戦闘的に走れ!

seiuchi9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 29日

プラトニックを始めましょう!そして時には性欲スープもお召し上がれ!

我が「彩号」が、4月30日で、1年を迎えます。
1年が過ぎ去るのって、ホント早く感じています。
f0056835_15203316.jpg

この1年間を、振り返ってみれば・・・。
「彩号」のステアリングを握って、「スパイダーマン」に変身するのが、僕は大好きでした。
f0056835_15212818.jpg

そんな愛しの「彩号」で、この1年間を、13832キロ走りました。
(トリップメーターの3725キロは、去年9月以降の走行距離を示しています)
f0056835_15214935.jpg

そして、納車されてからの平均燃費は、5.9キロなので・・・。
13832÷5.9=2344.4
2344 リッターほどのハイオクを、消費したことになるようです。
f0056835_15221149.jpg

そして、平均速度は、56キロなので・・・。
13832÷56=247
247時間ほど、ステアリングを握っていたことになるようです。

247時間といえば、まるまる10日間と7時間になります。
仮に、1日の労働時間を8時間とすれば、31日分にも相当します。

「彩号」は、仕事の時には、殆ど使用していないので、意外にも(笑)、僕はよく遊んでいる人だったのですね!
f0056835_15223677.jpg

納車前から・・・。
『旬は短いので、沢山乗ってください!』
と言われた「彩号」だったワケですが・・・。

その助言は、現実のモノとなり、我が「彩号」は1世代前の987ボクスターになりました。
RS60スパイダーという限定車であっても、こうして、旬が過ぎ去ってしまえば・・・。
やっぱり!新しいモノに、惹かれてしまうものではありますね!
f0056835_15225695.jpg

仮に今、手放そうとすれば、(中古車の価格は暴落気味なので)その価値は購入価格の半分ほどに成りそうではあります。

新車を購入すれば、まあ、そんなモノとは判ってはいても、失ったその貨幣で、欲しいモノが沢山買えるということも、事実ではあります。
とは言っても、過ぎ去ってしまったことは、後悔しないと決めているので、いや、最初から、こうなることは、見通して購入したつもりなので、少しも後悔などは、していないのです。

ただ、ローンで新車を購入する時には、何年乗ったら手放すのかと、そんなことを決めておかないと、手放す時に追い金が必要になりそうな、そんな中古車相場に成って来ていると思っています。

僕の「彩号」は、頭金はゼロに等しい、そんな形のフルローンでの購入でした。
他にもクルマのローンの支払があるので、48回にしてしまったのですが・・・。

仮に、100万円のクルマを48回で支払えば、利息を考えないことにしても・・。
1年後(12回支払)の残債は75万円で、2年後の(24回支払)残債は50万円で、車検を迎える3年後(36回支払)の残債は25万円ということになるワケです。

この48回ローンを、多少の無理を覚悟で、36回で支払うとして、利息を考えないで、同じように計算をしてみれば・・・。
1年後(12回支払)の残債は67万円で、2年後の(24回支払)残債は33万円で、車検を迎える3年後(36回支払)の残債はゼロということになるワケです。

僕のように、無計画で、かつ、思い付きだけで、クルマを買ったり、手放したりする人は、世の中に殆ど居ないと思うのですが・・・。
こんな無計画なクルマ生活を送っている、そんな僕にとっては・・・。
どの時点で手放せば、ローンがチャラに成るという、そんなことが、とても重大なテーマにはなっています。
かなりの無理を承知のうえで、無理をしても、やっぱり、36回にしておけば良かったと、この点に関してだけは、多少の後悔をしています。
(3年後の貯金と考えてもという意味が含まれてもいます)

最近の僕は、どうせ手放す時には、ローンの残債整理だけで終わってしまい、手元にお金が残るワケではなければ、リースという方式で、クルマを手に入れても、あまり変わらないような気もして来ていますが、細かく計算してみれば、法人購入でない僕なので、やっぱりフルローンでの購入に、今後もなるようではあります。

「彩号」が納車されて、1年を迎えるワケですが、何故か、こんな計算ばかりしてしまい、実際の価値よりも、ローンの残債のほうが多い、そんな「彩号」を、これからも楽しむ決意をしたのでした。
(いや、正確に書けば、楽しまなければイケナイ人だったのでした)

沢山乗って、楽しまなければ!
と思った僕は、「彩号」で箱根と伊豆に行って来ました。
(CGで有名な、いつものコーナー)
f0056835_15232756.jpg

