、そのアウト側に、他のクルマがいない状況ならば、もしもの時でも、なんとか立て直せるのではないかなーとも思いました。

なんとなく、妄想した時間よりも、早く到着してしまうことになってしまい、諏訪サービスエリアでトイレ休憩してみました。

ここの夜景は、とても綺麗でした。
マジメな僕は、ここで、写真撮影をしてしまいました。
顔に冷たい空気が当たるのが、気持ち良くて・・こんな理由もあったのですが。
f0056835_17174818.jpg
f0056835_1718784.jpg
f0056835_17182359.jpg

僕は、こーして、Yoshiさんの山荘に到着しました。
f0056835_17185647.jpg

そして、僕は、体調がイマイチなことも、Yoshiさんに伝えました。

僕は、Yoshiさんとの約束を守りました。
でも、こんなふーに体調がイマイチで、結果的に、迷惑を掛けるということが、判っているのにも関わらず、その約束を守るということは、果たして、正しい行動だったのでしょうか?

僕は、こんな時の、こんな場合の、臨機応変の対応策策を、誰からも教えられずに、育ってしまいました。
だから、この日の、僕の行動が・・・正しかったのか?・・・それとも・・・間違っていたのか?・・・ということが、今でも判っていません。

ただ、こんな状態の僕に、タオルで巻いた氷を作ってくれたり(僕は、少しでも楽に成りたかったので、Yoshiさんに、冷やすと良いと・・・嘘を言いましたから・笑)、痛みでクチが大きく開かない僕のために 『おかゆ』 を作ってくださったりと、そんな心優しく、迎えってくださったYoshiさんを、僕は一生忘れません。

今回、こんな状態な僕が、お邪魔してしまったことが、正解だったのかは、僕には本当に判りません。
ただ、もし、こんな状態な人が尋ねてきたならば、何をすれば良いのかは、よく判りました。
ただ、それが、簡単には出来るよーなことではないことを、もっと判ったのでした。

10月7日・日曜日。
この日の僕は、Yoshiさんの山荘で、朝を迎えたワケですが、体調も、やや回復気味なので、ドライブに行きました。

こんな体調の時でも、Yoshiさんの、シトロエンC6のステアリングを握ったのは、僕ですから、運転だけは、やっぱり大好きなようです。

この日の写真を・・・。
ここのソフトクリームは、最高に美味しかったです。
(今、我が家の冷蔵庫には、ここの乳製品が全て揃っています)
f0056835_17194132.jpg
f0056835_1720378.jpg
f0056835_17202969.jpg

f0056835_1721412.jpg
f0056835_17212632.jpg
f0056835_17214787.jpg

f0056835_19191122.jpg

f0056835_1722976.jpg

f0056835_17224359.jpg
f0056835_1723237.jpg
f0056835_17232217.jpg

f0056835_17235127.jpg
f0056835_1724121.jpg
f0056835_1724337.jpg

f0056835_19221433.jpg

f0056835_172508.jpg

f0056835_17253384.jpg
f0056835_1725566.jpg
f0056835_17262166.jpg
f0056835_17264627.jpg

そして、その日の夜。
こーしてベランダに出て・・・。
f0056835_17272199.jpg

Yoshiさんは露出狂でした(笑)
f0056835_17275165.jpg

そうなんです・・・。
今夜のお楽しみは、マツタケ1キロを・・・。
f0056835_17281753.jpg

こーして、豪快に焼いて頂いたり・・。
f0056835_17284427.jpg

こーして、マツタケ土瓶蒸しを作って頂いたり・・。
f0056835_17291242.jpg

こーして、マツタケご飯を作って頂いたり・・。
f0056835_17302066.jpg

更に、名古屋コーチンも焼いて頂いたりと・・。
f0056835_17304831.jpg

秋刀魚も焼いたりと、とても優雅な夕食でした。
これが、全てタダとは(笑)、ホント嬉しいことで御座います。

Yoshiさん、今年も、ご馳走様でした!!!
f0056835_17351195.jpg

そして、真夜中だというのに、真面目な僕等は、何故か撮影会をしてしまいました。
C6のテールライトは、こんなふーに独創的な造形をしているワケですが・・・。
f0056835_17353611.jpg

点灯すると、こんな素敵な表情を映し出します。
f0056835_19301739.jpg

フロント側のスモールライトも、同じコンセプトの元に、こちれも、素敵な表情をしています。
f0056835_1736552.jpg

すでに酩酊気味のYoshiさんが、三脚を使って、こんな真夜中に撮影している姿を拝見していると・・・やっぱり、お邪魔して良かったなーと・・・僕は思ったのでした。
f0056835_17475097.jpg

