戦闘的に走れ!

seiuchi9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 28日

適当男のポルカ!・・・・そして適当に・お誘い!

またしても久々の更新になりました。
というワケで、またまた絵日記なのですが・・・。

突然ですが・・・。
その前にお誘いです!!!

間もなく、997ターボが納車される、大阪のガレさんと、3月8日(土曜日)に、大阪と東京の中間地点であろう・・・浜名湖あたりで・・・お昼を一緒に、楽しむことにしました。
f0056835_1349888.jpg

ガレさんも僕も、適当男なので、なにも決めてなんかはいないのですが・・・。
とりあえず、3月8日(土曜日)の昼頃に、浜名湖付近で、落ち合う約束だけはしました。

Neoさんとryoさんは、強制参加になると思いますが(笑)・・・。
ご一緒する方はいらっしゃいませんか???
よろしかったら、ご一緒にどうぞです!!!

ただし、このイベントは、ガレさんと僕の思いつきの、それこそ行き当たりバッタリな集まりですので・・・どんなドタバタ劇になることやらは?・・・神のみぞ知るです。

また、ガレさんの正式イベントとしての納車オフは、4月20日(日曜日)に滋賀方面にて、Kazuさんが開催してくださいますので、こちらをメインでお考えくださいませ!

そんなガレさんからの伝言です・・・。
『ガソリン価格高騰の折、、、
当ても無く走って慣らしをするよりも、
折角だから一年振りに東京の友人に会いに行こうかなァーー。
というのがソモソモです。
お時間ありましたらお付き合いください。』
・・・ということなのですが・・・。
ガレさんと僕だけの2人でも、大丈夫ですよね(笑)

★2月22日。
FSWに、行ってきました。
徹夜をして、一睡もせずに行きました。

いつもの如く・・・朝なので(笑)・・・K君を置き去りにして、FSWに行きました。

下の写真は奥のクルマから・・・。
drkato号(ケイマン)
ryo号(ボクスター)
neo号(ボクスター)
セイウチ号(ボクスター)
f0056835_12574971.jpg

ボクスター(デモカー)に乗り込むneoさん。
改めて、納車おめでとうございます!
f0056835_12584435.jpg

そんなneoさんに、ryoさんから素敵なステッカーのプレゼントがありました!
(僕的には、こんな偶然性の写真が好みなのですが、車内のペットボトルは見落としてしまいました・笑)
f0056835_1259888.jpg

とりあえず、この4人で本コースを走ったのですが・・・。
僕のボクスターは、僅か1周で、こんな警告灯が点灯し続けてしまいました。
f0056835_12594177.jpg

その後、ブレーキに負担をかけないように注意して、数周だけ走りました。
ピットからメカに電話を入れたら、高速からのフルブレーキング以外はOKとのことでしたが、お借りしたクルマなので、大事をとって見学することにしました。
f0056835_130948.jpg
f0056835_1303129.jpg
f0056835_1305697.jpg

その後、MokuさんとTさんが、やって参りました。
(画像はMokuさんより拝借)
f0056835_14175850.jpg

そして、朝が全く弱いK君も、やって参りました。
(画像はMokuさんより拝借)
f0056835_14183037.jpg

K君のGT-Rは・・・日本一過酷な使用条件を目指しているワケなので・・・。
このメンバーで・・・。
本コースでの・・・。
GT-R試乗会が・・・行われたのは言うまでもありません(笑)
(画像はMokuさんより拝借)
f0056835_14185915.jpg

そして午後から、僕はショートコースを走りました。

ショートコースを、初めて走ったのですが・・・。
かなり体力がいるコースなんですね!

初めてなので、Tさんのスイフトにライン取りを教えて頂きました。
(画像はMokuさんより拝借)
f0056835_14192615.jpg
f0056835_1419567.jpg

Tさんのスイフトといえば・・・・。
この日、ryoさんと僕は、Tさんのスイフトを試乗させて頂きました。

Yoshiさんに譲ってしまった、僕のゴルフⅢGTIと、勝負をする約束が果たせなかった、Tさんのスイフトを試乗させて頂きました。

感想は・・・・。
『やっぱり、Yoshiさん返してくださいませんか!』
・・・・と未練がタラタラと湧いてきました(笑)

そして、スイフトの試乗をして、ハッキリと判ったことがありました。
ryoさんって・・・。
ホントは・・・。
僕のことを・・・。
愛しているみたいで・・・。
ナビシートに座る・・・・。
僕の方ばかり・・・。
見て運転していました・・・。

そんな僕は・・・。
そっ~と・・・。
ryoさんの・・・。
股間に・・・。
右手を・・・。
差し伸べたのは・・・。
言うまでもありません・・・(笑)
f0056835_1344782.jpg

この日の僕は・・・。
本コース1本&ショートコース3本という、こんな楽しい一日を過ごしたワケですが。

この日のK君は・・。
本コース3本&ショートコース2本という、とてもハードな一日だったようです。

そしてGT-Rといえば・・・。
ここのショートコースでの登りでも・・・何するものぞ!・・・といった感じで駆け抜けて行き・・・とても運転し易いと感じる共に・・・これでいいのか?・・・と思う気持ちも・・・少なからず感じてしまったのでした。
(僕はGT-Rでショートサーキットを2回走りましたが、1回目は感激、そして2回目には、そんな印象を抱いてしまいました)
f0056835_14203534.jpg

