<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 31日

あらためまして・・・・はじめまして! 不審者です!

先ずは・・・。
★1月某日★
この日の僕は、ボクスターで出かけました。
(最近、飾棚を整理してみました)
f0056835_13272020.jpg

行きがけに、スタンドに立ち寄って給油をしましたが・・・。
例によって、残りは2リッター弱のようでした。
(残念ながら、憧れのガス欠は、ここ3年ほど経験していません)
f0056835_13275827.jpg

この日の東京は、曇り空でした。
f0056835_13282760.jpg

東京国際空港(羽田空港)に行きました。
f0056835_13285151.jpg

この日は、ryoさん主催の「お勉強会」が開催されました。
f0056835_13291720.jpg

文系の僕には、飛行機が空を飛べる、そんな理由が、今だによく判っておりません。
f0056835_13294445.jpg

この日の「お勉強会」は、撮影は20分、雑談は数時間という・・・。
僕が出席させて頂くと・・・。
ホント申し訳なく思っておりますデス。
f0056835_13301329.jpg

この日、ご一緒して頂いた皆さま、楽しいひと時をありがとうございました。
f0056835_13304296.jpg

★1月某日★
この日は、ワーゲンポルシェ914で出かけました。
(日本仕様914-6だけに使用された七宝焼きクレストとアメリカ製ピンパッジ)
f0056835_13313754.jpg

ワーゲンポルシェ914に乗るのは、去年の10月以来なので、およそ3ヶ月ぶりです。
f0056835_1335031.jpg

この日は、渡米していたボブさんが帰国なさったので、横浜でランチをご一緒させて頂きました。
残念ながら、クルマにカメラを忘れてしまい、写真が1枚もありません。
幹事のがんもさん、美味しい中華の御手配ありがとうございました。

横浜からの帰りは、がんもさんと、ご一緒させて頂きました。
がんも号997GT3は415馬力、そして我が914は100馬力です。
大人と子供の差というよりも、大人と赤ちゃんという感じです。
首都高速道路では、僕のマイペースに合わせてくださり、嬉しかったです。

この日、ご一緒して頂いた皆さま、楽しいひと時をありがとうございました。
f0056835_13353338.jpg

★1月30日★
なんとなく始めてしまった、このブログが、早いもので3年を迎えました。
この3年間のブログ生活で、巡り合えた沢山の皆様方に、心から感謝しております。

3年間で投稿した記事は、200と少々という、こんな更新しないブログにも関わらず、沢山の方々に、御訪問して頂きホントに嬉しく思っております。

訪問者数で政令指定都市になれるまでになりましたが、沢山の方々に、この愚かな囁きブログが、覗かれていると思うと・・・。
僕は、とても恥ずかしい気持ちで一杯になってしまいます。

最初はポルシェブログを目指していたワケですが・・・。
いつの日からか、知らず知らずのうちに・・・。
愚かな囁きブログに変わっていってしまいました。
(空冷時代の純正キーケースとコード式リモコンカー930タルガ)
(そして今はなき恵比寿Mrクラフト購入のPORSCHEワッペン)
f0056835_13431157.jpg


中学校は3年で卒業します。
高校も3年で卒業します。

だから、数か月前から・・・。
僕のブログも3年で、終止符を打とうと思っていました。

でも、そんな僕の心境を、何人かの方に、お伝えしたら、ことごとく反対されました。
だから、取りあえず継続することにしました。

今の僕は、欲しいクルマが何なのか、欲しいクルマは、どのメーカーのクルマなのかも、判らなくなっています。
f0056835_13455613.jpg

いや、欲しいクルマは旧いクルマばかりで・・・。
乗ってみたいクルマは、新しいクルマばかりで・・・。
そんな心境なのカモしれません。
(ご興味がある方は・・・新しい997GT3のPJ版プレスリリースをコピー貼り付けしましたので、「こちら」をクリックしてください
f0056835_13481529.jpg

いずれにせよ・・。

1台のクルマがあれば 人生を変えるのに充分だ

尊敬する巨匠は、こんなふ~に仰いましたが・・・。

若輩者の僕には・・・。
悲しいかな・・・。
まだまだ、こんな気持ちに成り切れる、そんな1台には巡り合っていないと思えるので・・・。
まだまだ、延々と雑食のクルマ生活を続けて行きたいと思っています。
f0056835_1351549.jpg

