戦闘的に走れ!

seiuchi9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 29日

ストップモーション!(過ぎた日にそっと花を!)

今年も残り僅かになりました。
来年になると、今年と同じように、また歳を重ねてしまいます。

この歳の重ね方が、年を重ねる毎に、速く感じてしまうようになりました。
小学生の頃の、あの信じられないような遅い速度で、過ぎ去っていった、あの6年間が、まるで嘘のように感じています。

この1年間も、まるでF1のような、信じられない速度で、過ぎ去って行こうとしています。
楽しいことも沢山あったけれど・・・。
イヤなことも沢山ありました。

今、振り返って・・・。
楽しかったことと、イヤなことで苦しかったことを・・・。
天秤に掛けてみれば、楽しかったことのほうが、多かったと思っています。

だから・・・。
きっと・・・。
神さまは・・・。
「魔法の鏡」を持っているのだと、僕は信じることにしています。

鏡といえば、昨日「ミラーズ」を観ました。
f0056835_15213259.jpg

主役が、あのTVシリーズ「24時間」で、ジャック・バウアー役で有名な、キーファー・サザーランドなので、観てみたワケですが、ジャック・バウアーは絶対に死なないと、頭にインプットされてしまっているので、サスペンス映画といっても、なんとなく安心して観てしまった、そんな僕でした。
f0056835_15214621.jpg

話を戻して・・。
この1年を振り返ってみれば・・・。
僕には反省することも沢山あるし・・・。
実際に、反省も沢山してしまいました。
でも・・・。
僕は後悔はしていません。

つまり・・・。
『反省はするけど後悔はしない・・・』
そんな、ちっぽけな自分だと、ここでまた反省しているワケです。


毎日が、こんなに速く過ぎ去ってしまうと、感じてしまうような、そんなオジンに成った僕は・・・。
速く過ぎ去ってしまう、そんな毎日を、大切にしようと思い始めています。

毎日、毎日、いや、その毎日の中での、ほんの一瞬でさえ、大切にしようと思い始めています。

ストップモーションという言葉を調べてみれば・・・。
映画・テレビの画面で、動いている被写体を急に静止させる技法。
映画で、撮影中のカメラを一時止めて、ある被写体を、画面から突然消したり出したりする、トリック技法。
・・・と、こんなふ~に書かれているワケですが、この 「映画・テレビ」 という単語を 「人生」 という単語に入れ替えた、そんな生活がしたいと、僕は思い始めています。

そうは言っても・・・。
いつまでも・・・。
I Feel Like Being a Sex Machine
・・・の自分で居たいし・・・。

いつでも・・・。
素晴らしき人生かな?
・・・と思える、そんな自分で居たいのです。

いずれにせよ・・・。
オリジナル人生であることに・・・。
これからも、執念を燃やして行きたいと思っています。

最後に、この僕の1年間を、ブログの中で振り返ってみたいと思います。
この瞬間こそが、僕の中での、その瞬間、その瞬間の 「ストップモーション」 なのではないかと、思っています。
(主にクルマに関わることだけの 「ストップモーション」 ですので御了承してくださいませ)

★1月★
吉田匠氏の 「アルファ・ロメオ ジュニアZ(1970年式)」 に乗せて頂きました。
f0056835_1525615.jpg

そして、僕のGT3のステアリングも握って頂きました。
この時の投稿は 「一生青春!(こんな僕で良かったら)」 でした。
f0056835_15252385.jpg

★2月★
987(お借りした)でFSWに行きました。
f0056835_15254994.jpg

987(お借りした)で 『ユイレーシングスクールのオーバルレッスン』 に参加しました。
このFSWとユイレーシングスクールの投稿は 「適当男のポルカ!」 と題して同時に投稿させて頂きました。
f0056835_1012464.jpg

★3月★
997ターボが納車されたガレさんと、浜名湖で会いました。
僕は997タルガ(お借りした)で参加させて頂きました。
f0056835_15265272.jpg

週刊プレイボーイ100回目の記念として、実写グラビア版の 『彼女のカレラ』 が、掲載されました。
f0056835_15271240.jpg

撮影の際には、安めぐみさんと、松井絵里奈さんにも、お会い出来き、素晴らしい思い出になりました。
この時の投稿は 「月刊 『趣味悠々』その③・・・Love Potion Number 9!」 でした。
(投稿日は遅れて4月になっています)
f0056835_15272352.jpg

★4月★
ガレさんの納車オフに参加させて頂きました。
f0056835_15274820.jpg

この時には、神戸まで足を伸ばしました。
(997カレラS(お借りした)で行きました)
この時の投稿は 「良い子になります明日から(内秘心書) 」 でした。
f0056835_1528684.jpg

なおしさんに、996GT2が納車されました。
f0056835_15282279.jpg

ヒョンなことから、この996GT2購入にあたっては、僕が思いっきり、まるで主役のように関わらさせて頂きました。
f0056835_15284163.jpg

知らないお店から、中古車を購入するという、まるで雑誌の特集のような、そんな出来事の数々を、僕自身が主役で演じられて、とても楽しい日々でした。

この996GT2購入に関しては、このブログで、3回に分けて投稿させて頂きました。

今回の画像は 「月刊 『趣味悠々』その④完結編・・・絶対オーライ!なのだ! 」 の時のモノになります。
今年1年を振り返って、クルマに関わる自分という、そんな観点から振り返ってみれば、僕にとっては、この996GT2購入が、一番楽しかった出来事のように感じています。

僕は、やっぱり、こういうことが大好きなのだと、今更ながら思っています。
なおしさん、次も・・・待っていますよ(笑)