この日のGT-Rは、本コースを3本、ショートコースを3本という、使い方をしました。
この日で更に、目指すものに、かなり貢献したのではないかと思っています。

チョットだけ乗って、早々に手放すという、当初の計画とは大きく違って来てしまったので・・・。
過走行(8000キロに届きました)と引き換えに、実体験GT-R実験車という名誉ある称号を手に入れようと、K君は思っているようです。

そして・・。
今の・・・。
一番の興味の矛先は・・・・。
なんと全塗装・・・・。
ということになっています。
f0056835_1361344.jpg

この日に、ご一緒してくださった皆さま、楽しい一日をありがとうございました。

★2月23日。
この日の僕の睡眠時間は、4時間ほどでした。

そして、連日のFSWとなりました。

この年度末が近付いている、今のこの時期に・・・。
昼間遊ぼうとすると、夜は寝ないで仕事しないとイケナイ状態なので・・・。
遊ぶのってホント体力が要りますね!

この日は、Mokuさんにお誘いして頂き・・。
『ユイレーシングスクールのオーバルレッスン』 に参加しました。

今回の参加者は、Mokuさん、サトーさn、Tさん、wataruさん、そして僕でした。

そして、シルバーのケイマンSのオーナーさんから、声をかけて頂きました。
『セイウチさんですね!』
Mokuさんのブログの呼びかけで、今回参加していらっしゃったFさんでした。

『精打ですが、よくお判りになりましたね?』
と初対面の僕を判り易く・・・お答えしたつもりだったのですが・・・発音が同じなので・・・この点は通じなかったようで、チョットばかり後悔しています。

僕は、この日もデモカー987(2.7)で参加したのですが、それには少なからず理由がありました。

今回で、このFSWで行われるオーバルレッスンに参加するのは、3回目になりました。
1回目は、以前に乗っていた987S(3.2)でしたが、走ることに夢中で、正直な感想としては、何がなんだか判らなかったという感じがしています。

2回目は、今も乗っている996初期型GT3でした。
このクルマには、8年も乗っているので、ここのオーバルレッスンで教えて頂くことを、いざ実践しようとしても、何となく判る範囲が、長く乗っている分だけ、広がっているように感じました。

GT3での参加は、タイムも、そこそこに出て楽しめたのですが、この996初期型GT3で、ここに参加すると、目指すものがタイムだけという感じがして、本来、僕が望んでいる、クルマの持つ楽しさ!とは、少なからず違う印象を抱いてしまっていました。
(そうは言っても、タイムも気になるのは事実ですから、いつの日にか、このGT3で参加して、自己ベスト更新に挑戦してみたいという気持ちも強いです)

前日のFSWで、K君が987(2.7)で本コースを走って、『GT-Rとは違う操る楽しさがある!』 と言っていたのですが・・・。
仕事の忙しい、この時期には、タイム更新を目指すよりも、運転を楽しみたいなーと思う気持ちが強く湧いてしまい、今回は987(MT)で参加させて頂きました。

そして・・。
今回の・・。
その感想はというと、想像通り、想像以上の楽しいものでした。

コーナーに突入して行くと、鼻先が気持ちよく、行きたい方向を向いてくれます。
つまりオーバースピード気味に突入しても、それほど挙動は変化しないで、持ち耐えてくれます。

僕は、それを楽しんでしまいました!

でも、この走りは、本来、ここのスクールで教えてくださる走り方とは、かけ離れている走り方になっています。

僕の、この日の走り方だと、ブレーキを踏みながらコーナーに突入してから、その後は・・・ガスペダルも踏めず、ブレーキペダルも踏めず、ただ・ただ・ただ、何も出来ずで、自然と車速が落ちて行くのを、傍観している区間が、コーナーの3分の2以上もあります。

それから、ガスペダルを徐々に開けて、加速して行くのですが・・・。
これだと、やっぱりタイムは出ないハズです。

立ち上がりの加速だけは、車重が極端に軽いか、リアタイヤに絶大なるトラクションが伝わるRRか、排気量が大きいほうが有利なハズですから、この有利さだけは、987(2.7)には残念ながら備わってはいません。

でも、よくよく考えてみれば、このオーバルコースは、直線が66メーターしかないワケで、この立ち上がりの加速が2回だけの、このコースで、1秒近いタイム差が出るとは思えない気もします。

僕の中では、やっぱりコーナーでの平均速度を上げることが、タイムの向上に結び付くと思っているので、今回の走り方は、大きく反省していると共に、今後の課題にしたいと感じています。

画像はMokuさんからの拝借ですが・・・。
どう見ても・・・。
僕の走り方では、右前過重に成り過ぎていますね。
f0056835_14211296.jpg

Mokuさんは、自己ベストを更新していました。
f0056835_1374892.jpg

初めて参加のwataruさん。
f0056835_1382026.jpg

研究熱心なTさん。
f0056835_1385334.jpg

初めてお会いしたFさん。
f0056835_1392149.jpg

そしてオーバルの貴公子Sさんと皆さま。
f0056835_1395140.jpg

おまけは、見学に来てくれた、じゅんいち君。
f0056835_1421404.jpg

こうして半日レッスンを受けさせて頂いたのですが・・・。
レッスン中に・・・。
987にチョットしたアクシデントが発生してしまいました。

開けていた幌が、閉まらなくなってしまったのです。
何度もトライしたのですが、やっぱり閉まらずで、最終的にはチカラづくで(笑)、この状態までしました。
f0056835_13112493.jpg