箱根に向かったのは、あと2週間あまりと、迫ってきた伊豆ツーの下見でもしようかと、そうも思って行ってはみたのですが・・・。
f0056835_15234647.jpg

ツーリングを行う時に、計画的にタイムスケジュールを立てたり、何処で何時に休憩して、そこを何時に出発するとか、そんな細かな計画を立てたりしていると、いざ本番という、そんな当日になって、僕の計画した、そんな僕の思惑通りにイカナイことになってしまうと、僕はイラ立ってしまうような、そんな気がしています。

そして・・・。
ふと自分自身のことを、見つめ直してみれば・・・。
今更ながら、気づいたことがありました。

そうなんです!
僕はもの凄い適当な人なワケで、子供の頃からの出来事を振り返ってみても、無計画な行動しかしていないという、そんな人物だったのでした。

そして・・・。
ご参加してくださる、そんな参加者のお顔ぶりを、思い浮かべてみれば・・・。
その多くの方が、ナントモ適当という、そんな言葉がピッタリな方の集団だったのでした。

下見のツーリングをしようと、思っていた僕だったのですが・・・。
物凄く適当な僕は、こういう結論に至りましたので、ご報告いたします。

ツーリング当日は・・・。
34台41名の方が・・・。
この地図の中の何処かに居れば・・・。
それは・・・。
誤差の範囲ですから安心してください!
たとえ、周りに誰も仲間が居なくなってしまっても・・・。
それは・・・。
誤差の範囲ですから、安心して、独自の感でお走りくださいませ!
f0056835_15244737.jpg

そうと、決めてしまった、この日の僕は・・・。
ツーリングでは立ち寄らない、そんな場所ばかりに、あえて行ってみることにしました。

缶コーヒーを飲みながら、コーヒーの実をみたり・・・。
f0056835_1525957.jpg

バナナを見て、自分の元気なバナナを再確認したり・・・。
f0056835_15253810.jpg

バナナがあれば、マンゴーも、何故かあったりするワケで・・・。
f0056835_15262525.jpg

まだまだ完熟していない、マンゴーだな~あ!と思いつつ・・・。
恵比寿マスカッツを思い出していたワケで・・・。



そうか・・・。
漢字で書けば「太もも」かよと思ったら・・・。
f0056835_15272584.jpg

「君の番だよ!」と言われている気がして来て・・・。
f0056835_15324366.jpg

「おおそうか」
f0056835_15325179.jpg

「僕の番なんだ!」と思うワケで・・・。
f0056835_15332153.jpg

そして・・・。
亀を見た突端に・・・。
こんな、おバカなことばかり思っていると、DENさんに叱られそうだと思ったのでした(笑)
f0056835_15335782.jpg

それでも、やっぱり!
コンパニオンが渡って来るという、そんなループ橋を走って、期待に胸を膨らませてみたりと・・・。
なんとも、おバカな自分がいたのでした。
f0056835_15363613.jpg

納車後1年も経つと、飛び石や、下を擦ることも、もう全くと言っていいほど、気にならなくなって来るワケで・・・。
未舗装の道路も、楽しく感じてしまうものなんですね。
f0056835_15365795.jpg

ふとクルマを停めてみれば・・・。
ゼンマイ仕掛けのお人形が動き出し・・・。
f0056835_15381592.jpg

「空気が美味しい!空気が美味しい!」
と叫びながら、走って行ったのでした。
f0056835_15374624.jpg

1905年の、103016円とは、どれほどの価値があるのか、全く判らなかったけれど・・・。
f0056835_153841.jpg

何故か・・・。
f0056835_15382949.jpg

2往復も走ってしまった・・・。
f0056835_15384883.jpg

そんな、素敵なトンネルではありました。
f0056835_15414014.jpg

そして・・・。
何故だか、ゼンマイ仕掛けのお人形は・・・。
今だに 「はあ・はあ」 と、息を切らしているのでありました。
f0056835_15422067.jpg