この996GT2に関しては、とても楽しいひと時だったので、3回に分けて投稿させて頂きました。
1回目の投稿は、 「月刊 『趣味悠々』その④ー(1)・・・絶対オーライ!・・・かな?」 でしたが、書いていて、とても楽しかったです。
f0056835_15315341.jpg

997ターボMT(お借りした)と、R35GT-Rの乗り比べを、箱根でしました。
f0056835_15321030.jpg

途中でガス欠したりと、とても楽しかったです!
この時の投稿は 「月刊 『趣味悠々』 その①・・・ガソリンガタリン」 でした。
f0056835_15322136.jpg

特注したリモアが届きました。
f0056835_15323863.jpg

我が986Sが、南の地へと嫁いで行きました。
f0056835_15325248.jpg

そして、ボクスターRS60スパイダーが納車されました。
(その節は沢山のお祝コメント本当にありがとうございました)
この時の投稿は 「自分でゆーのもなんですけれど・・・」 でした。
f0056835_15331074.jpg

★5月★
DENさんと、皆さまと八ヶ岳にカレーを食べに行きました。
納車されたばかりのcty-kin号RS4ですが、この頃のcty-kinさんの私生活が、僕のブログ更新に多大な影響を与えてしまい(笑)、このブログに、亡き母と父の思い出を書いてしまったのも、この5月でした。
この時の投稿は 「雨なら雨とて意味がある」 、「Mother of mine 「恥ずかしくもなく母に捧げる詩」」でした。
f0056835_15333629.jpg

そして、こんな加工に凝っていたのも、この5月でした。
この時の投稿は 「たてたてよこよこ!まるかいて・・・ちょん?」 でした。
f0056835_15335318.jpg

★6月★
「ポール・フレル Memoria Weekend」に参加させて頂きました。
CGクラブの皆さま、ご参加してくださった皆さま、ありがとうございました。
この時の投稿は「ポール・フレルMemorial Weekend」 でした。
f0056835_15342099.jpg

ポルシェパレード参加の遅いブログアップもさせて頂きました。
この時の投稿は 「カイエンターボと鈴鹿サーキット」 でした。
f0056835_15344249.jpg

鈴鹿サーキットでは、カイエンタクシーにも乗せて頂きました。


伊豆にツーリングに行きました。
(僕は968CSで行きました)
(この6月は997カレラ(お借りした)と968CSでの生活でした)
この時の投稿は 「こんな感じのツーリングは  「どうよ?」 」 でした。
f0056835_15354542.jpg

★7月★
ウナギを食べに行きました。
この時の投稿は 「ウナギ!そして・・・時代遅れの恋人たち!」 でした。
f0056835_15364032.jpg

伊豆にツーリングに行きました。
(杉本綾号と名付けたrs60で行きました)
この時の投稿は 「Summer day~太陽と遊ぼう~」 でした。
f0056835_15371125.jpg

ryooさん主催の夜会に参加させて頂きました。
f0056835_15374773.jpg

Yoshiさんに、我がVWポロを差し上げようと、名古屋まで行きましたが・・・。
f0056835_1538823.jpg

Yoshiさんから、お返しのラジオがまだ届いていません(笑)
夜会と一緒に投稿させて頂き、「裸足のシンデレラボーイ!さよならVWポロ!」でした。
f0056835_15392994.jpg

★8月★
6日間で、3300キロほど走ってみました。
f0056835_1540775.jpg

とくに、『なぎさドライブウェイ』 は最高でした!
この時は、8回に分けて投稿させて頂きましたが、1回目の投稿は 「明日に向かって走れ!・・たかな?備忘録・その(1)」 でした。
f0056835_1540236.jpg

★9月★
マセラティ・グラントゥーリズモ(お借りした)と生活をしてみました。
数年前までは、頑なまでに継続していた、英国車1台とラテン車2台という組み合わせの、そんなカーライフを、やっぱり必ず復活させようと、そんな気持ちにさせられた、この9月でした。
この時の投稿は 「「セイウチさん、先ずは叩いてください!」☆「セイウチさん、時計動かないと不便ですか?」 」 でした。
(9月はジムカーナーに行ったりとありましたが、その他は・・9月は下品な投稿ばかりしていたと、僕は反省しています・笑)
f0056835_1541411.jpg

★10月★
全僕祭に参加させて頂きました。
この時の投稿は 「全国ボクスター祭り2008!そして番外編!」 でした。
#IMAGE|f0056835_15412465.jpg|200812/29/35/|mid|640|480#]
ボクスター40台の同時幌閉め、こんな楽しい経験もさせて頂きました。


914クラブの1泊ツーリングの1日目に参加させて頂きました。
この時の投稿は 「トランキライザー!」 でした。
f0056835_15422341.jpg

DENさんと、皆さまと八ヶ岳にカレーを食べに行きました。
この日は、R35GT-R(お借りした)で行きました。
この時の投稿は 「君も僕もカレーライス!そしてポルシェAGと日産自動車!」 でした。
f0056835_15423744.jpg

997カレラS・PDK(お借りした)を箱根に持ち込んでみました。
この時の投稿は 「997カレラS(PDK)とアウディーRS4!」 でした。
f0056835_15425514.jpg

『ユイレーシングスクールのオーバルレッスン』 に参加しました。
この時の投稿は 「久々のオーバルレッスン!」 でした。


★11月★
伊豆に1泊ツーリングに行きました。
(Happy監督が取材に来てくださいました)
f0056835_15432722.jpg

来春も行うようですので楽しみです!
この時の投稿は3回に分けてさせて頂きました。
2回目の投稿は、 「はっぴいえんど! ~ボクらは運命共同体~・・・・その(2)」 でした。
f0056835_15434727.jpg