これで不自由でなくなったような気もするでしょうが・・・。
この状態だと・・・。
ボクスターに御乗りの方には、判ると思うのですが、左右のサイドウィンドウが閉まりません。

こんなふーに・・・。
サイドウィンドウは、中途半端に開いたままでしか走れません。
(画像はwataruさんより借用)
f0056835_1422183.jpg

こんな表示をしているワケですから、サイドウィンドウは閉まらないワケです。
f0056835_13134957.jpg

面白いな~あと思ったのは、このソフトトップの表示が点灯されると、今まで点灯していた、ブレーキパッドの警告灯は消えてしまうことでした。
危険を示す優先順位が、ソフトトップのほうが上ということのようです。
(パッド警告灯は、合間を伺うように時たま点灯はします)
f0056835_1314255.jpg

そして、もっと面白いことにも気づきました。
それは、ガソリンがなくなって来ると、こちらのガソリン残量警告灯は、パッド残量警告灯よりも、頻繁に登場してくるということです。
f0056835_1315413.jpg

僕は、FSWからの帰り道は、ソフトトップ警告灯→ガソリン残量警告灯→ソフトトップ警告灯→パッド残量警告灯→ソフトトップ警告灯→ガソリン残量警告灯→パッド残量警告灯・・・というように、まるでパチンコ台がフィバーした時のように、目まぐるしく入れ替わって点灯する警告灯を眺めながら、走ってきたワケです。

そのうえ、左右のサイドウィンドウからの風の巻き込みは、もの凄いワケです。
そして東京に近付くと、なんと雨が降っていました!
幌があるのに、幌を何故閉じないの?
周囲のクルマの中では・・・きっと・・・こんな会話がされていたハズです。

こんな状況で運転することを・・・苦痛か?・・・楽しいか?・・・と聞かれれば・・・僕は楽しいと答えてしまうワケですが・・・やっぱり・・・僕は・・・おバカなのでしょうか???

この日、ご一緒してくださった皆さま、楽しいひと時をありがとうございました。

★2月24日。
この日は徹夜をしたので、睡眠時間はゼロでした。
そんな朝に、ふみのすけさんから、お電話を頂きました。

そんな、お誘いにメッポウ弱い僕は、嬉しくなって出向いてしまいました。
お伺いした場所は、所ジョージさんの故郷である、埼玉県の所沢市でした。
初めてお会いした、ナオシさんの993RSと、wataruさんの987。
(ふみのすけさんは、ナオシさんのナビシートでいらっしゃいました)
f0056835_13154214.jpg

この日の皆さまは、こんなクルマを見にいらっしゃいました。
f0056835_13162028.jpg

そして、僕はといえば・・・。
初めて、お会いしたナオシさんの993RSを運転させて頂きました。
f0056835_13165335.jpg

993RSは、95年8月から、99年3月までを共にしたクルマなので、今でも思い入れが多いクルマの1台です。

ナオシさんの993RSは、DENさんと同じクラブスポーツ仕様で、スパルタンに憧れる今の僕には、とても刺激的なクルマでありました。
高値安定している993RSですが・・・やっぱり・・・最終的には・・・もう一度と・・・・今回も・・・思ってしまったのでした!

快くステアリングを握らせてくださったナオシさん、どうもありがとうございました。
ふみのすけさん、次回にいらっしゃる時には、もっとゆっくりしていってくださいね。
wataruさん、この日もありがとうございました。

22日~24日までの3日間は、こんな楽しいクルマとの戯れをさせて頂きました。

他の日は、仕事していたワケですが・・・。
息抜きした数時間だけの日記も付け加えさせて頂きます。

★2月某日
ヴァンキッシュSに乗っている、英国車好きのM君が、仕事の邪魔をしに来ました(笑)
f0056835_13203749.jpg

時計好きのM君なのですが・・・・。
f0056835_13211120.jpg

ミッキー!恐るべしで、これも機械式なんですね・・・。
f0056835_13214232.jpg

★2月某日
つかの間のお遊びに・・・。
f0056835_13221854.jpg

★2月某日
アートスポーツの田●ちゃんから・・・クルマ見に遊びに来ませんか・・・とお誘いをして頂いたのですが・・・僕は仕事の鬼に徹していました。
そんな田●ちゃんから・・・写真が送られて来ました。
f0056835_13225591.jpg
f0056835_13232436.jpg
f0056835_1324167.jpg
f0056835_13243229.jpg

997GT2、そして・・・・。
f0056835_13252111.jpg

ご興味がある方は、アートスポーツ田●ちゃんまで是非どうぞです。
★2月某日
ゆーじさんに教えて頂いた・・・。
『チミの適正職業』で遊んでみました。

僕の本名で試してみれば・・・。
なんか、全くツブシが効かない4カードでした。
(学生の頃、チョットばかりバイトをしていたのは内緒です・笑)
f0056835_1327420.jpg