久しぶりに、ステアリングを握った、ボクスターではあったけれど・・・。
f0056835_15424248.jpg

やっぱり!
僕は、このクルマが大好きみたいではあります!
f0056835_1543831.jpg

林道の途中で、お話させて頂いた、青年のクルマには・・・。
関西人様の憧れのナンバーが付いておりました!!!
f0056835_15443572.jpg

『セイウチよりも、こっちの名前のほうが向いていると思うよ・・・』
とゼンマイ仕掛けのお人形が言った、その指先を見てみれば・・・。

そこには、「ナマケモノ」が居るワケで・・・。
f0056835_15445361.jpg

僕が・・・。
「ダイエット中で、キリンのように菜食主義者なんだ!」
と言えば・・・。
f0056835_15454598.jpg

『ゾウよりは細くなったね!』
とゼンマイ仕掛けのお人形は言うワケで・・・。
f0056835_1546514.jpg

「君のヘアースタイルも同じだね!」
なんて、そんな冗談も、何故だか、クチにも出せなくって・・・。
f0056835_154630100.jpg

「それは食べれないよ!」
なんて、そんなことは、怖くてクチにも出せなくって・・・。
f0056835_15474419.jpg

何年も生きて来てはいても、女の子の気持の全ては理解出来ずでいて・・・。
なんの拍子に、どんな時に、いつ角を出して来るのか、判らなくって・・・。
角を出したら、きっと、こんな感じなんだろうな~あと思いつつ・・・。
f0056835_15495578.jpg

オウムのように、喋り続けて、相手に考える余裕も与えないのが、大得意の僕なのに・・・。
f0056835_15511677.jpg

水辺に浮かぶ、アヒルのように、不思議と静かにしていたのでした。
f0056835_15514465.jpg

そして、帰り道で、この信号を見た時に・・・。
この先、何歳になって、どんなオジンに成ったとしても・・・。
敏感に反応する、そんなドSUKEBEなオジンでありたいと、思ったのでした。
f0056835_15525668.jpg


by seiuchi-porsche9 | 2009-04-29 15:53 | ポルシェ987ボクスター
2009年 04月 23日

アルファロメオ MiTo !そして伊豆の業務連絡!!!

アルファロメオ『MiTo』をお借りしました。
f0056835_1514326.jpg

3ドアハッチバックボディは、8Cコンペティツィオーネを彷彿させるスタイリングが特徴という、そんな事前知識しかなかったのですが、実車を眺めるていたら、8Cコンペティツィオーネの「チェロQ」という、そんな感じがしないでもないでしたが、なかなか可愛い感じのするクルマではありました。
(僕的には、どうしても、8Cコンペティツィオーネのスタイルが、頭から離れないので、格好良いというよりも、可愛いという、そんな印象を受けました)
f0056835_1515171.jpg

(8Cコンペティツィオーネの写真は全てM君の実車から)
f0056835_1515886.jpg

ダッシュボードのカーボン風は・・・なんとなくとは思ってしまったのは、事実ですが・・・。
3つのペダルは、なかなかお洒落なデザインで、僕の好みでした。
f0056835_152411.jpg

排気量も価格帯も、全く違う8Cと比較するのも、意味はないのカモしれませんが、8Cコンペティツィオーネの内装は、やっぱり相当に格好良いですね。
f0056835_1522581.jpg

全長が4070mm、全高1475mm、全幅1720mm。
着座の低いクルマに乗っている僕は、着座の高さに慣れるまで、多少の違和感があるのですが・・・。
慣れてしまうと、とても運転し易いクルマでした。
f0056835_1525682.jpg

6速MT、シフトノブの向こう側にあるのが、ダイナミックモードの切り替えスイッチ。
f0056835_1532657.jpg

僕的には、直進安定性も、ストッピングパワーも、必要にして充分という感じではありました。
6速は当然としても、5速の加速感がイマイチに感じてしまったのですが、あとでスペックを調べてみたら、5速が0.875で、6速が0.744なので、納得しました。
(因みに4速は1.067で、ファイナルは4.176でした)
f0056835_1535739.jpg

途中のSAに、立ち寄りましたが・・・。
今が旬で、アルファレッドに塗られた真っ赤な目立つクルマであっても、注目度は殆どなく、最近は、やっぱりクルマ離れしているのだな~あと、実感しました。
(因みに東京や、東京近郊のSAでも、8Cコンペティツィオーネは、フェラーリやランボなんかとは違って、人だかりが、殆ど出来ないクルマではありますが)
f0056835_1543217.jpg
f0056835_1545825.jpg

高速道路を某ICで降りて、田舎道を走ってみました。

駆動方式はFWDだと、直ぐに判る味つけのクルマではあっても、あの147GTAのような、濃い味付けではなく、あの危なかしさが、チョットばかり懐かしくは、感じてしまいました。
(僕の好みは独特なので・笑)
f0056835_1552439.jpg

MiToにGTAが追加された時に、是非ステアリングを握ってみたいと、今から思っていますが、強気の価格設定に成らないことを、切に願っている、そんな1人でもあります。

いずれにせよ、僕には試乗感想みたいなことは、この程度しか書けないので、ご興味がある方は、試乗をお勧めします。
(僕は1000キロほど運転しないと、何も判らないという超鈍感な人ですから)