赤レンガで開催された「EXCITING PORSCHE MEETING」に参加させて頂きました。
f0056835_15444890.jpg

「彼女のカレラ」のブースに展示させて頂きました。
この時の投稿は 「EXCITING PORSCHE MEETING!(彼女のカレラ・♥PIT)」 でした。
f0056835_154537.jpg

DENさんと、皆さまと八ヶ岳にカレーを食べに行きました。
(この日はRS60で行きました)
この時の投稿は 「カレーとドカログ・・・そしてM5とパナメーラ!」 でした。
f0056835_15452040.jpg

★12月★
ryooさん主催の夜会に参加させて頂きました。
(実際は11月開催でしたが、僕のブログアップは12月なので)
この時の投稿は 「花嫁になる君に!そして・・・この10日間!」 でした。
f0056835_15453963.jpg

カイエンSで(お借りした)行きました。
f0056835_15455645.jpg

そして、12月なので・・・。
仕事場に置いてある玩具を洗車しました。
f0056835_15462927.jpg

そして仕事場の本棚の整理もしました。
f0056835_1546447.jpg

こうして、1年を振り返ってみれば・・・。
やっぱり、よく遊んだのだと思っています。
そして、なんと、借り物で行動していることが多いのかと・・・。
いつも感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございます!

今年も沢山の方々に、お世話になりました。
皆さま、本当にありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。


追伸
コメントは、お電話でお受けしておりますので(笑)、お気軽にどうぞです。


by seiuchi-porsche9 | 2008-12-29 15:51 | オフ会 ツーリング
2008年 12月 27日

ケイマンとボクスター!そして春夏秋冬!

昨日は寒波で、風が冷たくって、とても寒かったです。
(クリスマス気分が過ぎ去ると、街も閑散としているように感じてしまいます)
f0056835_9201513.jpg

銀座ティファニーは、もの凄い盛況ぶりでしたが・・・。
いったい幾ら売り上げたのかと、とても興味があります。
f0056835_9203946.jpg

(neoさんが、ここで今年幾ら使ったのカモ興味がありますが・笑)
(ウナギツーに参加出来ずで残念でした)
f0056835_921156.jpg

中央に見える、円形の建物は 「ポルシェセンター銀座」 です。
来年の輸入車業界は、苦戦しそうではありますね・・・。
f0056835_9212337.jpg

レインボーブリッジのライトアップが、とても綺麗で・・・。
・・・寒さも忘れてしまいそうでした。
f0056835_9214354.jpg

ゼンマイ仕掛けのお人形さんが・・・。
「横浜に行こう!」
・・・と。
f0056835_922226.jpg

横浜といえば、やっぱり 「azumo橋」 ということで・・・。
f0056835_9222294.jpg

そして、夜食を・・・。
f0056835_9224065.jpg

この1週間・・・。
ケイマンに乗っていましたが、この寒い冬の季節には・・・。
オープンにするチャンスが殆どないボクスターよりも・・・。
完全防御のケイマンのほうが、快適なのではないかと、新たな発見をしました。

とは言っても・・・。
春と秋の季節では・・・。
やっぱり、オープンで走りたいと思う、そんな僕なので・・・。
(実は真夏の夜のオープンも大好きだったりしていますが)

真夏と真冬はケイマンで、残りの季節はボクスター。
こんな使い分けが出来たら、それこそ理想的なのではないかと思いました。
(だからと言って、重心が上がるのが好きではないので、永遠に幌タイプのオープンであり続けて欲しいと願っています)
f0056835_923336.jpg

1000キロ弱走ってみたワケですが・・・・。
この間の平均燃費は 「4.1キロ」 ということで・・・。
意味もなく、シフトアップとシフトダウンを繰り返す、そんな僕の運転には・・・。
燃費に限って言えば・・・。
Tipは、やっぱり不向きのようでした。
f0056835_9233097.jpg

夜も遅くなったので・・・。
連れ出したゼンマイ仕掛けのお人形さんを、また玩具箱に戻して、僕は眠りについたのでした。
f0056835_9234685.jpg


by seiuchi-porsche9 | 2008-12-27 09:32 | ポルシェ全般
2008年 12月 24日

Happy Christmas!

f0056835_1140724.jpg
f0056835_11404175.jpg
f0056835_11405478.jpg

So this is xmas
And what have you done
Another year over
And a new one just begun

And so this is xmas
I hope you have fun
The near and the dear one
The old and the young

A very merry xmas
And a happy new year
Let's hope it's a good one
Without any fear

And so this is xmas
For weak and for strong
For rich and the poor ones
The world is so wrong

And so happy xmas
For black and for white
For yellow and red ones

Let's stop all the fight

A very merry xmas
And a happy new year

Let's hope it's a good one
Without any fear

And so this is xmas
And what have we done
Another year over
A new one just begun

And so happy xmas
We hope you have fun
The near and the dear one
The old and the young

A very merry xmas
And a happy new year
Let's hope it's a good one
Without any fear

War is over, if you want it
War is over now

Happy xmas

by seiuchi-porsche9 | 2008-12-24 11:41 | ウォラス walrus
2008年 12月 21日

「おいしいね」って言葉は幸せ運んでくる!