年を重ねて来た・・今の僕は・・・ホントは・・・こんな感じなのではないでしょうか・・。
f0056835_13283230.jpg

いえいえ・・・。
皆さまの目には・・・こんなふ~に映っていますよね・・・。
f0056835_1329454.jpg

そんなワケで、もう暫くは、お仕事漬けで頑張ってみようと思っています。
とは言っても・・・。
いつもながらの・・・。
適当男なんですがね・・・。

by seiuchi-porsche9 | 2008-02-28 14:32 | ウォラス walrus
2008年 02月 16日

カップカー★993GT2★964RS★997ターボ★GTーR★ゴルフGTI★彼女のカレラ

2週間ぶりの投稿になってしまいましたが・・・。
お陰さまで・・・。
仕事&遊びと充実した日々を過ごしてはいました。
今回は、その間の絵日記です。

★2月2日★
フジスピードウェイ(FSW)に行って参りました。
f0056835_2175048.jpg

130台ほどの参加台数とのことでした。
f0056835_2173846.jpg
f0056835_218181.jpg
f0056835_2182658.jpg

オラフ・マンタイ氏の700馬力のモンスターマシーン「M700」。
f0056835_2185760.jpg

GT-Rも、4台ほど参加していました。

そして、そのうちの1台のGTーRは、3月7日発売の 『911DAYS』 の企画として、「ポルシェ911ターボ vs ニッサンGT-R」の取材が行われていました。
吉田匠氏と、中谷明彦氏による掲載記事を楽しみにしています。
f0056835_2193098.jpg

(対戦)取材用に持ち込まれていた、ポルシェジャパンの広報車997ターボMTは・・・。
おニューで・・・。
997ターボ・カプリオレのイメージカラーでもある、マカダミアメタリックでした。
f0056835_2110066.jpg

K君もGT-Rで参加していました。
f0056835_21102443.jpg

いつもながら・・・。
K君のサーキット走行練習は、某現役レーシングドライバー様から、個人レッスンを受けるという方法なので、特別に2名乗車です。
(午前中3時間レッスンを受けていたので、僕が借りる時間がなくて少々残念でしたが)
f0056835_21105490.jpg

この日は、このように「ポルシェクラブ・オブ・ジャパン」主催によるエキピジョンレースも開催されました。
f0056835_21112433.jpg

因みに、今回のイベントは、某ショップさんと「ポルシェクラブ」が共同主催なのですが、「ポルシェクラブ」と、「ポルシェクラブ・オブ・ジャパン」では、名前こそ似ていますが、それぞれが違う団体になります。

エキピジョンレース前のピットに、お邪魔させて頂きました。
f0056835_21115917.jpg
f0056835_21122067.jpg
f0056835_21124258.jpg

塗装も新たに・・・TAISAN号。
f0056835_21131297.jpg

ポルシェAGにて特注された、AG公認モービルステッカー。
(個人的に憧れがあります)
f0056835_21142664.jpg

ステッカーといえば、こちらも。
f0056835_2114503.jpg

993GT2はS選手号。
エキピジョンレースでは4位(空冷最上位)。
f0056835_21153439.jpg

ベースは993GT2ストリート。
エアコン完備にオーディオ完備。
今でも52秒台を叩き出せるのですから、Neoさんも1台どうですか(笑)
f0056835_2116286.jpg

そしてスタート風景。
f0056835_2116366.jpg

手前は、エキピジョンレースで1位になったI選手号とI選手(左端)。
f0056835_21172151.jpg

エキピジョンレースの動画はこちらへどうぞ。
(ブログに初めて動画をアップ出来ました。自分で自分を褒めてあげたい・笑)

★2月3日~4日★
大阪の親友、Nさん&Oさんが遊びに来てくださいました。
(沢山のお土産ありがとうございました)
f0056835_21182771.jpg

2月3日の東京は雪でした。
f0056835_2119666.jpg

大阪から、964RSで自走して来る予定だったのですが、予期せぬ雪のために、ローダー&新幹線利用で来てくださいました。
(東名が一部の区間で閉鎖されていました)
f0056835_21195067.jpg

ルビーストーンレッドの964RSと、リビエラブルーの996GT3を、こんなふ~に並べてみました。
なんとも鮮やかでしょ!
f0056835_21203290.jpg
f0056835_21205730.jpg

ウェアーも同色系で撮影です。
(顔隠しのステッカーも自ら持参して来ました)
f0056835_2121329.jpg

オモチャみたいに見えませんかね?
f0056835_21215897.jpg

Nさん&Oさん&Mさん、楽しい思い出をありがとうございました!
f0056835_21222021.jpg

★2月9日★
鯱の国から、すぱちち兄さんが遊びにやって参りました。
f0056835_21232412.jpg

そして、ビラカシして頂いた素敵なブーケ!
f0056835_21234861.jpg

そして、この日も夕方から雪でした。
(雪のため、すぱちち兄さんお付き合い出来ずで失礼しました)
f0056835_21241394.jpg

★2月某日★
どこか見覚えのある997ターボに出会いました。
f0056835_21243780.jpg

ここに、かのハヤト様が、お座りになっていたのだな~あと、エンジンなどを掛けてみました。
f0056835_2125977.jpg

Melodyさんを恋しく思い出しながら、隣にあったG55にも座ってみました。
f0056835_21254479.jpg

そして、こちらはG55・ARTスタイリング。
f0056835_212699.jpg

★2月某日★
某ポルシェセンター営業様を、GT-R試乗にお招きしました。
f0056835_2127030.jpg

そうそうGT-Rといえば、3000キロ走行でタイヤは終わっていました。
f0056835_21273233.jpg

ランフラットタイヤという特性を信じきって、寿命を延ばすことに挑戦していました。

そして、5000キロ点検時に、某日産ディラー様から頂いた整備見積書が、こちらです。
f0056835_21283354.jpg

今や、某日産ディラー様からも、実体験GT-R実験車と太鼓判を押されている、オーナー体験初めてづくしの、このGT-Rなのですが・・・。
なんと、提出された見積もり総額は・・・。
維持費は高いと聞いてはいても、やっぱり驚いてしまう、この総額でした。
f0056835_21285835.jpg