そんな楽しい一日は過ぎ去り、僕は、F1(上海)をテレビで観てから眠りにつきました。

10月8日・祭日。
美味しいお昼ご飯をご馳走になり、14時近くに山荘を出発しました。
f0056835_17482323.jpg

高速道路を走る時の鉄則は、時間が稼げる時には、徹底的に稼いでおくことだと思うのですが・・・。
この日の、僕へのマークは半端ではありませんでした。
(どんなクルマが、どんな速度で抜いて行こうと、もう僕しか、眼中にないような、後続特殊車両)
f0056835_1749054.jpg

そして、この日の僕は、生まれて初めての経験をしてみました。
それは、生まれて初めて、渋滞に耐えてみるということでした。
(本来の僕は、高速で渋滞していたら、何処のインターであろうと、即座に降りていますから)
55.6キロ地点で渋滞が始まりました。
f0056835_17493096.jpg

55.5キロ地点で、間もなく100メーター通過ですが、歩いた方が絶対に速いです。
f0056835_1750310.jpg

だって、動かないから、ひとり写真教室も開催可能です。
f0056835_17503269.jpg

やっと、52.4キロ地点です。
静止していますから、綺麗に写るでしょ!
f0056835_1751015.jpg

52.3キロ地点。
もう、僕は、この時点で、自分の行動をとても後悔しているのですよね。
(取り合えず御殿場方向に向かえば良かったと後悔しました)
f0056835_17512854.jpg

こうなったら、トイレだけは行っておこうと思ったら、こんなに入り口渋滞もしちゃうのですね。

こういう時の僕は、こんな場所には寄らずに、魔法のトイレ休憩場所にクルマを停めます。
(書けないけれど、路肩停車でのオシッコではありませんよ・笑)
f0056835_17515959.jpg

11キロを、90分で走るということは・・・。
なんと平均時速は、7.333・・・キロということで、歩くよりは速いのですね(笑)。
f0056835_17522717.jpg

ということは、トイレ休憩をしたので、トイレに立ち寄った7~8分間あまりで、約900メーター前後は、遅れをとったという計算が成り立つのですね。

なんか、このことは、とてつもなく悔しくなってしまい、僕は、この900メーター前後の遅れを取り戻すことに、全力を掛けてみることにしました。
だって、こんな遊びでもしていないと、耐えられないですから・・・。
殆ど動かない、こんな状況であっても、どちらかの車線が早くなる時が必ずあるワケで、この早く進む車線だけを、走って行けば、その差は縮んで行くのではないかと思ったのでした。

そんなワケで、右へ左へと努力だけはしてみることにしました。
・・・というよりも遊び感覚なんですが・・・。

その結果、渋滞解消まで、あと1.5キロという場所で、トイレ休憩する前の、あの見覚えのある、あの前車に追いついたのでした。
f0056835_1753132.jpg

そして、こーして上り坂のトンネルを出てみれば、なんとも不思議に渋滞は解消しているワケで、たとえ事故があったとしても、サンデードライバーの皆さま、上り坂になった時には、もっと、もっと、右足を勢いよく踏んでくださいね!
f0056835_17533078.jpg

それにしても、3年半落ちのレガシイが、こんな雨の日のレガシィが、こんなにも楽しいクルマだとは・・・とても嬉しい誤算なのでした。
f0056835_1754095.jpg

これならば、中央道限定ならば、neo号335ツーリングに挑んでみようかなーあ(笑)。
そうそう、モチロン雨の日ですよ・・・。

追記。
なんか今回は、どうでもいいような自分の思い出を書き過ぎてしまったかなーと、チョットばかり反省しています。
そして、横浜の先生、銀ケイマンの先生、えむ先生、写真の一部は、宿題のつもりではいるのですが・・・。

by seiuchi-porsche9 | 2007-10-10 17:33 | マイ・フレンズ
2007年 10月 03日

僕のエンハンスメント!(★夜会★そして何故か恋愛論!)

前回の続きで、絵日記です。

9月29日。
この日の夜は、ryooさん主催の夜会に、参加させて頂きました。

お約束の時間に、大幅に遅刻してしまい、ご参加した皆々さま、誠に申し訳ございませんでした。

18台もの参加台数で・・・ビックリしちゃいました!・・・というのが正直な感想でした。
f0056835_2032850.jpg

ここでも写真を数枚。
(強制的に明るく撮影してみましたが・・・先生方、邪道でゴメンなさいです・・・でもホントに邪道なのですかね?・・・とも僕は思うのですよね・・・つまり良く判っていないと・・・笑)
f0056835_20323636.jpg
f0056835_20325874.jpg
f0056835_20331926.jpg
f0056835_20334397.jpg

今回の夜会では・・・憧れの・謎の人物・クーパーさんと初めての御対面です。
ryo716さん、neoさん、特別に左手だけ見せてあげますからね(笑)。

クーパーさん♪
僕は舞い上がってしまって、全くお話出来ませんでしたが、次回は覚悟しておいてくださいませ!
ベティちゃんもモチロン格好良かったですよ!
f0056835_20342292.jpg