さて・・・。
昨日、思っていたことを投稿したのですが・・・。
沢山の方々に、ご心配をお掛けしてしまったようなので・・・。
(前投稿は削除して)いつもの僕に、戻ります。
(お電話を頂いた方々ありがとうございました)

さて・・・。
最近の僕の、仕事以外の出来事を書いてみます。

★12月某日★
親友M君と、秘密基地にお邪魔しました。
f0056835_20335232.jpg

今回、お邪魔した秘密基地は、M君と僕の大好きな旧車が沢山ありました。
写真は、(右ハンドルの)モーガン・プラス4ですが、3本(3アーム)ワイパーの英国車には、今だに憧れ続けています。
当時のMGBなどは、アメリカ仕様(左ハンドル)のみ3本ワイパーだったのですが、1本ワイパー(1アーム)のメルセデス、W124やW214を好む僕としては、常識的な2本アームでない、奇数アームのワイパーを装着したクルマに、今でも、とても惹かれています。
f0056835_20341086.jpg

今流行りの「ツライチ」も格好良いけれど、「ツライチ」とは無縁の旧車の世界も、僕は大好きです。
(ポルシェ356B・ロードスター)
f0056835_20342548.jpg

「ツライチ」というよりも、「ツラレス」ですね。
(シトロエンDS19)
f0056835_20344029.jpg

このシトロエンのフロントライトは、マーシャル(Marshall)製だったのですが、Yoshiシトロエン博士によると、本国仕様はシビエ(CIBIE)製ということでした。
さすがYoshi博士だと感心しちゃいました!
(写真中央はM君の280SL)
f0056835_20345748.jpg

僕は、長年、ヘラー(HELLA)製の「丸目2灯・ポジッションランプ付き・左側通行用」という、今では廃番に成っている、こんなヘッドライトを1セット探しているのですが、どなたか心当たりは御座いませんかね?

そして、今回のお目当てだった「1962年型・マセラティ3500GT」です。
f0056835_20351266.jpg

マセラティ3500GTについては、以前に、このブログで 『セイウチさん、先ずは叩いてください!」』 で書かさせて頂いたことがありました。

マセラティ3500GTは、今までに 「自動車博物館」 などで、展示されているクルマを見たことがあったのですが、今回のように、身近で拝見させて頂いたのは、初めての経験でした。
f0056835_20372187.jpg

僕は、東京で、日常的な使用方法をしていて、1年に1回たりとも、自分の愛車と同じクルマと、遭遇したことがないというような、そんなレアなクルマに憧れています。
(左隣はフォード・サンダーバード コンヴァーテイブル)
f0056835_20373988.jpg

最近の僕は、旧いモノばかりに、惹かれるのですが・・・。
やっぱり、大好きなモノは、死ぬまで永遠に大好きなのではないのかと、自覚が始まりつつはあります。
f0056835_2038761.jpg

いずれにせよ・・・。
デザインやスタイルが、どうのこうのと言う以前に、このマセラティ3500GTのように、エンブレム(ロゴマーク)を見ない限り、殆どの人が、メーカーさえも判らないという、そんなクルマに惹かれる、自分がいます。
f0056835_20381996.jpg

この日、お邪魔した秘密基地は 「ヴィンテージ湘南」 様という、素敵なお店でした。
湯山社長様、楽しいひと時をありがとうございました!

★12月某日★
大学4年の時の彼女と、久しぶりに会いました。
f0056835_20395133.jpg

僕は大学4年、彼女は中学3年だったワケで、今だと犯罪なんじゃないかと、思ったりしました(笑)
そんな彼女は、勝ち気で、負けず嫌いで、落ち込んでいる時の僕には、励みになる存在でもあるのです。

そして・・・。
そんな若かりし頃を思い浮かべていたら、前日に見た、あの「1962年型・マセラティ3500GT」も、それほど旧いクルマなんじゃないかと、おーっと危ない気持ちが湧いてしまいました。

でも・・・。
お互いオジンとオババに成った今では、手を繋ぐ、そんな気持ちも起きないワケで、あの「1962年型・マセラティ3500GT」が、身近に有ったとしても、やっぱり、乗らないのではないかと、そんな自然な気持ちも湧いてきました。

トコちゃん、お土産と、そして楽しいひと時をありがとう!
(コメントは絶対に要らないですよ・笑)
f0056835_2040799.jpg


★12月某日★
最近のテレビや新聞の、派遣切りに関するニュースをみて・・・。
東京は、生活するには、まだまだ物価が高いと思うけれど・・・。
アルバイトの時給も、高いと思うので・・・。
・・・と。
六本木のラーメン屋さんで、ラーメンの味のことよりも、そんなことを考えてしまった、僕なのでした。
f0056835_20402392.jpg


★12月某日★
またしても、M君が遊びにやって来ました。
今回は、380SL(R107)でやって来ました。
この380SLについては、以前に、このブログで、『クルマとの疾走日記!』 と題して、書かさせて頂いていますので、よろしかったら見てくださいませ。
f0056835_20422133.jpg

M君と僕は、もう20年近い付き合いになるワケですが・・・。
20年も付き合っていれば、お互いに色々なことを、経験していることにもなります。

僕は、メチャメチャ打たれ弱いタイプで、M君は、メチャメチャ打たれ強いタイプで、全く正反対な二人でもあります。

最近の僕は、仕事でツマヅイテ居るワケですが・・・。
そんな僕に、M君は・・・。
 『時計を買ちゃった!』 
・・・と、こんな景気の良いことを、伝えに来ます。

僕は・・・。
「こんな時に、この野郎!」
・・・と思うのですが・・・。

そんなふ~に思うのも、ほんの一瞬で・・・。
「僕も頑張ちゃうさ~あ!」
・・・と、こんなふ~に、直ぐに思い直してしまうワケです。

20年近くも一緒にいると、打たれ弱い僕を、別の角度から、更に打って、曲がり始めていた、僕の、そんな心を、支えてくれます。

まあ、そんなふ~に、いい奴なのが、M君なのですが、僕には、やっぱり買えない、腕時計ではありました。
僕ならば、やっぱり、都心に中古のワンルームマンションを買って、その小さなベランダから、月の形を見ると・・・思いますからね(笑)
f0056835_20424227.jpg