以下はレスポンスからの抜粋です。
日本導入されるアルファロメオ『MiTo』。
発表会では小さい子供たちにベールを取り去る演出で“ベイビー”を強調した。
しかし、全幅は1720mmと3ナンバーサイズで、エンジンは155馬力と決してベイビーではないスペックを持つ。
ボディサイズは、全長が4070mm、全高1475mm、全幅1720mm。
ホンダ『フィット』やトヨタ『ヴィッツ』よりも前後左右が少し大きく、高さが少し低い。1700mmを超えるため3ナンバーが付けられる。
2ドアなのでドアの面積が大きくなるため、実際のサイズよりも少しコンパクトに見える。
MiToのエンジンはインタークーラー付きターボチャージャー搭載の直列4気筒DOHC16バルブ1.4リットルエンジン。
最高出力は144kW(155ps)、最高トルクは通常時が201Nm(20.5kgm)、ダイナミックモード利用時が230Nm(23.5kgm)となり、排気量こそ小さいものの、コンパクトカーとしては高性能のエンジンとなる。
このエンジンを6速MTを介して17インチホイールを履く前輪を駆動、MiToの0-100km/h加速は8秒、最高速度は215km/hだという。
ブレーキもブレンボ製のアルミモノブロック対向4ポッドキャリパーを搭載、大口径の17インチホイールのすき間からは305mm径のブレーキディスクが見える。
フィアットグループオートモービルズジャパンのポンタス・ヘグストロム社長が「コンパクト化がプレミアム視される」と分析するように、小さくても、サイズの大きなアルファロメオ車に引けを取らない高性能車となっている。


★★★★★★★★★★★★★
★★そして、伊豆のツーリングに参加してくださる皆さまへ★★

僕は適当な人なので・・・。
まだルートも集合時間も、何ひとつとして考えていませんが・・・。

下記のアドレスに、空メールで構いませんので、1度、送信してくださると助かります。

理由は・・・。
メルアドを存じていない方がいらっしゃることと、僕の今後の作業が楽に成るという、全ては、そんな僕の勝手な都合からです。


no_reply_no_reply@yahoo.co.jp


メルアドからも、お察しして頂けると思いますが・・・。
NO REPLY ということで、僕からの返信メールは、限りなく遅いですので(笑)、ご了承してくださいませ。
ご協力のほどヨロシクお願いいたします。


お願い!
空メールとは書いたけれど、誰からなのか判らないので、せめて名前だけは書いてくださいませ!

★★★★★★★★★★★★★

by seiuchi-porsche9 | 2009-04-23 01:56 | ウォラス walrus
2009年 04月 19日

デイ・ドリーム・ビリーバー!(914の夜 930の朝)

azmo先生主催の『まったりオフ』に参加させて頂きました。
先ずは・・・。
f0056835_2049412.jpg
f0056835_2050186.jpg

この日の僕は、ワーゲンポルシェ914で行きました。
(shirokuma号、遠方よりお疲れさまでした)
f0056835_20503320.jpg

(中均号、まだ手放さなかったのですね・笑)
f0056835_2051237.jpg

(neo号、助手席写らないように苦労しました・大嘘笑)
f0056835_20512233.jpg

そして、横浜へ。
f0056835_20514790.jpg

azumo橋にて。
f0056835_20521289.jpg

エアコンレス(914の時代だとクーラーですが)の914には、今が最高の季節になります。
f0056835_2052342.jpg

集合場所を間違えたようで(笑)、誰も居ませんでした。
f0056835_20525570.jpg

それならばと・・・。
赤レンガへと移動。
f0056835_20531642.jpg

赤レンガ倉庫の駐車場は、入庫待ちで列が出来ていました。
(neo号の前のクルマは女の子3人組だったのを見落とさなかった僕だったのでした・笑)
f0056835_20533635.jpg

入庫待ちの時間に、独り撮影教室をしました。
(早い話が並ぶのに厭きているのです!)
f0056835_20535562.jpg

あともう少し・・・。
f0056835_20541677.jpg

"家に帰っても誰も待っていない男"のクルマに・・・。
"家に帰らない男"のクルマが映っています。
f0056835_2054356.jpg

"家に帰らない男"のクルマに・・・。
"家に帰っても相手にされない男"のクルマが映っています。
f0056835_20545739.jpg

そして、皆さまと・・・。
やっと合流。
(食欲旺盛そして性○旺盛な某氏・笑)
f0056835_20551839.jpg

そして・・・。
混雑している横浜市街を後にして、大黒に行きました。
(僕が撮った写真は、これ1枚だけでゴメンナサイ)
(とはいっても僕の腕ではムダですから)
f0056835_20553882.jpg