そして、ここからチョットばかりと・・プチツーリングを楽しむことになったのですが・・・。
f0056835_20344854.jpg

プチツーリングに出発する前に、またまた、僕のイケナイ虫が動き始めていました。

というのは・・・。
この日の夜会には・・・我が息子と同じ年である、せと君が、チャーミングな女の子を、同伴して参加していました。

「せと君、彼女可愛いね!」
・・と僕。
『彼女じゃないんですよ!』
・・と強く反応する、せと君。
「なんて勿体ないことを!」
・・と僕。
『だって、本当に彼女じゃないんですから!』
・・と、またまた強く反応する、せと君。

こんな会話をしたのですが・・・たとえ彼女でなくても・・・僕ならば・・・彼女です!・・と受け答えてしまうワケで・・・仮に・・・せと君に・・・多少なりとも・・・彼女に思いがあるのならば・・・ここはチョットばかり・・・せと君を・・・刺激してみようとかな~あと・・・僕のイケナイ心の虫が騒ぎ出したでした。

「そうなんだぁ~、ホント彼女じゃないんだぁ~。じゃあ~、僕が乗せて行ってもいい?」
・・と僕。
『どうぞ、ご自由に!』
・・と、せと君。

この時の・・・彼女の笑顔もバッチリで・・・そんな笑顔から発する・・・このチャンスを見逃すような・・・僕ではないので・・・ここは素直に・・・こう言ちゃいました。
「じゃ~あ、ホントに連れて行ちゃいますからね!」
・・・と。

ここまでの、せと君と僕との会話を聞いて、彼女からは、何一つとして、言葉は発していないのですが、彼女が、無言でドアーを開けたのを、この悪いオジサンは、見逃していないのですよね・・・。

こんな情景から推測すれば・・・。
もはや、『せと君と彼女と僕の3ヶ国同盟』が締結されたようで・・・。

そんなワケで・・・。
3ヶ国同意のうえの、『彼女と僕のプチツーリング』が始まったのでした。

彼女の名前はRちゃんといい、今年で19歳なので、Rちゃんも、我が息子と同じ年です。

ということは・・・。
前向きな僕にとっては・・・。
僕と話が合わないハズは絶対になく、年齢差的にも、バッチリのカップルに思えるのですよね(笑)。

今回の『彼女と僕のプチツーリング』は・・・。
せと君を、刺激するのが、最大のテーマなので、この数十分という短い時間に、Rちゃんと僕で、どれだけ仲良くなれるのか!・・・が、僕としての正念場になるようです。

短時間で、女の子と仲良くなるのは・・・。
僕の、得意科目ではあるのですが、今回は、自然に振舞ったうえに、仲良く成らないといけないワケで、とてもワクワクする、ことでもあるのですよね・・・。

多くの人が気付かないことは・・・。
女の子を誘って、二人だけで、ドライブに出掛けられたとしても、それは、単にドライブをしているだけであって・・・。
彼女と仲良しに成るという、一種の闘いの場でもある、そんな土俵にさえ、彼女は上がっていないということなのカモしれません。

多くの人は、車内や喫茶店を、土俵だと思い間違えるので、シフトレバーを握っている、その手で闘おうとするのカモしれませんね(笑)。

僕は、会って間もない女の子と、二人だけに成った場合には・・・。
超難関な学校の、受験票を渡された、受験生そのものと思っているので、後悔なきように、全力で立ち向かいます。

時間がない時には、とにかく、喋り続けることになるのですが(笑)・・。
これは、一次試験が面接だと思い込めばいいワケで・・。
無口になって落とされるより、伝えたいことを伝えて、振り落とされたほうが、悔いはないのではないかと思っています。

僕は、テレビ朝●系で毎夜登場する、司会者 I・Hさんの学生時代を少なからず、存じているのですが・・・。
大学4年生であったI・Hさんは、日本■レビの入社試験を受けた時に・・・。
面接で披露したジャイアント馬場と、アントニオ猪木のモノマネが、素晴らしく上手だったという、そのことが、正しく採用された理由だったとお聞きしています。

このことは、I・Hさんの親友からの、また聞きなので、ことの真意は皆さまで想像してくださいませ。
ただ、日本■レビに、めでたく入社した I・Hさんの最初の担当が、プロレスのアナウンサーだったという事実はありますが・・・。
その後のI・Hさんは、フリーに成られて、F1の放送に関わり、現在に至っていますが・・・。

いつもながら、僕のブログは、こなんふーに、話題が、余計な方向へと、ズレテ行くのですが・・・。
行動したり、喋ったりしなければ、やっぱり、何かは始まらないないのではないかと・・・思っているのですよね。

そんなワケで・・・。
車内という二人だけの空間で、それも高速移動中の真っ暗な車内で・・・。
喋り続けないと、キッカケさえ見つかりませんから・・僕は喋り続けました(笑)。