(上に見える円球が、月の変化と同じに変化するらしい腕時計)
f0056835_2104447.jpg

関西地方や、東海地方では、納車された人が、御馳走するという、誰が考え付いたのか判らない(笑)、そんな素敵な行事が、行われているようですが、今回は、M君に、腕時計購入祝いとして、御馳走して頂きました。
と言うよりも、M君が、単に行きたかったのではないかと、僕は思っていますが・・・。

M君、なにかと色々と良かったですね!
f0056835_2043160.jpg

僕は僕で・・・。
何故か、日本酒を持ち込んだり・・・。
(某氏様どうもありがとうございました!)
f0056835_20431515.jpg

僕は僕で・・・。
千疋屋さんより、美味しいと思ってしまった、リンゴと洋梨を持ち込んでみたりと・・・。
(某氏様、とても美味しかったです!どうもありがとうございました!)
f0056835_20433130.jpg

最近の僕は、行列が出来るという、そんな美味しい生玉子とか、「りんご品評会」で優秀な実績を挙げている、そんな美味しいフルーツとか、手に入りずらい貴重な銘酒とか、鮮度抜群の美味しい毛蟹とか、本場京都の美味しい漬物とか、香り豊かな美味しいコーヒーとか、東海名物美味しいエビ煎餅とか、神戸名産美味しいバウムクーヘンとか、神戸名産ロールケーキとか、湘南名産シラスとか、数え切れないほどで、なんかホントに申し訳ないと感じてしまってはいるのですが、実に嬉しいことばかりなのです。

ブログを始めて3年近くになりましたが、皆さま本当に御馳走さまです!
(まだまだ受け付けておりますので、我こそはと思う方は御遠慮なくどうぞですが・笑)

そして・・・。
M君、この日は御馳走さまでした!

★12月21日★
今日は、家でゴロゴロしていました。
f0056835_20435994.jpg

Yoshi家の分身も、家でゴロゴロしていました。
f0056835_2044452.jpg

そして、ケイマンを借りています。
(これで、cyu-kinさんとneoさんとFSWに行きたかったです・笑)
f0056835_2045573.jpg

そんなワケで、仕事では色々とあるのですが・・・。
僕は、元気に暮らしています。
・・・という近況報告でした。

皆さまのブログへの御訪問は遅れてしまうカモなのですが、お許しくださいませ。

★追伸★
某氏様
僕は、この時代のジャガーも好きだったりしていますよ・・・。
f0056835_20453211.jpg


by seiuchi-porsche9 | 2008-12-21 20:45 | マイ・フレンズ
2008年 12月 08日

花嫁になる君に!そして・・・この10日間!

誰よりも遅いアップが、僕のブログの特徴なのですが・・・。
最近の僕は、よく仕事をして、よく遊んでと・・・。
そんな生活をしています。

そんな生活をしていると・・・。
チョットばかり、ブログと接する時間が持てなかったりしています。

そんなワケで、久しぶりの投稿になりました。

★11月29日★
この日は、午後から・・・。
tkdさん、mokuさん、wataruさん、そして僕の4人で、日頃の行いの反省会をしておりました。

反省会に厭きてしまったmokuさんが、夕方から離脱してしまったので・・・。
mokuさんの代りに、shingoさんを、反省会に強制参加して頂きました。

反省会をしていると・・・。
neoさんから電話が来ました。
「今から西に向かって反省会をしますが、反省しに来ませんか?」
・・・とのことでした。

neoさんは、僕と同じで、人生そのものが反省みたいな人なので、neoさんが懺悔をしに、西に向かうのならばと、僕等も、同じく西に向かうことにしました。

shingoさん、tkdさん、wataruさん、そして僕の4人で西に向かうとなると、4人乗れるクルマが有ったほうが、便利そうなので、カイエンSを借りて、行くことにしました。
f0056835_7562129.jpg

最初は、僕が、カイエンSのステアリングを握りました。
久々のカイエンSでしたが、今回の試乗は、チョットばかり思うことがあって、ステアリングを握っていました。

そのチョットばかり思うところというのは、このカイエンの車高がチョットばかり低くなって、このカイエンが、チョットばかり軽くなったとしたら・・・?

果たして、そんなクルマは、どんなふ~な運転感覚になるのだろう?
・・・・と、そんな妄想を膨らませながら、運転をしてみました。
(借りモノのカイエンにレー探を取り付けた、そんな僕等)
f0056835_7564444.jpg

車高が低くなるということは、クルマの重心が下がるということに成るワケで、重心が下がるということは、クルマの前後左右の体重移動が緩和されたり、コーナリングが安定するということの、裏返しにも成りそうです。

軽く成るということは、パワーウェイトレシオが下がるワケで、仮にミッションのギア比が同じならば、立ち上がり速度が増すということの、裏返しにも成りそうです。

ローダウンするということは、見た目重視の場合もあるでしょうが、一般的には、足を硬くした、そんな結果としてローダウンされ、それと共に、重心をも下げる為に、ローダウンをしたりするワケですが、いくらローダウンしたとしても、エンジンやミッションの搭載位置が、高いクルマであれば、ローダウンしていない、車高が最初のノーマルのままであっても、エンジンやミッションの搭載位置が、低いクルマの方が、動力性能は勝ると、僕は思っています。
(つまり重たいモノは、最初から低い位置に搭載されていることに、越したことがないと思っているワケです)