全輪のパッド&ローター交換、ATFオイル交換、そして4輪タイヤ交換などの総額で、この金額になるので、タイヤ交換代を差し引けば、70万円台にはなります。

早い話が、ディラーさんから、事前にお聞きしていた(購入前に)、車検時に掛かるであろう整備費用を、僅か1ヶ月半の走行で、使ってしまうことになるようです。

考えてみれば、サーキットで、300キロ前後は走っているワケで、一般的な使用方法ではありません。
997ターボよりも、車重が300キロ近く重いGT-Rが、997ターボ(PCCB付きでも)と、甲乙付け難いブレーキ性能を発揮するワケですから、GT-Rのブレーキに対する負担は、その代償として相当なものなハズです。

一般的な乗り方をしていれば、タイヤの寿命も延びるし、パッドも減らないし、ローターにもヒビ割れも発生しないと思うので、GT-Rの維持費が、極端に高額なのではないカモしれません。

ただ、誰がステアリングを握ったとしても・・。
GT-Rの持つ性能を発揮することは、一般的なクルマのステリングを握った時よりも、容易であるとは思うので、R35・GT-Rを、それなりに楽しんでしまうと、その維持費は、その楽しみと比例して上昇して行くことになるのは、間違いがないことでしょう。
f0056835_21293877.jpg

それと、GT-Rに関して面白いことを発見しました。
偶然の結果なのですが(取説を読まないので)、携帯電話をつないでみたところ、自動送信されたようで・・・。
液晶画面に・・・。
「1月の平均燃費は4.1キロで、全国177位のブロンズ。シルバーにランク上げするには、平均燃費が6.1キロ必要。」

要約すると、こんな内容のメッセージが表示されました。
1月の平均燃費のデーターということは、12月中に登録されたGT-Rだけが対象ということのようです。
(燃費の良い順に、プラチナ→シルバー→ブロンズ)

発売開始は12月の初旬でしたが、果たして12月にGT-Rは何台登録されているのでしょうか。
いずれにせよ、1月はサーキット走行を1時間しかしていないので、2月のランキングでは、更なるワースト記録を樹立することになるハズです。
(というのは、サーキットでの燃費は1キロ代まで落ちていますから)

というワケで・・・。
★2月某日★
K君を迎えに行った銀座で、こんな状況に・・・。
f0056835_21302033.jpg

ガス欠をさせたのは僕なのですが、オンボードコンピュターの表示が明らかに狂っていて、これは交換修理ということになりました(なんせテスト車状況ですので)。
f0056835_21305160.jpg

いずれにせよ、最近の僕等の運転だと、71リッター・タンクにガソリンを、こうして満タンにしても・・・。
f0056835_21312719.jpg

オンボードコンピューターが示す、走行可能距離は265キロなので、燃費は最悪の方向に向かっていることには、間違いがないようです。
f0056835_21315523.jpg

GT-Rを、それなりに楽しんで乗ってしまうと、それなりのメンテナンスは、必要不可欠なことは明らかなようなので、「GT-Rマイスター」と呼ばれる専門メカニックが配置された、そりなりに大きな規模のGT-R専用ファクトリーが備わっている、日産ディーラーで購入しないと、後々のメンテナンスに要する時間が、大幅に違うのではないかと感じています。
(因みに初回点検では、フロントバンバーを外して、ラジエーターを増し締めするという大がかりな作業をしていました)

今のところ、細かなトラブルは少なからず発生しているのですが、その対応も完璧に近く、何も不満を抱くことはないと、K君も言っています。
このへんの対応は、各販売店によっても違うと思うのですが、このGT-Rの購入先ディーラーの対応は完璧だと、僕も感じています。

間もなく7000キロ走行になることもあって、市販されたGT-Rの中では一番の過走行のようで・・。
今後の対応を示唆した、デモカー的な役割を、このGT-Rが、果たしているような感じもしないのではないので・・。
日本一の過走行と引き換えに、何でも素早く無償で対応してくれる恩恵に授かっているのではないかとも思っています。

そして色々と調べて判り始めたことは・・・。
GT-R専用のBSのランフラットタイヤは、購入先の日産ディーラーでは、他のBS商品のタイヤとは違って、BSからの直接仕入れは出来なく(日産ディーラーには直販しないという意味)、親会社からの仕入れ方法しかないということでした(つまりタイヤも品番のある純正パーツ扱い)。

それならば、新たにルートを開発してみたくなるワケで、果たして世間で大騒ぎするほど、R35・GT-Rのランフラットタイヤの交換は大変なのだろうか?・・・という実験をしてみることにしました。

★2月某日★
先ずは、実験の対象としてフロント側2本を取り換えてみることにしました。
f0056835_21324615.jpg

ポテンザRE070Aのサイドウォールの厚みは、厚いところでは3センチ近くあります。
f0056835_21331890.jpg

6000キロ走行のタイヤ。
f0056835_21335248.jpg

おニューのタイヤ。
f0056835_21342111.jpg

とりあえずホイール&タイヤを外してみると、パッドの残量は3分の1ほどになっていました。
f0056835_21345874.jpg

そして、タイヤをホイールから外すことに挑戦してみました。その結果、この方法ではサイドウォールが硬すぎてビクともしませんでした。
f0056835_21352184.jpg