クルマに興味がないのは、2007年を生きる、現代の女の子ならば、当たり前のようなことなので、クルマの話題は、殆どしませんでした。
そうなると、単に世間話をしていたワケで、僕が実年齢を伝えると、そんなふーに思えないと、なんとも嬉しいことを言ってくれました。

またまた予断ですが・・。
『石田純一よりも年下で、ルー大柴よりも年下で、明石家さんまや、島田紳助と大差なし』
・・・こう話すと年齢差が少なく感じるようなのですが・・。
この会話に、鶴瓶や、高田純次や、片岡鶴太郎なんかを、ウッカリ付け加えてしまったりすると、二人の年齢差は、永遠に取り戻せなくなったりするワケで・・・いずれにせよ、僕が弱い立場にいることは隠せません(笑)。

格言としては・・再就職出来なくなる年齢が近づくと、恋愛も再就職出来なくなる可能性が高い・・・ということになるのでしょうか。
(再就職が出来なくなるなる年齢の方が、経済的な優位性で恋愛を勝ち取るのは・・・僕的には、恋愛の再就職ではなく、恋愛の吸収合併というように捉えていますが)

いずれにせよ、僕にとっての、最初の出会いとは、賞味期限が切れた僕の、新規採用試験みたいなものなので、頑張らないとイケナイのですよね!

なにか夜会の報告なのに、知らず知らずのうちに、恋愛論になっています(笑)。

そんなワケで、せと君への結果報告だけはしますね。

Rちゃんと、僕は何をして遊んでいたかというと・・。
その答えは・・・車内プリクラ風・オービスごっこ・・・でした(笑)。

とはいっても、最初は失敗作が多いのですよね・・。
(ryooさんのも、多分、こんな感じだったのではないでしょうか・笑)
f0056835_2035282.jpg

オービス的な角度でなければ、僕の左手三脚は、自由自在に操れるようです。
f0056835_20355333.jpg

でも、オービス的角度でないと、正面からは写らないのですよね・・・。
f0056835_20361875.jpg

でも、オービス角度だと、なかなか二人同時には写らないのですよね・・。
f0056835_20364623.jpg

もはや、写らないとなると、被写体が、自然に近づくしかないのですよね・・。
f0056835_2037199.jpg
f0056835_20374030.jpg

Rちゃんと僕は、こんなふーに、車内プリクラ風・オービスごっこ・遊びをしながら、制限速度を厳守して戻って参りました。

『彼女と僕のプチツーリング』 は、こーして幕を閉じたのですが・・・。
出発した、サービスエリアに、戻って来た僕の首は、『車内プリクラ風・オービスごっこ』の影響で、右に45度ほど傾いたままでした。

DA・KA・RA、サービスエリアに戻った、Rちゃんと僕は、こんな自然な状況でした(笑)。

(ryooさん撮影)
f0056835_20381063.jpg

僕は、こーして、Rちゃんとのひと時を、楽しく過ごして来たワケですが・・・。
これで、少しは、せと君を、刺激出来たのではないかと思っています。

世の中には、僕のような、危ないオジンが沢山いるワケで、女の子を大切にしないと、誠意と時間を持て余している、世のオヤジ共に、楽しみを奪われてしまいますよ!

そもそも、オジンとは、楽しいことも、悲しいことも、そんな世の定めを、年を重ねて来た分だけ、知り尽くしているワケで、そんなオジンが、積極性と行動力を、身に付けてしまうと、ある意味では、無敵になるということでもあるのですよね。

夜会に参加しながら、僕は、こんなことを感じたのですが・・・。
それは・・・、今の時代で、もし若さがあったら、とてつもなく楽しいのではないか・・ということでした。

僕は、こんなふーに楽しく、ryooさん主催の夜会に参加させて頂きました。

ryooさん&ご参加の皆さま♪
楽しいひと時を本当にありがとうございました!
遅刻してしまい、本当に申し訳ございませんでした。

そして、せと君♪
Rちゃんは、やっぱり、とても素敵な女の子でした。
大切にしてくださいね!

9月30日。
名古屋のホテルを、13時過ぎに出発しました。

ここで、大阪のTさんとは、お別れです。
今回も、楽しいひと時を、ありがとうございました!