これからも、愚かな囁きばかりを、書き続けることになると思いますが・・・。
初めての方も、お気軽にコメントを頂けると幸いです。
今まで、支えてくださった沢山の皆さま、今後もよろしくお願いいたします。

(そして、また1年経った4年後に、今後のことは考えてみようと思っています)

by seiuchi-porsche9 | 2009-01-31 08:51 | ウォラス walrus
2009年 01月 17日

拝啓 関西人様 

ボクスターで、小旅行に行って来ました。
f0056835_9495491.jpg

この季節、ラジアルタイヤでの登りは辛いです。
f0056835_9501437.jpg

冬の山中湖は、寒いですね。
f0056835_9504437.jpg

箱根の関所跡には、初めて行きました。
f0056835_951250.jpg

声を掛けるのも忘れて・・。
何故か、水戸黄門様御一行を思い浮かべている・・。
そんな自分がいました。
f0056835_9511995.jpg

真冬の芦ノ湖も素敵です。
f0056835_9514241.jpg

やっぱり僕は・・・。
伊豆が大好きです。
f0056835_952390.jpg

伊豆では1泊して来ました。
f0056835_9522054.jpg

いつも暖かくして頂き感謝です。
f0056835_9525931.jpg

この日の夜は、宿泊した旅館の花火大会でした。
f0056835_9532472.jpg

旅館が独自で開催した花火大会なので・・・。
30分ほどの花火大会でしたが・・・。
f0056835_9534359.jpg

わずか数十メートルという、そんな目の前で打ち上げられる花火は・・・。
f0056835_954598.jpg

僕の今年の夢までも・・・。
f0056835_9541442.jpg

空高く打ち上げてくれているようで、なんとも素敵なものでした。
f0056835_9541836.jpg

伊豆が大好きな僕なので・・・。
伊豆には頻繁に行っています。

それなのに・・・。
伊豆の景色を、殆ど知らないという・・・。
そんな可笑しなことになっているという・・・。
そんな運転好きな、自分が居ます。

今回は、景色をゆーっくりと眺めて走って来ましたが・・・。
初めての経験のような気がしています。
f0056835_9542522.jpg

伊豆って、海だけではなかったのですね。
f0056835_9543036.jpg

富士山は、あそこですよ!
f0056835_954519.jpg

富士山は、あそこですよ!
f0056835_9554023.jpg

今回の小旅行は・・・。
関西の親友と行ったので・・・。
富士山探しの小旅行になりました。

『富士山は何処?』
そんな関西人の方々・・・。
富士山探しは得意ですので・・・。
是非!是非!
いつでも遊びに来てくださいね。
f0056835_956324.jpg


by seiuchi-porsche9 | 2009-01-17 09:57 | マイ・フレンズ
2009年 01月 08日

ああ無情!

早いもので、もう8日になりました。
松も取れつつあるので・・。
とりあえず、更新することにしました。
(昼休みの30分ほどで終える内容での投稿になりますが・・・)

僕は、皆さま御存知の通り(笑)女の子が大好きです。
遊びに一緒に行ってくれる、女の子の年齢はマチマチですが、大きく離れているほうが、多いとは思っています。

先日、エキサイトのブロガーである、とある方から、お電話を頂きました。
その方の名前を、仮にAさんとします。

Aさんに・・・。
『セイウチさんって、女の子と何の話をしたりするのですか?』
・・・と尋ねられました。

「真剣に愛を語り合うだけでなんですよ!」
・・・と僕は冗談で答えたのですが・・・。

付け加えて・・・。
「有名ホテルのエレベーターに乗ると、そのエレベーターのメーカー名が判らないように、成っているのは何故か?」
・・・とか。
「ファミレスのデニーズに行くと、キッコーマンの醤油と、デルモンテのトマトケチャップが使われているのは何故か?」
・・・とか。
「明日、物産系の会社の人に会うとすれば、何処のデパートで手土産を買えば正解だと思う?」
・・・とか。
「そんな、どうでも良いような会話ばかりしていますよ。」
・・・と、僕は言いました。

「それと・・・。これはAさんにも、試してみますね。」
・・・と言って、僕は話を続けました。

「ロビンソン・クルーソーの話は、知っていますかね?」
「ロビンソン・クルーソーの、話そのものではないのですが・・・」
「たとえば、田中さんという人がいて、航海の途中に嵐にあって、船が難破してしまい、独り無人島に漂流したとしますね。」