20数台は集まっていたと思いますが・・・。
初めてお会いした方が沢山いらっしゃって、マトマな御挨拶も出来ずで、ホント申し訳ございませんでした。

一応は・・・。
「自己紹介か何か、したほうが良いのじゃないですかね?」
・・・と、僕は言ったのですよ。
『でも、どうせ覚えきれないから良いのじゃないですかね!』
と某氏と某氏と某氏と某氏が・・。
「それもそうだね!」
・・・と僕も答えちゃいました(笑)

そんなワケで。
大黒でご一緒だった皆さま、楽しいひと時をありがとうございました。
(お土産も戴いてしまい、ご馳走さまでした!)

そして、"家に帰っても相手にされない男"は自宅に帰ったのですが・・・。
23時19分に、関西適当軍団な方々から、写メールが届きました。
どうやら、関西適当軍団な方々は、トレーニング中のようで、厳しいトレーニングの様子が、ビンビンに伝わってくる写真です。
f0056835_205607.jpg

関西適当軍団の皆さまに限らず、このブログを始めてからの3年間で、僕は沢山の方々と、お友達になることが出来ました。
この場をお借りして・・・。
「いつもありがとうございます!」
と心から、お礼を申し上げます。

今月に入ってからだけでも、kuniさんが遊びに来てくれたり、クマピョンさんが遊びに来てくれたり、DENさんが遊びに来てくれたり、テッカマンさんとウナギを食べに行ったりと、ご近所の皆さんとは言えない、そんな方々が、僕を遊び仲間に加えてくださっています。

そして、この日の昼間には、東海地方在住の某君から、お電話を頂いたり、夜には、こうして、関西適当軍団の方々が、写メールを送ってくれたりと、遠くにはいても、いつも沢山のお気遣いをしてくれています。

こうして、ほぼ毎日、誰かしらが、僕に電話やメールをくださいます。
僕は、そのことがとても嬉しくって、嬉しくって、女の子よりも友達だと思ったりしています。
でも、それは、「ホンノ」一瞬であって、僕は、やっぱり、女の子の方が好きではあります。
そのほうが、僕らしいでしょ(笑)

話は戻って・・・。
関西適当軍団の方々に、僕は電話を入れました。
そして、厳しいトレーニングの様子を、直接お聞きしました。

この日のトレーニングコーチである、かなコーチ、ゆりコーチ。
あ~あ、もう1人のコーチのお名前が思い出せないのですが・・・。
3人のコーチから、関西適当軍団の現状と見通し(笑)をお聞きしました。

3人のコーチ様には、30分は話して頂いたと思うので、なんか、とても徳をした気分で・・・。
見たこともない3人のコーチのお顔を想像し、僕は眠りについたのでした。

眠りについた、僕は夢をみました。
夢の中の僕は、神戸のホテルに居ました。

そして、朝の眩しい日差しを浴びて、僕は目覚めました。
ふと見渡せば・・・。
コーチ3人が、大きなベットに3人で寝ていて、僕は毛布1枚を身体に巻いて、床で寝ていました。

ふと気になって・・・。
毛布に巻かれた自分の状態を、恐る恐る、確認すれば・・・。
僕は、ちゃ~あんと、洋服を着ていて・・・。
ふと安心したと思ったら、ふと後悔している、そんな夢をみました。

何故だか、理由なんか判らないけれど、寝坊しちゃったと思った僕は、地下の駐車場に大急ぎで向かい、駐車場の出口にあるゲートに、猛スピードで突っ込んで、粉々に飛び散っていく、赤と白に塗られたバーを、ルームミラーで確認しながら、ホテルのロビーに向かったのでした。

エントランスには、「Kobe Bay Sheraton Hotel&Towaers」と書かれていて、クルマ寄せには、見覚えのあるクルマが5台ほど停まっていて、僕にパッシングの合図を送ってくれています。

僕は、ここのホテルに、夢ではなく、現実に何度となく、宿泊しています。
そして、このホテルに僕が宿泊していると、ブログのお友達が、遊びに来てくれたり、道に迷わないようにと、一緒に走って送ってくれたり、翌朝は、道に迷子にならないようにと、迎えに来てくれたりしています。