そういう意味では、ボクスターやケイマンのエンジン搭載位置は、僕の中では、かなり理想的に近い、そんなクルマになっているワケです。
同じポルシェという、自動車メーカーが生み出したクルマでも、ボクスターやケイマンとは違って、スポーツカーというジャンルではない、このカイエンが、重心が下がって、軽く成って、そんなクルマに変身したら、一体どんな乗り味のクルマに成るのだろう?と、僕は妄想しながら、運転して行きました。

僕は、事ある毎に、クルマを乗り比べることが、好きでないと書いているワケですが、それは、同じカテゴリーに属する、各自動車メーカーが生み出す、それに該当するクルマを集めて、比較対象して乗り比べてみれば、その感じ方は、人それぞれが大きく違うことはあったとしても、その結果報告としては、結局は、数の原則で決まってしまうワケで、そうなると、自動車メーカーは違えど、どれも・これもが、似たようなクルマしか存在しない、そんな結果になると思っているからです。

だから、そんな僕は、同じ自動車メーカーのクルマ同士を、乗り比べたり、そこから発展する、そんなクルマを妄想したりすることが、大好きなワケです。

とは言っても、もはや手遅れのような状態に成っていて、見渡せば、似たようなクルマばかりが、この師走を迎えた東京の街並みを、埋め尽くしています。

僕は相当なオジンなワケですが、オジンで良かったと思っていることが、ひとつだけあります。

2008年12月という、その今で、フェラーリと、ランボルギーニと、マセラティーと、アストンマーチンと、こんな自動車メーカーが生産している、今現在のクルマを、似たような排気量で、乗り比べたとしても、その感想は、どのクルマが良くって、そして好きということは別にしても、この4つ自動車メーカーが、違うクルマを生産している、そんな事実が、自然に伝わって来る、そんなクルマだと思っています。

2008年12月という、その今を、1970年代半ば頃(正確には1960年代後半までデビューしたクルマ)まで、巻き戻してみれば、世界中の自動車メーカーが生産している、そのクルマの全てが、今の、フェラーリと、ランボルギーニと、マセラティーと、アストンマーチンと同じように、違うクルマを生産している、そんな事実が、自然に伝わって来る、そんなクルマばかりでした。

言い換えれば、当時の僕は、今の、フェラーリと、ランボルギーニと、マセラティーと、アストンマーチンが、東京の街並みを埋め尽くしていたという、そんな感覚と同じだったという、ことになるワケです。
この感覚を、目の当たりとして、日常的に得ることが出来ていた共に、この感覚の、そんなド真ん中で、僕自身が、クルマと暮らしていたというワケです。

だから、僕は相当なオジンなのですが、今のフェラーリと、ランボルギーニと、マセラティーと、アストンマーチンみたいな、そんなクルマが、日本の街並みを埋め尽くしていた、そんな時代を過ごせた、そんなオジンで良かったと思うワケです。

ただ、当時を思い起こせば、チョットばかり気になることがあります。
フェラーリ・512BBと、ランボルギーニ・カウンタックは、当時の同じカテゴリーのクルマです。
でも、フェラーリ・512BBと、ランボルギーニ・カウンタックの乗り味の違いは、(多少カテゴリーが違うのに関わらず)今のフェラーリ・F430と、今のマセラティー・グランツーリスモの、乗り味の違いよりも、更に大きいモノであったと、僕は感じているということなのです。
つまり、スパーカーと呼ばれるジャンルのクルマを生産している自動車メーカーでさえも、個性が無くなりつつあると、僕は感じているのです。

もっと言ってしまえば、今のフェラーリ・F430と、今のマセラティー・グランツーリスモの乗り味の違いよりも、1970年代半ば頃までの、街行くクルマの、そんな大衆車のクルマであっても、そして、同じような排気量の、どんなカテゴリーのクルマであったとしても、そんなクルマを、同じ土俵に並べて、乗り比べてみれば、その乗り味の違いの全ては、もっともっと大きかったということです。

言い換えれば、優等生も居れば、チョットばかり、手が掛る、そんな不良掛った生徒も居た、そんな教室だったワケです。

今の街行くクルマを、ふと眺めてみれば、皆が皆、同じ洋服を着ている、そんな全世界共通の全国民服を思い浮かべてしまうワケで、独り一人が、個性的な洋服を着ていた、そんなクルマの時代が、とても懐かしく思えています。

過ぎ去った40年あまりの年月を振り返って考えると、あと数十年も経つと、今のフェラーリと、ランボルギーニと、マセラティーと、アストンマーチンも、なんとなく同じような乗り味のクルマに成りそうで、これが時代の流れで、きっと、その流れの中に乗れないというのが、このオジンと呼ばれる、そんな僕なのだと思い始めています。

話は戻って、カイエンです。
車高が低くなったり、軽く成ったりしてと、こんな妄想をする場合の僕は、車高が低くなったり、クルマが軽く成ったりして、失うものを、先ずは妄想したりするワケです。

車高が低く成るということは、必然的に、ドライバーズシートの着座位置も下がるワケで、そうなると、このカイエンのフロントガラス越しに開ける、この限りないほど開けている、そんな視界の良さを失うことにも、成りそうです。

視界が高い(視線が高い)位置にあると、目の前を走るクルマはモチロンのこと、その、もう1台前のクルマも、その、もう1台前のクルマも、更にその前のもう1台のクルマの前もと、前方を走るクルマの、数台前までもが、良く見えます。