そして、こちらの方法で試すことにしました。
f0056835_21354778.jpg

なんせ、20インチのランフラットタイヤの作業は初めてみたいなので、ギャラリーのほうが多いです。
f0056835_2136831.jpg

そして根気よく作業を続けて頂いていると・・・。
f0056835_2138292.jpg

なんと外れてしまいました。
f0056835_21385822.jpg
f0056835_21391972.jpg

コツを掴めば、さすがプロで2本目は、簡単に外してしまいました。

タイヤの空気圧センサーって、覗いてみれば、こんな小さな簡単な仕組みなのですね。
(写真がイマイチですが、青いパーツがそうです。電池式ですので要電池交換パーツでもあります。)
f0056835_21395521.jpg

そして、おニューのタイヤの組み込みに挑戦です。
ヌルヌルさせるのは、何かと同じかと(笑)
f0056835_21403060.jpg

そして・・。
f0056835_21405980.jpg

こうして・・・
f0056835_2141281.jpg

・・入りました。
f0056835_21415158.jpg

あくまでも実験なので、バランスも日産推薦のレザー方式を無視して、一般的な方法で行っています。
f0056835_21422798.jpg

そしてGT-Rに装着して完成です。
f0056835_21425564.jpg

今回のタイヤ交換の作業は、BONDさんで行って頂きましたが・・・。

タイヤを切って外す必要もなかったし、特殊工具がなくても出来たし、ホイールが歪むこともなかったし・・・。
つまり、ディーラーさんでないと、交換出来ないという噂を、打ち消すことは出来ました。

このタイヤ交換に関しては、GTーRのパイプカッターと同じように、チョットばかり大げさに語られていたみたいですね。
f0056835_21432834.jpg

この結果、GTーRのタイヤ交換のコストは、当初の予定よりも大幅に削減できることになりました。

★2月15日★
ゴルフⅢGTIに乗って、名古屋に行ってきました。
6時過ぎに出発して、9時には到着出来たので、とても快適なドライブでした。
f0056835_2144433.jpg

予定より早く到着してしまったので、とあるクルマ屋さんの見学に連れていって頂きました。

Yoshi兄さんと、大好きなシトロエン。
f0056835_21443167.jpg
f0056835_21444883.jpg
f0056835_2145124.jpg

このクルマは、こうして眺めてみれば、大きかったのですね!
クワトロポルテの変形バージョンと思えば、大きさも納得ですが・・。
(奥はロールスロイス・クラウドⅢなのですが、その大きさを感じさせません。そして328GTBが、とても小さく見えます。)
f0056835_22423557.jpg

そして、これをご馳走になり・・・。
f0056835_2146414.jpg

さらに、これもご馳走になり・・・。
f0056835_21462756.jpg

13時過ぎの新幹線に乗って帰って来ました。
f0056835_2147129.jpg

行きに乗っていた・・・僕のゴルフⅢGTIはどうなった?・・・のかというと。
こんなふ~に・・・Yoshi兄さん・・・のクルマになりました。
(Yoshi兄さんがMTを運転するのを初めて見ました・笑)
f0056835_21472555.jpg

東名高速を名古屋に向かうゴルフⅢGTIの車中で、僕は、ず~っと考えていました。

何を考えていたかというと・・・このまま戻ってしまおうか!・・・とです。

(妄想の世界ですが)
2速100キロ、3速150キロ、4速180キロ、5速215キロまで、ゴルフⅢGTIは気持ち良く吹きあがって駆け抜けて行きます。

3速、4速、5速を小まめに使い分けて走る楽しさを、独り占めしたくなってしまい、僕は帰りたくなっていました。

BILSTEINのBTSキットで、硬められた足は、中高速コーナーを安定して駆け抜けていきます。
だから・・・やっぱり・・・僕は帰りたくなっていました。
f0056835_21481462.jpg

小まめにシフトアップして、高回転を保って走ると、REMUSのチタンマフラーが、これでもかというほど、室内にも鳴り響いて来ます。
だから・・・やっぱり・・・僕は帰りたくなっていました。
f0056835_21485275.jpg

左MTを探していたYoshi兄さんとの約束は忘れてしまって・・・やっぱり・・・僕は帰りたくなっていました。

でも、Yoshi兄さんだって、同じ気持ちだったのに違いないのです。
f0056835_22502534.jpg

育ててくださった御恩は忘れません!
f0056835_2151166.jpg

そして、僕には、右ATだけれど・・。
まだゴルフがあります。
f0056835_21513791.jpg

そんなワケで、横浜撮影教室に行った、あのゴルフⅢGTIは・・・。
手放す時には、必ず教えてくださいね・・・という僕との約束のもとで、Yoshi兄さんの手元に行きました。
f0056835_21522440.jpg

★そして最後に★
(ご紹介するのが遅れてしまいましたが・・。)
彼女のカレラ・8巻が1月18日に販売されています。
f0056835_21531322.jpg

個人的には・・。
岬 愛華(みさき・あいか)さんは、借り受けているのではなく・・・。
このまま乗り続けていて欲しいと願っているのであります・・・。
f0056835_21534782.jpg

(Happy監督に戴いたナンバープレート)

by seiuchi-porsche9 | 2008-02-16 21:58 | マイ・フレンズ
2008年 02月 01日

叙情的に過ぎた時間と不確定な未来へのレクイエム!