「この島には、魚しか食べるものが無いと仮定しますね。」
「幸いなことに、田中さんは、素潜りが得意で、素手で魚を捕まえることが出来ました。」
「ここでは、ある程度、空腹を満たしてくれるのには、毎日、魚8匹を必要とし、生きていくには、最低4匹の魚が必要だと、覚えてくださいね。」
「そして、田中さんは、素手で魚を8匹捕まえるのに、16時間掛かることにしてください。」

「田中さんは、こうして、来る日も、来る日も、毎日、16時間掛けて、魚8匹を捕まえて、毎日、毎日、魚8匹を食べて、生き伸びていました。」
「明日は、休みたいな~あと思ったら、その日は、魚4匹だけ食べて、残りの4匹を翌日に回したカモ知れませんが、そんなふ~に、田中さんは、生き伸びて生活をしていました。」

「ある日、高橋さんという人が、船が難破して、この無人島に、漂流して来ました。」
「そして高橋さんは、素手で魚が、捕まえることが出来ませんでした。」

「そこで、田中さんは、自分が素手で魚を捕まえに行き、その魚を捕まえに行っている間に、手先の器用な高橋さんに、網を作って貰うことにしました。」

「田中さんは、いつものように16時間掛けて、魚8匹を捕まえて、田中さんが4匹、高橋さんが4匹食べました。」
「田中さんが、16時間掛けて魚を捕まえている間に、高橋さんは、網を作り終えていました。」

「Aさん、この網って、誰のモノだと思います?」①
・・・と僕。
『そりゃあ、モチロン2人のモノですよね!』
・・・とAさん。

「それでは、更に話を進めて行きますね。」
「翌日は、田中さん1人で、高橋さんが編んだ網を使って、魚を捕まえに行きました。その結果、6時間掛けて、魚12匹を捕まえることが出来ました。」

「Aさん、この網で捕まえた魚12匹なんだけれど、田中さんと、高橋さんの2人で、どのように分ければよいと思いますか?」②
・・・と僕。
『そりゃあ、モチロン2人で分けるのですから、6匹づつですよね!』
・・・とAさん。

「それでは、更に話を進めて行きますね。」
「田中さんが、魚を捕まえに行っている間に、高橋さんは、手先が器用なので、家を作っていました。」

「Aさん、高橋さんは、家を作る作業を、1日何時間やればよいと思いますか?」③
・・・と僕。
『そりゃあ、モチロン田中さんと同じ、6時間でいいのではないですかね!』
・・・とAさん。

「それでは、更に話を進めて行きますね。」
「家は、10日ほどで出来ました。」

「Aさん、この家って、誰のモノなのですかね?」④
・・・と僕。
『そりゃあ、モチロン2人のモノですよね!』
・・・とAさん。

「それでは、更に話を進めて行きますね。」
「家が完成したので、田中さんが、魚を捕まえに行っている間に、高橋さんは、もっと大きな網を作ることになりました。」
「そして、その出来あがった大きな網を使うと、4時間で、12匹の魚を捕まえられるようになりました。」

「Aさん、また同じ質問になりますが、この網って、誰のモノなのですかね?」⑤
・・・と僕。
『そりゃあ、モチロン2人のモノですよね!』
・・・とAさん。

「Aさん、また似たような質問になってしまいますが、高橋さんは、明日から、ベットとか、その他の生活必需品を作るとして、高橋さんは、1日何時間、それらの作業を、やればよいと思いますか?」⑥
・・・と僕。
『そりゃあ、モチロン田中さんと同じ、4時間でいいのではないですかね!』
・・・とAさん。

「ということは、今後、高橋さんが作り出して行く、沢山の生活必需品も、田中さんと高橋さんの2人のモノということになるのですかね?」⑦
・・・と僕。
『そりゃあ、モチロン2人のモノですよね!』
・・・とAさん。

「Aさんって、ホント良い人なんで、大好きですよ!」
・・・と僕は答えました。

女の子に会って、数回遊びに行くと、僕は、この話をします。
モチロン相手にもよるので、この話をしないことも、沢山あります。
この話をすると・・・。
殆どの女の子が、Aさんと同じように答えてくれます。
そう答える女の子は、とても優しい子が多いです。
そう答える人は、とても優しい人が多いと言っても、良いのカモしれません。