そうなると、はるか先を走るクルマの、ストップ&ゴーが、瞬時に見切れるワケで、減速しなければイケナイ、そんな状況も、このカイエンの1台前を走る、そのクルマよりも、早く知ることが出来ます。
反対に加速準備体制に入ることも、前のクルマよりも、早く出来るワケです。

東名高速の3車線を走るような場合には、左右の横に広がる3車線の視界の範囲は、車高の低いクルマとは、さほど変わらないとしたとしても、前方方向と、後方方向への、視界の範囲は、車高の低いクルマを運転している時よりも、数倍、いや極端な言い方だと、批判覚悟で書いてしまえば、10倍も良いのではないかと、僕には思えたりします。

前方の視界が良いことは、運転している、そんな本人である、そんな僕に、安心感と安全を与えてくれます。
これは、前方の視界が良いことによる、安全確保のマージンが、僕に安心感を与えているとも、言えるワケです。

後方視界が良いということは、直ぐ後ろを走る、後続車との車間距離はモチロンのこと、その後続車の後ろを走る後続車との車間距離や、そのまた後ろのクルマと、数台後ろのクルマまでもが、良く視認出来て、自分の身を守る安全を与えてくると共に、車線変更をする際にも、なにかと都合が良さそうではあります。

都合が良いと言えば・・・。
僕は以前に後方視界について、『997カレラ4カプリオレ試乗記』(クリック出来ます) として、このブログで書かさせて頂いたことがありました。
(何故か女の子のことばかり書いていますが・笑)

僕は、ゴールド免許に恋い焦がれている人なので、後方から走り寄ってくる、そんな特殊車両が、人一倍気になったりします。
後方視界が良いということは、そんな特殊車両を発見することも、なんとも早く成りそうで、僕的には、とても好都合の事に思えると共に、この事が、前方視界の良さと言うことよりも、心理的にも、現実的にも、この特殊車両の発見のし易さということが、僕的には、一番素敵なことなんじゃないかと思えています。

というのは、エンジンやミッションの搭載位置が、理想的な低さで搭載されている、そんな素晴らしいクルマを、神さまが、僕に与えてくださったとしても、そのクルマの後方の視界が、殆ど確保出来ないような、そんなクルマであったとしたら、その素晴らしいクルマの、その性能の全てが、僕にとっては、宝の持ち腐れに成ってしまうと、そんなふ~に思っているからです。

こんな妄想というよりも、こんな現実が与えてくれる、後方視界のことを考えていたら、長距離ドライブが大好きな僕にとっての、クルマの魅力とは、重心が低いに越したことはないとしても、やっぱり、後方視界の良いクルマという、その一言に要約されそうではあります。

東京インターから、吹田サービスエリアまでは、500キロ強になるワケですが、仮に、500キロ先の目的地に行くと考えてみることにしました。

仮に、このカイエンの、前方視界の確保が300メートルで、後方視界の確保が200メートルだとしたら、このカイエンからの前後の視界を合わせてみれば、(300+200で)500メートルに成るワケです。
そして・・・。
500メートルは、0.5キロですから、(500÷0.5で)1000という、そんな数字が、僕の頭の中に、浮かんで来ました。

1000という、この数字がもたらすものは、別に何の意味もなさないのですが、現実として、目的地までの距離の1000分の1が、僕の視界に入っていることになります。
僕には、この分母が大きい方が、なんとなく安全に思えたりするし、なんとなく疲労感が少ないのではないかと、思えたりしています。

仮に、前方視界の確保を、300メートルではなく、500メートルとしてみると、(500÷0.5で)1000という、また同じ1000という数字が導き出せます。

これは、今、その瞬間に見えている、その500メートルだけを無事故で走りきって、500メートルの位置に到達した、その瞬間から、また次の500メートルを同じように、無事故で走り切るとすると(実際には、その瞬間その瞬間で、瞬間移動しているので仮定の計算ですが)、この繰り返しを1000回すれば、目的地に到着しているという、そんなふ~なことも、僕の脳裏に浮かびました。
僕には、同じ距離を移動するならば、この回数が少ない方が、なんとなく安全に思えたりするし、なんとなく疲労感が少ないのではないかと、思えたりしています。

この脳裏に浮かんだ、こんな数字の全ては、特殊車両が存在しない、そんなパラダイスだったら、僕にも、なんの意味もなさなく成るワケで、前方の視界は、前のクルマのバンバーだけで、右の視界はガードレールだけ、僕には、そんなクルマが理想に思えてくるワケです。

クルマの魅力とは、クルマを運転すること、それが1番の魅力と、そんなふ~に思っている、そんな僕だけの世界なのカモしれませんが、そんな僕の、この思いだけは、誰にも譲れない部分でもあるのです。(後方の視界は追いついて来るクルマは殆どイナイと信じきって走りますので、殆ど不要になります・笑)

クルマの軽さは、この日のように、ストレート中心の、この東名高速を走るような場合だったら、燃費向上の目的以外には、それほど必要でないようにも思えたりしました。

カイエンは、スポーツカーと違って、ステアリングに伝わってくる、情報がとても少ないクルマだと、僕的には感じています。
つまり、高速コーナーなどを走ると、その限界が、僕にはとても掴み難いクルマになります。
言い換えれば、この巨体で、どうしてこんな速度で走れてしまうのだろう?という、そんな謎だらけのクルマに感じています。