いつの間にか、時間だけが過ぎ去って行き・・・。
いつの間にか、2月になってしまいました・・・。

そんな僕は、この2週間あまりの期間を・・・。
何をしていたかというと・・・。
殆ど仕事をしていたワケで・・・。
遅ればせながら絵日記です。

横浜撮影教室の、夕食会に、参加させて頂きました。
f0056835_9242817.jpg

しかし、この日も寒かったです!
f0056835_925484.jpg

乱入してしまったのですが・・・。
暖かく迎えてくださった皆さま。
どうもありがとうございました!
f0056835_9263920.jpg

その後の僕は・・・。
柄にもなく真面目に・・・。
仕事をしていたワケですが・・・。

夜中に、K君の会社に行き、仕事を手伝って貰ったりと・・・。
いつもの如く・・・。
依頼心も旺盛だったのでした。
f0056835_9291126.jpg

そういえば・・・。
K君のGT-Rのタイヤが・・・。
3000キロ走行で・・・。
寿命を迎えてしまいました。
f0056835_9304093.jpg

納車前から・・・。
覚悟していたとはいえ・・・。
いくら何でも3000キロとは・・・。

このクルマの魔法の一部分は・・・。
タイヤの謎でも有るのだと・・・。
やっぱり・・・。
思わざるを得ない・・・。
コンパウンドの柔らかさを・・・。
思い知ったのでした。

走り方に問題があるのは・・・。
判ってはいても・・・。
他のクルマの走り方と・・・。
同じともいえるので・・・。
せめて・・・。
5000キロは持って欲しいと・・・。
思ってしまったのでした・・・。

そんなKちゃんも・・・。
忙しそうで・・・。
そんな・・・。
僕も忙しくて・・・。

親友M君に・・・。
僕は・・・。
アッシーを頼んでばかりいました。
3日続けてのアッシー・・・。
どうもありがとうございました。

そんなM君が・・・。
こんな・・・。
思い切った買い物を・・・。
・・・していました。
f0056835_9332451.jpg

来年になると・・・。
実車が・・・。
納車される・・・。
M君なのですが・・・。

とりあえず・・・。
実車と同じ・・・。
500台限定生産の・・・。
モデルカーを手に入れたようです。

アルファ ロメオ 8C の1/18 のモデルカーには・・・。
Welly製のモノも・・・。
存在するのですが・・・。

これは・・・。
MR COLLECTIONS MODELS のモノで・・・。
Alfa Romeo 8C Competizione 1/18 MR COLLECTIONS MODELS
・・・になります。

モデルカー大好き人間の・・・。
僕なのですが・・・。
ハンドメイドとはいえ・・・。
あまりにも手が届かない・・・。
85000円也だそうです・・・。

因みに・・・。
M君に納車される・・・。
アルファ ロメオ 8Cは・・・。
このモデルカーと・・・。
全く同じ仕様です。
f0056835_9361395.jpg

こんなふーに・・・。
仕事に没頭していてはいても・・・。
いつも・・・。
友達が傍に居てくれる・・・。
ということは・・・。
本当に・・・。
嬉しいことだと思っています。

この二人には・・・。
日頃から・・いつも感謝しなければ・・・。
と思う・・・。
今日この頃なのでした・・・。

感謝といえば・・・。
日帰りで・・・。
名古屋に行きました。

そして・・・。
C6を貸して頂きました。
あの・お方には・・・。
本当に・・・。
いつも・・・感謝なのです!
f0056835_9393665.jpg

それにしても・・・。
意外にも・・・。
空いている・・・。
場所なのですね!
(美しき親娘愛を演じてきました)
f0056835_9401062.jpg

さらに僕は・・・。
ブログの皆さまと・・・。
電話で・・・。
お話しさせて頂いたりと・・・。
本当に・・・。
毎日に・・・感謝です!

そんな僕は・・・。
お陰さまで・・・。
さる1月30日で・・・。
ブログを始めてから・・・。
丸2年が経過しました。

思い返せば・・。
最初の投稿は・・・。
『スタートはワーゲン・ポルシェ914!』で・・・。
僕の・・・。
914への思い入れが現れていたようです。

そして、1年前の投稿は・・・。
『横浜夜景オフ!そして名古屋へと放浪する!』で・・・。
今でも、横浜撮影教室に通っている僕なのですが・・・。
1年前の写真のほうが・・・。
真面目さが残っているだけ・・・。
まともな写真のような・・・。
気もしています・・・。

初心を忘れず!
・・・・という意味も込めて・・・。
914について、書いてみようと思います。

僕のワーゲン・ポルシェ914は・・・。
最終型の76年式になるのですが・・・。
これが、当時の保証書です。
f0056835_9454060.jpg

5000キロまでの、3回に要した工賃は・・・。
総て無料というのは、今でも見習って欲しいことですが・・・。
クレーム保証が、6ヶ月または、1万キロというのが・・・。
時代を感じさせていますね。

ただ整備に関しては・・・。
サービス課フロントにお申し付けください・・・とハッキリ書いてあるのが・・・今でも、的を得ているように思えます。
f0056835_949896.jpg