僕は読書が大好きです。
読む本は、恋愛小説以外は何でも読みます。
でも、読書に関して、若かりし頃から、続けていることがあります。

それは・・・。
10ページほど読み始めて、面白くないな~あ、興味が湧かないな~あ、と感じてしまったら、その本は、そこで読むのを止めてしまい、違う本を読むことにしています。

面白くないと感じてしまったり、興味が湧かないと感じてしまった、そんな本を、最後まで読んでしまうと、読書自体が嫌いな、そんな自分に成ってしまいそうなので、あえて、10ページ前後読んで、判断している、そんな自分が居ます。
その途中で止めてしまった、その本が、たとえ3000円もするような、そんな高価な本であっても、3000円で、読書が嫌いな自分には成りたくないと、僕は、そんなふ~に思って居ます。

僕は、学生時代にバイトをして、稼いでいたこともあって、経済学とか経営学に、とても興味がありました。
ホントは、経済学とか経営学に、興味を抱いたワケではなく、ある程度の知識を持たないと、20歳前後の小僧が、大人に混じって仕事が出来ないのではないかと、思ったからでした。
だから、その種の本は沢山読みました。
判らないことばかり書いてあるので、途中で何度も、読むのを止めてしまおうと、思いました。

いつものように、10ページではなく、3ページも読むと、もうイヤになってしまう、そんな本でした。
だから、僕は、この種の本は、教科書なんだと思いこみ、読書を続けていました。
我慢して、3冊も読み終えると、本に書かれた内容も、多少は判るように成っていき、読むのが楽しく成っていたという、そんな経験をしています。

ロビンソン・クルーソーの物語は、経済学や経営学に関する本では、よく引き合いに出されて論じられています。
f0056835_12115476.jpg

話を戻して、Aさんに、お話をした内容を、経済学や、経営学の観点から捉えてみることにします。

田中さんが、漂流した時に、16時間掛けて、魚8匹を捕まえていたので、この国の国民総生産物GNP、あるいは国内総生産物GDPは、魚8匹ということになります。
1日のGNPは、魚8匹で、その全てが、その日に消費されるという、単純再生産活動になります。
つまり、GNPは毎日一定の大きさであり、生活は一向に豊かには成りません。

田中さんが、その日に捕まえた魚8匹を、その日は4匹だけ食べて、残りの4匹を翌日に回すと、その日のGNPは、魚8匹で、4匹の消費と4匹の貯蓄になるというワケです。
翌日は、魚4匹が既にあるので、魚を捕まえるのに掛る、16時間で、他の生活必需品を作ることが出来ます。
これは、経済学的に言えば、貯蓄は投資に向けられたということになるワケです。
(だから、普段でも仕事が終わっても遊んではイケナイとは思っているのですが・笑)

網を使って魚を捕まえるようになると、単純再生産は拡大再生産になるワケですが、こうして話を進めて行くと、話が更に細かくなって行くので、今回は省くことにします。

話を元に戻してみます。
高橋さんに与えた魚4匹は、高橋さんが生きて行くのに必要な、生存の基金です。
この魚4匹を与えなければ、網は生産されなかったことになります。
田中さんが捕まえた魚4匹と、高橋さんが編んだ網は交換され、これは、有償の交換取引が行われたということになるワケです。

初日に、16時間掛けて網を生産して、その網と交換に、魚4匹を交換したことになります。
2日目に、手に入れる魚4匹の価値も、高橋さんの16時間の労働ということになるワケです。
3日目も、それ以降も、高橋さんは、魚4匹を得るために、16時間の労働をしなければならないのです。

その16時間の労働で、高橋さんが作り出す全てのモノは、田中さんのモノに成るワケですから、田中さんは、日を重ねて行く毎に、豊かに成っていきますが、高橋さんは、労働力を売る以外には、生活資料を得ることが出来ずで、いつまでたっても豊かにはなりません。
これが、労働者階級と資本家階級の永遠の対立ということに、成るのでしょう。

このように捉えていくと・・・。
①の答えは、「網は田中さんだけのモノ」
②の答えは、「田中さんが8匹で、高橋さんが4匹」
③の答えは、「高橋さんは、16時間作業をする」
④の答えは、「家は田中さんだけのモノ」
⑤の答えは、「大きな網も、田中さんだけのモノ」
⑥の答えは、「高橋さんは、16時間作業をする」
⑦の答えは、「今後、作りだされる全てのモノは、田中さんだけのモノ」