こんな素晴らしい動力性能を、所持しているカイエンなので、カイエンの重さは、ストレートと高速コーナー主体の、この東名高速などでは、気にはなりません。

ただ、この東名高速でも、重さを考えるとしたら、この2トン以上ある、この巨体が、その限界を超えて、飛んで行ってしまう時には・・・いったいどんなふ~に飛んで行くのだろう?・・・という、そんな恐怖感が、チョットばかり浮かんでしまった、その時だけでした。

クルマは、グリップを失って、制御不能な状態に陥って、飛んで行けば、(羽子板の羽根やバトミントンの羽根のように)最終的には、重たい方を、頭にして飛んで行きます。

3車線のような道路で・・・。
RRの911だったら、最終的には、重たい後ろから飛んで行きます。
だから後ろが大破します。
(911の生存率が高いのは、この為のような気がしています)

MRのボクスターやケイマンが、限界を超えれば、重心が真ん中なので、この東名高速の3車線を目一杯使って、クルクルと回って、最終的に激突するのは、フロント側なのか、リア側なのかは、神のみぞ知るという、そんなことに成りそうです。

そして、この4駆でフロントエンジンのカイエンが、グリップを失って飛んで行くとしたら、重たいのはエンジンが載っているフロント側では有りそうで、そしてクルマ自体の総重量があるので、いざ飛んで行ってしまったら、自らは、なかなか止まらなそうではあります。
そう考えると、この時の衝撃度は、神のみぞ知るということには、成りそうです。

僕は、そんなことを考えて運転していたワケですが・・・・。
重心が下がって、軽く成ってとは・・・。
正しくパナメーラを脳裏に浮かべて、僕は、このカイエンで妄想していたワケです。

パナメーラは、ターボが4駆で、素のカイエンとカイエンSにあたる、パナメーラとパナメーラSが2駆で、997カレラと同じように、4Sバージョンが存在して、4駆も選べるように・・・きっとなるのでしょう。

カイエンが、重心を落として、軽くなって、そしてチョットばかり不安定な2駆になる、僕は、そんなパナメーラが欲しくなりました。
この日の、僕の妄想は、こんな結論を生み出したようです・・・・。
(出来れば、最高速よりも圧倒的な立ち上がり速度に惹かれるので、ファイナルが大きく(低く)なっていたりすると、更に僕の理想に近づきそうではあります)

途中で、tkdさんにステアリングを譲って、僕等は東名を西に向かいました。
そして・・・。
浜名湖から50キロ、浜名湖から30分と、東海地方にお住まいの某氏から、お聞きした、上郷SAに向かったのでした。

そして、いざ上郷SAに到着してみれば・・・。
そこでは、neoさん主催の反省会ではなく、ryooさん主催の夜会が開催されていたのでした。
(neo号は大きく見えますね)
f0056835_805327.jpg

この日の夜会は、沢山のクルマが集まっておりました。
f0056835_8174.jpg

僕等は、集合時間に遅れてしまったのですが、暖かく迎えてくださって、とても嬉しかったです。
f0056835_812477.jpg

暖かく迎えてくださったといえば・・・。
カレーを食べている、そんな僕に、同時にデザートまで与えてくださり・・・。
このオジサンは、そんな貴方様が大好きですよ!
(ご馳走さまでした!)
f0056835_82765.jpg

この日、初めてお会いした皆さま、まともな御挨拶も出来ずで失礼しました。
そして、ryooさん、ご参加の皆さま、楽しいひと時を、どうもありがとうございました!
f0056835_824586.jpg

★12月3日★
某氏に、カイエンGTSが納車されました。
f0056835_831173.jpg

このカイエンGTSは、あのホテルショーのクルマそのものなのですが・・・。
もしかしたら、このドライバーズシートに、この僕が納まっていたと思うと・・・。
チョットばかり、残念にも思えたのでした・・・。

なにはともあれ・・・。
某氏、納車おめでとうございます!
f0056835_83389.jpg

★12月6日★
『PORSCHE BOOK 2009』が、12月6日に発売されました。
・・・と御報告させて頂きます。
(Hapy監督お世話にありました!)
f0056835_841199.jpg

★12月6日★
朝からワクワクしていました。
f0056835_843515.jpg

この日は、ボクスター仲間のTAKAさんの結婚式にお招きして頂きました。
f0056835_844789.jpg

TAKAちゃん、AYUちゃん、ご結婚おめでとうございます!
f0056835_851978.jpg

とても、盛大な結婚式であったのですが・・・。
出会った頃からの2人を存じている僕としても、自分のことのように嬉しかったです。

ただ、最近の僕は・・・。
こんな光景を眺めてしまうと・・・。
何故か・・・。
まるで・・・。
花嫁さんの父親になったような気がしてしまい・・・。
僕まで・・・。
涙が止まらなくなってしまい・・・。
とても困るのです。
f0056835_85395.jpg

2次回にも出席させて頂きました。
f0056835_855518.jpg

その後、2次回は、3次回になり、3次回は、4次回になりと・・・延々と続き。
気がつけば、8次回までと・・・。
午前11時に開始された、この結婚式は、翌朝の5時間までと、延々と18時間も続いたのでした。
(きっと誰かさんや誰かさん達は、とても羨ましいと思っていることでしょうね・笑)

TAKAちゃん、AYUちゃん、お招きして頂きありがとうございました!

そして、最後に・・・。
『仁久斗志 望』
・・・この名前を正確に読める人はいるのでしょうかね?
f0056835_874186.jpg

・・・と問題にしてみましょうかね・・・。
最初に当てた方には、豪華粗品を進呈させて頂きますね・・・。

by seiuchi-porsche9 | 2008-12-08 07:30 | マイ・フレンズ