この日は、富士で、F1が開催されていました。
K君が、チケットを持っていたので、立ち寄ろうとも思っていたのですが、寝坊した為に、諦めました。
(これには、余談があって、オークションで購入したチケットは、1枚31000円でした。そして座席は、例の、あの見えないと5万円払い戻しされた、あの場所のチケットです。行かなかったのに、1枚につき、19000円儲かってしまった・・・ということになりました)

雨が降っていたこともあって、僕等は、大急ぎで、東京に戻ることにしました。

そして、渋滞にも巻き込まれずで、予定通り、計算通りの16時過ぎに、ペニンシュラ東京に到着しました。

写真がありませんが、ペニンシュラ東京は、エントランスで、我が愛車を、預ける仕組みになっています。

『お客さまのおクルマは、GT3でございますので、当ホテルの駐車場では、下を擦ってしまい、申し訳ございませんが、お預かり出来ません』
・・・・と丁寧に仰いました。

「下を、ガリガリを擦って頂いて構いませんし、もし、何か割れてしまっても、誓って問題にしませんから、預かって頂けるでしょうか?」
・・・と僕。

『ハイ、かしこまりました』
・・・と仰いながら、GT3のドアーが開かれました。

そもそも、僕が、ペニンシュラ東京に、GT3のようなクルマで行ったこと自体が、僕的には、とても非常識な行為・・・と写っているのですが、このペニンシュラ東京の、ホテルマンの対応は満点で、とても気持ちが良いものでした。

結果的には、ラウンジ利用で1時間待ち、レストラン利用で2時間待ちということなので、ペニンシュラ東京は利用しませんでしたが、近いうちに、宿泊でもしてみようかな~あという気持ちに、成ったのは言うまでもありません。

ペニンシュラ東京のエントランスから、晴海通りに出る時に、
『段差がありますので、お気をつけてくださいませ』
と誘導してくださいました。

僕は、全く気にせずに、ガリガリと大きな音を立てながら、擦って出ました。
窓越しに・・。
「ほら、擦っても気にしていないでしょ!」
とホテルマンに伝えました。
『お客様は本当に素敵な方ですね、またお待ちしております』
と、仰ってくださいました。

僕は、こんなふーな、人とのヤリトリが大好きです。
僕がホテルを選ぶ時は、そこで働く人で選んでしまいますから・・・。

そんなワケで、ペニンシュラ東京では、食事が出来なかったので、K君と僕は、直ぐそばにある、帝国ホテルに行きました。

僕のGT3にとって、帝国ホテルの駐車場とは、階上に上って走って行くのには、なんの問題もなく・・・。
ただ、階下に下りながら走って来ると、フロントリップが当たってしまい、降りるに、降りられなくなるという、チョット厄介な駐車場です。

では、どうやって階下に下りて来るのかというと、バック走行ならば、問題なく降りて来られます。

上に停めちゃって、バックで走って来れば、ま~あいいか!
・・・・という、そんな僕の気持ちを、駐車場の係員の方が、察してくれて、1階にある、特別なスペースに案内してくださいました。
f0056835_20384970.jpg

東京は、物価が高いと、僕も思っています。
でも、こんなふーに、無言に近い形の、言葉のキャッチボールが、出来る場所だとも思っています。

僕が、誰ともなく、無言で投げたボールに、いち早く駆けつけてくれて、そして、そのボールを、大きなミットで受け止めて・・・『ストライク!』・・・・と囁いてくれた時に、僕の懐は大きく開きます。

この日の僕は、まさしく、そんな気分になっていて、帝国ホテルの地下にある『北京』で、財布の紐を緩めてしまいました。
f0056835_20392267.jpg

僕にとっての、東京とは、まさしく、そんな場所なのですが・・。
大したサービスを受けていないのに、サービス料を請求されたら、頑固として拒否する、勇気が必要な場所でもあると思っています。

僕が、名古屋でカッチと来てしまったのは、サービス料という項目を、席料とか室料とかいうような、支払い側が、拒否できない項目に置き換えているからです。

東京ならば、室料や席料を請求するような、お店ならば、それは、それ相当のお店であり、室料や席料を請求する共に、更にサービス料も付け加えて請求されるのが、一般的です。

それを、室料や席料という、支払い側が拒否出来ない項目に、すり替えて、あまりにも不本意なサービスで、名に食わぬ顔で営業していたので、カッチと来てしまったのでした。

ファミレスで文句を言う、お客さんは最悪です。
でも、ファミレスで、席料を請求されたら、文句も出ることでしょう。

個室でもない限り、本来は、室料や席料は、料理の価格に含まれるものであり、サービス料とは、自信を持って請求し、その自信に、自らが答えればいいのだと、僕は思っています。

たかだか、1時間や2時間だけ持つような、ドライアイスを、別途請求するような、ケーキ屋さんでは、どんなに美味しくても、僕は絶対購入しません。
仮に、そのお店で、どうしても買わなければ、ならなくなった場合には、いくら以上の商品を買えば、ドライアイスが無償になるのか?とハッキリ聞きます。

世の中って、こんなふーに、応用問題には、応用問題で答えて行かないと、イケナイのではないかと、僕は思っています。

北京で美味しい中華を楽しんで、僕は家に着きました。
そして、直ぐに、せと君に電話をしました。

「せと君、今、戻ってきました。夜会では、彼女を連れ出してしまいゴメンなさいね!」
『彼女でないので安心してください。メルアドとか交換しました?』
「携帯番号すら聞いていないよ・・。彼女のことについては、とても詳しく知っていると思うけれど・・・。」
『遠慮しなくても大丈夫だったのに・・。』