神戸に限らず、名古屋や大阪のホテルに宿泊すれば、名古屋や大阪のお友達が、同じことをしてくださいます。

僕がブログを始めた、あの3年前から、今の今までずーっと、僕は、名古屋に宿泊しても、大阪に宿泊しても、神戸に宿泊しても、いつもいつも同じように、してくださいます。

最初は、顔も見たこともなかった人達が、名古屋や大阪や神戸に、勝手に行ってしまった、そんな僕に、会いに来てくださいました。
今は、オフ会がブログの中でも盛んになりましたが、僕の場合の殆どは、自分の勝手な都合で、勝手にお邪魔してしまった、そんな行動ばかりでした。

僕は、関西適当軍団の方々と、電話をしてから、寝たのですが・・・。
この夜の僕は、そんなワガママな自分を思い出し、そんな僕を、暖かく迎えてくださった、そんな夢をみたようです。

そして、ふと気づけば、僕は横浜に居ました。
f0056835_20571076.jpg

まるで夢のように、昨日は人混みで溢れていた、赤レンガには、誰ひとりとして居ませんでした。
f0056835_20573324.jpg
f0056835_2058586.jpg

まるで夢のように、昨日並んだ駐車場の入り口がありました。
f0056835_2058335.jpg

そして・・・。
まるで夢のように、僕はホテルの前にクルマを停めていました。
f0056835_2059177.jpg

そして、これが夢ではないと、僕は気付きました。
横浜から、東名高速に向かったことがない僕は・・・。
夢のように、迷子にならないように、道案内なんか出来なくって・・・。
ただ、一緒に道に迷っているだけでした。
f0056835_2059285.jpg

これは現実なんだと、気付いた僕は・・・。
なんと関西人なお方に、道案内されて、東名高速に向かったのでした。
f0056835_20595515.jpg

そして、某SAでakiさんと合流しました。
f0056835_2101737.jpg

そして、僕はというと・・・。
御殿場で降りて、皆さまとお別れしました。

ご一緒して頂いた皆さま。
一体何をしに行ったのか、全く判らない僕の行動にも関わらず、暖かく迎えてくださって、ありがとうございました!
f0056835_2104566.jpg

完璧なまでに、夢から目覚めてしまった僕は・・・。
天気も良いし、関西の方々の大好きな富士山も最高だしと・・・。
なんとも素敵な夢をみたものだと、思ったのでした。

ただ、ひとつだけ、大きく後悔しているのは・・・。
慌てて家を飛び出してしまったようで・・・。
助手席に、ゼンマイ仕掛けのお人形を乗せてくるのを、忘れてしまったことだったのでした。
f0056835_2122642.jpg


by seiuchi-porsche9 | 2009-04-19 21:02 | オフ会 ツーリング
2009年 04月 18日

ワクワク!

4月某日。
この日の僕は・・・。
安全運転ではあったけれど・・・。
仕事をチョットだけ、抜け出してしまいました。
f0056835_10403057.jpg

この日の僕は・・・。
ボクスター987(2.9PDK)に乗って行きました。
(借りモノです・・・いつも感謝です!)
f0056835_10412773.jpg

途中で・・・。
ケイマンS(Tip)と交換して頂きました。
綺麗なテラコッタの内装と、この使い易いステアリングが・・・。
僕の心を、ワクワクさせてくれました。
f0056835_10414633.jpg

ワクワクといえば・・・。
Tekkamenさんですね。

TekkamenさんのケイマンSを僕が運転して・・・。
f0056835_1042884.jpg

Tekkamenさんは、ボクスター987(2.9PDK)を運転してと・・・。
f0056835_10423153.jpg

この日の僕は・・・。
neoさんと・・・。
f0056835_10425733.jpg

Tekkamenさんと・・・。
ウナギを楽しみに行きました。
f0056835_10431794.jpg

Tekkamenさんにとっては・・・。
片道700キロのウナギになるワケですが・・・。
如何でしたかね?
(お土産に戴いてしまったクッキー美味しかったです!ありがとうございました!)
f0056835_10434197.jpg

ウナギを楽しんだ後に・・・。
散策をしました。

やまださんに、お邪魔したのは3度目なのですが・・・。
僅か数分歩くと、こんな素敵な場所があったと・・・。
初めて知りました。
f0056835_1044291.jpg
f0056835_10441941.jpg

Tekkamenさん、neoさん。
楽しいひと時をありがとうございました。

さて・・・。
ボクスター987(2.9PDK)なのですが・・・。
こうして、チョットばかり長い距離を走ってみると・・・。
パワーはあるし、足はしなやかなのにシッカリしているし、PDKの反応にも不満は全くないしと・・・。