・・・と、このようになります。

もし・・。
田中さんが、素手で魚を捕まえることが出来なかったり・・・。
田中さんが、網が編むことが出来ない人だったり・・・。
この漂流した島には、食べられる魚は1匹もいなくって・・・。
食べられるモノは猪だけで、その猪を捕えることが出来るのが、高橋さんだけだったり・・・。
・・・そんなことに成っていたら、両者の立場は逆転していて、高橋さんだけが、豊かになり、田中さんは一向に、豊かに成らなかったことでしょう。

こうして捉えて行くと、資本主義は残酷にも思えてきます。
田中さんが・・・。
「いつも、ありがとう。今日は魚5匹をあげるね!」
・・・こう言ってしまうと、資本主義ではなくなりますからね。

僕は、政治のことを書く気はありませんが、資本主義にも、これが頂上付近であろうという時に、その限界点の規制をしなければ、資本主義に限界はないので、生き延びる人の限界点の差が、大きく違って来る、そんな世の中になってしまうとは、思っています。

誰でもが、田中さんに成れるワケではなく、田中さんを目指して、溺れてしまった人も、沢山居るという、そんな世の中なのカモしれません。

僕は、女の子に、この話をする時に・・・。
『そりゃあ、モチロン2人のモノですよね!』
・・・と。
そんな答えを、いつも密かに期待しているのでしょう・・・。
f0056835_12121723.jpg



追記
仮に、網の大きさを更に大きく作っていった場合は・・・。
2倍の網の大きさで作れば、魚が2倍捕まえられるカモ知れませんが、4倍や8倍と、更に大きくしていくと、捕まえられる魚の数は4倍や8倍へとは、増加しないのが常です。
貯蓄を投資に回す、そんな行為を繰り返し行っていけば、利子率は必ず低下していくワケです。
他業種にも目を向け、多業種展開するという、そんな経済行為は、この為なのですが、利子率の高い業種から、競争相手は増えていくので、やっぱり資本主義は、頭の切り替えが早い人の方が向いているのではないかと、頭の切り替えの遅い僕は、思っているのです・・・。

(新年早々、クルマの話題と大きくかけ離れてしまいましたね)

by seiuchi-porsche9 | 2009-01-08 12:55 | ウォラス walrus
2009年 01月 01日

謹賀新年 (Any Time At All!)

f0056835_14344871.jpg
f0056835_1435326.jpg
f0056835_14353772.jpg

f0056835_174506.jpg
f0056835_175019100.jpg
f0056835_17554034.jpg
f0056835_1814577.jpg
f0056835_1851831.jpg
f0056835_188171.jpg
f0056835_1813983.jpg
f0056835_18183062.jpg
f0056835_18241862.jpg
f0056835_1829446.jpg
f0056835_18341514.jpg
f0056835_1836594.jpg
f0056835_18401124.jpg
f0056835_1845094.jpg
f0056835_18533017.jpg
f0056835_1859227.jpg
f0056835_199921.jpg
f0056835_1991939.jpg
f0056835_1915070.jpg
f0056835_19205326.jpg
f0056835_1927361.jpg
f0056835_19284592.jpg
f0056835_19304145.jpg
f0056835_1931507.jpg
f0056835_19405047.jpg

f0056835_19493818.jpg

f0056835_19461423.jpg
f0056835_19465336.jpg
f0056835_19473149.jpg

f0056835_19552973.jpg
f0056835_2063698.jpg
f0056835_2064815.jpg
f0056835_207635.jpg
f0056835_2071798.jpg
f0056835_2073199.jpg
f0056835_20111678.jpg
f0056835_2013069.jpg
f0056835_2016389.jpg
f0056835_20214743.jpg
f0056835_2026294.jpg

f0056835_211220.jpg

f0056835_20433517.jpg
f0056835_20435827.jpg

f0056835_2124093.jpg

f0056835_21134180.jpg

f0056835_217488.jpg

f0056835_21163812.jpg
f0056835_21176100.jpg
f0056835_212105.jpg

f0056835_21215731.jpg

f0056835_21342819.jpg

f0056835_21235681.jpg
f0056835_21241140.jpg

f0056835_2150558.jpg


by seiuchi-porsche9 | 2009-01-01 00:00 | ウォラス walrus