せと君と・・・・こんな会話と、ここではチョット書けない会話なんかをしました。

せと君♪
多々と、どうもありがとうございました!
次回も、助手席空けておきますので、どーぞ宜しくお願いいたします(笑)

改めて・・。
水野でお会いした皆さま♪
夜会でお会いした皆さま♪
楽しいひと時をありがとうございました。

追記
10月3日。
K君と、こんなクルマを見学に行きました。
f0056835_2057377.jpg

そして、こんなクルマを・・・。
f0056835_20582040.jpg

ナントK君は契約してしまいました。
(納車は12月頃かな・・・また運転だけは出来そうですが、僕も欲しくなっています)
f0056835_20593629.jpg


◆◆追記◆◆
10月6日。
全国ボクスター祭り 2007・・・・の御案内。

今年も、ボクスタープレジャー(埼玉僕星団)主催による・・・全国ボクスター祭り2007・・・が・・・11月4日(日)に・・・車山高原のホテル(中央道諏訪I.C.より約30km、上信越道佐久I.C.より約40km)にて開催されます。

現ボクスターオーナーの方、ボクスターオーナーOBの方、奮ってご参加くださいませとのことですので、僕もボクスター986で参加させて頂こうと思っています。(^^;)
ご一緒に参加できる方をお待ちしております。

詳細は下のバナーから飛んでくださいね。


追伸。
※本日から数日間、ネット環境から遠ざかってしまいますので御了承してくださいませ。

by seiuchi-porsche9 | 2007-10-03 20:39 | オフ会 ツーリング
2007年 10月 02日

僕のエンハンスメント!(そのぬくもりに用がある !)その①

6日ぶりの投稿です・・・。
今回も絵日記ふ~に・・・。

9月27日。
997GT3RSの親友Tさんが、大阪から、遊びにやって参りました。
今回の合流場所は、河口湖でした。
f0056835_9223897.jpg

僕は・・996初期型GT3で行ったのですが・・。
思い返せば、6月23日に、ジムカーナー&納車オフ(MEGAさんと青鰐さん)で乗ったのが、最後ですから、概ね、2ヶ月ぶりということになります。

前日に、エンジンが掛かるのかな~あ?・・・と・・・不安に思い、2ヶ月ぶりにガレージのシャッターを開けました。

そして、ドアーを開けてみれば・・・なんとダッシュボードや、左右のドアーパネル、左右のシートと、全体的に薄っすらと、カビが生えて来ていて・・・ビックリしちゃいました。

ビックリしたと言っても、これは初めての経験ではなく、993RS時代から、時たま経験しているので、濡れ雑巾で室内全体を拭いて、カビを取り去りました。

2月に琵琶湖で開催された、ryooさん&テッカメンさんの納車オフに参加した時の2日間。
3月にジムカーナーで1日。
5月の横浜撮影教室で1日。
同じく5月の東京オフで2日間。
6月のジムカーナーで1日。

こーして思い返してみれば、今年になって、5回(7日間)しか乗っていなくて、今回のツーリングで、今年になって6回目の利用ということのようです。

最後に乗った6月のジムカーナー後、クラッチを交換しているのですが、PCの方に届けて頂き、そのままガレージに収めて頂いていたので、クラッチ交換してから、初めて乗りました。

考えてみれば、2月に車検と同時に、ローター&パッド等も交換しているワケで・・・今年になって、車検及び整備費、そしてクラッチ交換、タイヤ交換、自動車税に任意保険と、単に維持しているだけでも、7桁超えの経費が掛かっているのですね・・・。

なんか現実的な計算をしてみると、複雑な思いが、頭の中で交差しています。
(そうは言っても、一年間での値落ち金額は、7年落ちとなれば、殆ど無いに等しいので、総トータルの維持費は安いことにはなるハズなので、もっと複雑な思いでもあるのです)

さて、僕の996初期型GT3の話は、また次回にするとして、Tさんと僕は、富士スバルラインを登りました。

前方を走るのは、メルセデスのバスなのですが・・・。
なんとなく、カナダの大自然の中を走っているような気分に浸かりました。
f0056835_924160.jpg

平日の富士の5合目は、外人さんが沢山いらっしゃていて、本当にカナダのようでした。
f0056835_9242695.jpg

軟弱な僕は、Tさんと一緒に、お馬さんに乗って、登山口まで行ったのですが・・・ホント根性無しですね!
f0056835_9245346.jpg

これが、根性無しの正体です。
(ただ今、人生最大値を日々更新中なのですが・・こうなると、一体どこまで行くのかと・・・多少なりとも興味を抱いてしまっています・・・その後にダイエットする予定なのですが・・・???・・・ですよね)
f0056835_925214.jpg