オプションの18インチを履いていたのですが、ステアリングを切り始めた時の(ある程度の速度で)、キビキビ感もあるし、ある意味では、僕のRS60の19インチよりも、楽しく感じてしまいました。

「スポーツ」と「スポーツプラス」という2つの使い分け方が、イマイチというよりも、全く判っていない僕は、常時「スポーツプラス」で走っていました。
(途中で走行1000キロを超えました)
f0056835_10472185.jpg

僕は、基本的にMT派なので、PDKを運転しても、殆どマニュアルモードで走っています。
(こうして何台かで一緒に走っている時はオートマモードですが)
PDKであっても、MTと同じように、4000回転以上を維持して、トラクションを感じて走るのが、僕の好みです。
ウェットの日は、これと正反対の運転をして、トラクションをかけないように走っています。

いつも高回転を保って走っている僕なので、ウェットになると、どう運転していいのか、判らなくなっていて、雨の日の僕は、とても遅いです。

僕は旧いクルマが好きなので、雑にガスペダルを踏むと、何処に飛んで行ってしまうか判らないような、そんなクルマに、とても惹かれます。
惹かれてはいても、僕の技術では、右足のつま先が、そんなに繊細に動かせるワケがありません。
だから、993GT2やF40のように、400馬力オーバーのクルマで、トラクションコントロールの付いていない、そんなクルマを、自由自在に操れる人を、とても尊敬すると共に、心から憧れています。

997カレラS(TipでもPDKでも)は、ボクスターやケイマンよりも(Sを含めて)、パワーがある分、1速でフル加速して行くと、走り出しの時に、お尻が左右に、やや暴れようとします。
トラクションコントロールが付いているので、その暴れは、直ぐに納まり、リアタイヤをグリップして、加速して進んで行きます。
トラクションコントロールの付いていないクルマだと、リアが暴れだしたら、右足をチョットだけ緩めてから、また踏んでと、僕は、そんなふ~に走っています。

僕のようにオジンの人ならば、判って頂けるのカモ知れませんが、免許を取得した頃の、そんな時代のクルマは、コーナーでタイヤが綺麗な連続音で鳴き続ければ、そのクルマの性能の限界付近でコーナリングしていて、タイヤのスキル音が発せられなければ、そのクルマのコーナリング速度の限界には、まだほど遠く、音は発していても、綺麗な連続音ではなくなった時には、それは、そのクルマの限界コーナリング速度を超えていると、なんとなくではあるけれど、クルマ自身が、教えてくれた、そんな時代のクルマでした。

だから、僕は今でも、トラクションコントロールが付いてはいても、(限界付近を無言で教えてくれるような)多少は暴れるような、そんなクルマに惹かれたりしています。
60年代から70年代にかけてのアメ車は、馬力もトルクもあって、今の時代と比較すれば、クルマ自体も、比較的軽かったので、3速ATであろうと、右足を思いっきり踏んで、スタートして行けば、大きなスキル音と共に、もの凄い勢いでスタートして行きました。

この時に、ステアリングを左右に、少しでも切っていたり、リアタイヤの左右のどちらかの路面が濡れていたり、路面に傾斜があったりすると、大きなスキル音と共に、自分の想像していたこととは違う、そんな方向に、クルマは向かって行きました。
(僕の経験ではマッハワンやトランザム、クーガーやダッジチャレンジ、コメットGTなどですが)

これはドカンターボのクルマでも同じような経験をしていてます。
ビトルボスパイダー(88年式)で、首都高速の料金所に行ったことがありました。
そして、その日は小雨でした。
ここの料金所は、ゲートが7~8ヶ所ほどあり、僕は1番左側の料金所を利用しました。
料金所の先は、首都高速なので2車線で、その2車線は料金所の先、右側にあります。
つまり、僕は、1番左側から、右側の2車線に入らないとイケマセン。
f0056835_10474392.jpg

首都高速の専用回数券を渡した僕は、早く行こうと思い、右足を思いっきり使い、フル加速して行きました。

右に行きたいので、右側に少しステアリングを切って、フル加速して行きました。
数十メーター進んだら、ホンノ少しだけ、お尻が左側に流れ出しました。
慌てて、ガスペダルを緩めたのですが、2つのターボが完璧なまでに効いていて、エンジンの回転は、思いの外、落ちませんでした。

僕は、右足を緩めた、そのままの状態で、周りの景気を、ただ眺めていました。
クルマは、クルリと綺麗にUターンして、今来たばかりの料金所の方に向かって行きました。
ゆっくり、ブレーキを踏みながら、進んで行きました。