そして・・・。
オリジナルの鍵は、こんな感じです。
f0056835_9495190.jpg

キーヘッドが、赤い鍵と、キーヘッドが、黒い鍵の2種類があります。

こうした2種類の鍵があるのは・・・。
チョットばかり古い人にとっては・・・。
懐かしいことでしょう・・・。

キーヘッドが赤い鍵が、使用可能なのは・・・。
左右のドアーのロックと・・・。
f0056835_9533450.jpg

そして・・・。
イグニッション・スイッチの2箇所だけでになります。
f0056835_9541959.jpg

そして・・・。
キーヘッドが黒い鍵は・・・。
左右のドアーのロックと、イグニッション・スイッチの2箇所に加えて・・・。
助手席側にある、グローブボックスと・・・。
f0056835_9561231.jpg

リアトランクと・・・。
f0056835_9564216.jpg

そして・・・。
914はミッドシップなので・・・。
フロント・トランク用のロックもあります。
(フロントのボンネットを開ける時に、ダッシュボードの下にある、引っ張るアレです)
f0056835_9581632.jpg

このノブを、黒ヘッドのキーで、ロックすれば・・・。
引っ張ることが出来なくなります。
f0056835_9595423.jpg

リモコンキーが、全盛の今の時代では・・・。
とても懐かしい仕組みになってしまいましたが・・・。

ホテルのフロント等で、クルマごと預ける時や・・・。
第三者に、クルマを貸すような場合には・・・。
キーヘッドが赤い鍵を渡せば・・・。
貴重品やプライバシーを守れるので・・・。

僕は・・・。
昔ながらの・・・。
この2種類の鍵を使い分けが出来る・・・。
こういう仕組みの・・・。
クルマが大好きです。
(まあ、その分、盗難防止装置とは相反する仕組みでもありますが)

昔のメルセデスの鍵は・・・。
ポルシェのように・・・。
キーヘッドの色ではなく・・・。
キーヘッドの形状の違いで・・・。
2種類の鍵を使い分けしていました。

そして・・・。
紛失してしまった時の・・・。
心の支えの鍵・・・フラットキーを含めて・・・3種類の鍵があったというワケです。
(その後のメルセデスは、フラットキーが標準装備されてはいても、フラットキーではエンジンが始動出来ないという摩訶不思議な展開になり、心の支えの鍵ではなくなってしまいましたが)
f0056835_1035733.jpg

僕の914は・・・。
フラットキーが、標準化されていない時代のクルマなのですが・・・。
こんな商品も発売されているので、僕は利用しています。
f0056835_1051396.jpg

いずれにせよ・・・。
たかがキーなのですが・・・。
されどキーでもあるので・・・。
備えよ常に!
・・・では有りそうですね・・・。

ドイツ車って・・・。
凄いな~あと思うことがあります。

僕の914は、76年式なのですが・・。
シャシーナンバーを、ポルシェAGに伝えるだけで・・・。
赤いヘッドのキーでも・・・。
黒いヘッドのキーでも・・・。
僕の914の・・・。
各所のシリンダーに合わせた・・・。
削られた完成品の鍵として・・・。
受注してくれます。

30年以上も前の914の鍵が・・・。
遠く離れたドイツという国から・・・。
削られた完成品の鍵として・・・。

僕の為にだけで・・・。

手元に届いた瞬間に・・・。
なんとも言えない・・・。
幸せな気分になってしまいます。

そして・・・。
僕のメルセデスは・・・。
93年型のワゴン(S124)です。

去年・・・。
ドライバー側のドアーのシリンダーが壊れて・・・。
その次に・・・。
イグニッション用のシリンダーが壊れました。

こういう不具合が起きてしまうと・・・。
多くの旧車の場合は・・・。
左右のドアーの鍵が違ってしまったり・・・。
イグニッション・キーも新たに成ってしまったりと・・・。

何種類もの鍵を・・・。
持たなければイケナイ状況に成ってしまうのが常なのですが・・・。
メルセデスは・・・。
鍵に合わせたシリンダーを・・・。
ドイツより送ってくれました。

これも・・・。
僕の為だけなので・・・。
なんとも至福のひと時でした。

僕にとって・・・。
味のある旧車という意味では・・・。
仏車と英国車と伊太車・・・。
・・・ということになるのですが・・・。

こういった部分では・・・。
凄いぞドイツの旧車!
・・・というふ~に成っています。
(そうは言っても、ドアーの鍵、ガソリン給油キャップ用の鍵、イグニッションの鍵、リアトランク用の鍵、こんなふーに新車時から4種類もある古い英国車も合理的だと思ってしまうのですが)

話は替わって・・・。
今日は・・・。
コンビニで、公共料金を支払ってみました。
なんか・・・。
客単価の計算が・・・。
大幅に狂ってしまうのではないかと・・・。
要らぬ・・・心配をしてしまいました。
f0056835_10145088.jpg

そして最後に・・・。
更新しないブログにも関わらず・・・。
毎日、沢山の方々に、ご訪問して頂き本当にありがとうございます。

ブログ開設のキッカケをくださった皆さま。
そして、これが縁でお会いした皆さま。
お陰さまで、この2年間を、本当に楽しく過ごさせて頂きました。
心から感謝しております!
どうもありがとうございました。

これからも・・・。
いたらぬことや、ご配慮不足と・・・。
ご迷惑をお掛けすることと思いますが・・・。
どうぞ宜しくお願いいたします。

by seiuchi-porsche9 | 2008-02-01 10:47 | ポルシェ914