大阪にお住まいの親友Tさんにとっては、富士山とは憧れの地でもあるようで、富士見町や富士見台というような、富士山に関連した地名が、いたる所にある関東人にとっては、とても不思議な感覚ではありました。

そんなTさんは、僕の言いつけに従い(笑)、997GT3RSの車高を、出来る限り下げて(車高調整サスの範囲内で)、今回は、やって参りました。

ノーマル比で、3センチ程度は下がっているようで、やっと安心しました(笑)。
というのは、車高が極端に低くなってしまえば、もはや擦るということを、殆ど気にしなくなるので、こういった場所では、同じように、気にせずに擦って出て行くことが出来ます。
f0056835_9255480.jpg

僕は、スプリング交換して、超ローダウンしている、K君の996ターボ一と、一緒にツーリングに行く機会が、とても多くて・・・K君も、擦ることに慣れっ子になっているので、K君との2台での走りが、僕のペースにもなっています。
(K君云わく、もはや7万キロほど、一緒に走っているそうです)

そんな僕なので、前を走るクルマが、擦ることを、極端に気にして、超スロー速度で斜めに登ったり、超スロー速度で斜めに降りたりしていると、更に車高の低い僕は・・早く行ってよ!・・・と、・・・言葉には出さないけれど・・・少なからず・・・イラついてしまいます。

そんな時の僕は、超悪の性格になっていて・・・、
『擦って走ったて、年に1回も割れたりしないのに!』
・・・と、心の片隅で囁いているのでした。

そうなんですよ!
こんな場合は、気にせずに、ガリガリと音を立てて、フロントリップ左右全体の広範囲で、擦るように出て行けば、意外にもフロントリップは割れないのですよね・・・。

極端なことを書けば・・。
僕のフロントのクリアランスは、こんなふーに、78ミリ前後です。
f0056835_926187.jpg

慣れてしまえば、こんな場所でも、突っ込んで駐車出来ます。
f0056835_9265014.jpg

このコンクリート製の車止めの高さは、僕の996初期型GT3の、フロントクリアランスよりも、はるかに高さがあるので、当然の如く、ガリガリと擦って、乗り上げて停まっています。

慣れとは、このコンクリート製の車止めの手前が、斜めにカットしてあるかを、見極めるようなものなのですが、こんなふーに斜めに乗り上げて行けば、割れることが無いという経験値なのカモしれません。

因みに、このコンクリート製の車止めの高さは110ミリありますから、32ミリ前後は、僕のクルマが持ち上がっているということになります。
(つまり、縦方向には強く、横方向も左右全体では強く、横方向の部分的な強めの衝撃には、とても弱いという、ことになるのだと思います)
f0056835_9271694.jpg

僕にとっての・・・スポーツカーに乗っていて格好良いと思うことは・・・周囲のペースを乱さないことだと思っているので、ガリガリと音を立てて、何食わぬ顔をして、平然と、駐車場や脇道を、走っている姿には・・・永遠に憧れています。

Tさんの997GT3RSは、カップ用のフロントリップスポイラーに交換されていますが、3センチほど車高を落としても、まだまだクリアランスは、これだけあります。
f0056835_9274612.jpg

今回のツーリングで、Tさんと僕は、4日間を一緒に過ごしたのですが・・。
言わなかったけれど・・・、伝えなかったけれど・・・、僕が一番感じたことは、前回にお会いした時と違って、ガリガリと擦って走ることに、もはや抵抗感がなくなっていて、とても楽だったということです。

裏を返せば、前回、一緒に走った時には、少なからずは、イライラしちゃったということでもあるのですよね(笑)。
(仲良しなので付け加えてしまえば・・・そういうシチュエーションに限っては、いかにも高級スポーツカーを扱っているようで・・・・僕的には、多少なりとも、格好良く見えなかったのですよね)

気にせずに擦って走って、割れた時は割れた時で、単に、交換しちゃうと思った方が格好良いと思うのですが、ムルシエだと280諭吉なので・・・・やっぱり・・・ケース・バイ・ケースでもありますが。
(僕の経験としては・・・超車高短のクルマには、累計で20万キロ以上乗っていると思いますが、僕はフロントリップを割ったのは、4回だけです・・・FRP製の場合だけは常時注意ですが、FRPは修復が容易でもあります)

因みに、某Yさんの997カレラ4Sのフロントクリアランスは、これだけあるワケで、こんなクルマが後続車だったら、あの穏やかなYさんだって、何度目かには、やっぱりイライラしちゃうのではないかと、僕は思ってしまうのですよね・・・。
f0056835_9281711.jpg

話は戻って、Tさんとのツーリングです。
そんな初日の僕等は、山中湖に1泊しました。
f0056835_9284499.jpg

9月28日。
この日は、Tさんの誕生日でした。
ポルシェ・928S4と覚えておけば良いワケですから、次回からは完璧ですよ!

この日の僕等は、浜松に行きました。
先ずは、 『航空自衛隊浜松基地』を見学しました。
f0056835_929133.jpg

広報館内の写真を数枚。
f0056835_92937100.jpg

シュミレーターも体験させて頂きました。
f0056835_93075.jpg

子供の頃に憧れた、あのクルマの7連メーターを、何故か思い出してしまいました。
f0056835_9303436.jpg

僕は、いつでも遠足気分ですから・・・。
f0056835_931232.jpg
f0056835_931236.jpg

やっぱり、リビエラ好きなのでした!
(機体の960という数字が、クローゼロ とも読み取れて、苦労ゼロ で遊んでしまっている、この日の僕のようでした・・・いつもながら留守番隊の皆さまに感謝です)
f0056835_9315358.jpg

イエロー好きの、そこの貴方様にも・・・。
f0056835_932213.jpg

『航空自衛隊浜松基地』 の見学は、とても楽しかったです。
入館料は無料ですから、皆さまも如何ですか・・?
f0056835_933586.jpg

その後、浜名湖周辺を探索した、Kさんと僕は、Yoshi兄さんと合流しました。
f0056835_9333191.jpg

見たことは何度もあっても、実際に、こんな近くで浜名湖を見るのは、初めての経験でした。
f0056835_9335868.jpg

そして、浜名湖近郊のホテルで、K君と合流しました。
左から、僕の996初期型GT3、Tさんの997GT3RS、Yoshi兄さんの997カレラ4S、そしてK君の997カレラです。
(K君は、997カレラのデモカーを借りてきています・・・あの6月に、ジムカーナーで好成績を残した、あのデモカーの997カレラですから、ご記憶にある方もいらっしゃるかと思います・・・今年7月1日投稿分です)
f0056835_934304.jpg

この日は、浜松に宿泊しました。
f0056835_9345993.jpg

9月29日。
この日は、neoさんの誕生日でした。
お誕生日おめでとうございました!

ポルシェ・928GTSの次の日、あるいは、ポルシェ930ターボの前の日と、覚えておけば良いワケですから、次回からは完璧ですよ!

neoさんが、女性を泣かせるので、この日は朝から雨でした。
(ジョークですからね・笑)
f0056835_9352770.jpg

浜松でお会い出来なかった、ふみのすけさんに未練を残しつつ、僕等は 『うなぎの水野』 に行きました。
f0056835_9355124.jpg

水野に到着すると、偶然にも、ゆーじさん御一家と、もりもりさん御一家にお会いしました。

皆さま、楽しいひと時をありがとうございました!
(うな丼の写真は撮り忘れました)
f0056835_93623100.jpg

水野で、Yoshi兄さんとお別れしました。
Yoshi兄さん、今回も多々とありがとうございました!

そして、TさんとK君、そして僕の3台は、、 『トヨタ博物館』を見学しました。
f0056835_9364765.jpg

館内の展示車両を数枚。
(僕の思い出に満ちたクルマ中心ですが・・)
トヨタ7。
f0056835_9371529.jpg

アルファロメオ6C。
f0056835_9374248.jpg

日野ルノー4CV。
f0056835_941844.jpg

日産オースチンA50ケンブリッジ。
f0056835_9413520.jpg

今でも憧れの、3シーター(後部座席は横乗り)のフェアレディー1500(SP310型)。
f0056835_94282.jpg

そして、親友M君が真剣に購入を検討し始めた、幻の名車トヨタ2000GT。
(僕的にも運転したいので応援していますよ)
f0056835_9423698.jpg
f0056835_943070.jpg

そして、僕等3台は夜の名古屋に到着しました。
f0056835_9432580.jpg

K君の子供と戯れるTさん。
f0056835_9435844.jpg

名古屋でも、僕の興味は、やっぱり・・・。
f0056835_9442955.jpg
f0056835_9445436.jpg

名古屋の夜では、チョット問題発生しました。
某店に、夕食の予約を入れたにも関わらず、結局、1時間ほど待たされることに・・。

これが東京だったら、絶対に有り得ないことなのですが、ここは我慢しました。
その結果、後々に多くの方々に迷惑を掛けてしまうことになってしまうのですが・・・。

店先で、独自の教育方針を披露するK君。
(常に4G以上を与えるという・・簡素な教育方針なのですが・笑)
f0056835_9452914.jpg

そして、クマピョンさんが、お店まで遊びに来てくださいました。
クマピョンさんのゲレンデに乗せて頂き、ホテルに戻りました。

そして、ryooさん主催の夜会に参加させて頂いたのですが・・・。
その②に続きます。
(早急にアップする予定ではおりますが・・・・)

by seiuchi-porsche9 | 2007-10-02 09:46 | マイ・フレンズ