マセラティ・ビトルボスパイダーは、左ハンドルでした。
最初に料金を支払う時に、右側に居る係のオジサンに、(ETCなど無い時代なので)回数券を渡すのに、苦労しました。

それなのに、今度は、さっきのオジサンとは違う人とはいえ、僕とは目の先になる、左側にいました。

もう僕の、慌てて焦った気持は、納まっていました。

そんな僕は、係のオジサンにこう言いました。
「やっぱり!こういう場合は、もう1回料金支払うことになるのですかね?」
係のオジサンは、これといって不思議がるでもなく・・・。
『首都高速には往復チケットないですからね!』
と笑顔で言ってくれました。

そして、赤い旗を取り出して、料金所に向かって走って来るクルマの流れを止め、僕を優しく誘導してくれました。

僕は逆走しているので、Uターンしました。
そして、今度は1番右側にあるゲートに向かい、そこの料金所のオジサンに、こう言いました。
「こういう場合は、もう1度料金支払うのですかね?」
係のオジサンは、これといって不思議がるでもなく・・・。
『料金所のゲートを通過する場合は、料金を徴収する決まりですから・・・』
と真面目な顔で言ってくれました。

僕は、真面目なオジサンに、また回数券を渡しました。

このボクスター987(2.9PDK)は、1速でフル加速すると、スキール音を発します。
思いの外の挙動をしてくれる、そんなクルマに惹かれる僕は、そんな遠い昔を思い出し・・・。
あれから、20年も経つのだな~あと、白くなった鼻毛を1本抜いたのでした。

by seiuchi-porsche9 | 2009-04-18 10:47 | オフ会 ツーリング
2009年 04月 15日

自転車で出せるだけのスピード 風さえも追い越した気がした

★4月某日★
夜の六本木を散策してから・・・。
こともあろうことに・・・。
クマピョンさんと、ひと夜を共にしてしまいました(笑)

最近の僕は、ダイエット中なのですが・・・。
育ち盛りのクマピョンさんは、寝る間際になっても・・・。
ルームサービスを頼んで、食べ続けていました。
(おにぎり3個で1800円・・・やっぱり東京の物価は高過ぎると思います)
f0056835_1252447.jpg

★その翌日★
この日は、朝から中央道を走りました。

お約束の渋滞ですが、9キロ30分ならば・・・。
まだ平均速度は、18キロも出ているワケで・・・。
関東では、日常的な普通の光景ではありますね。
f0056835_125336100.jpg

途中、964カレラ2に遭遇して・・・。
ソリッドの黒だから・・・。
大阪にでも運ぶのかと・・・(笑)
勝手に想像しちゃったりしていました。
f0056835_12535356.jpg

そして、集合場所に無事に到着しました。
(neoさん号、DENさん号、、クマピョンさん号と一緒に)
f0056835_12541640.jpg

そして、集合場所には・・・。
納車されたばかりの、Kazuさん号もありました。
Kazuさん、M3ご納車おめでとうございます!
(これから、どんなふ~に進化していくのカモ楽しみにしていますね!)
f0056835_12543836.jpg

この集合場所から、カレー屋さんAfganまでは、15キロほどあると思うのですが・・・。
Afganまでの道のりを、クルマ組と自転車組と、2組で向かって行きました。

自転車組は、「Team900R」 様の皆さまです。
Kazuさん、PANDAさん、ゆーじさんと、3人のお名前しか存じていなくって、申し訳ないのですが、自転車組は6名でした。
(もっと自己紹介に時間を掛けておけば、良かったと深く反省しております)

いよいよ、Afganを目指して・・・。
Team900R様のスタートです。
f0056835_1255410.jpg

この日の僕は、930カレラで行っていました。

来る途中にエアコン・ファン(ブロアー)のモーターが焼き付いてしまいました。
エアコン吹き出しグチから、強烈な焦げ臭い異臭を伴った、豪快な煙を撒き散らし、モーターの寿命は尽きてしまったようです。
僕の年式の930カレラは、左右に2個のモーターではなく、中央に1個(ボンネットの中)のモーターだと記憶しているのですが、僕的には、それが壊れたのだと、診断しています。
f0056835_12575821.jpg

(ド素人の)僕の診断通りなのかは、点検に出して、メカに見て頂かないと判らないのですが・・・。
それなりの出費を、覚悟しなければ、成らなそうではあります。

その経過は、機会がある時にでも、書きますが・・・。
それと同時に、この930カレラ購入の話があった時に・・・。
誰かに譲らずに、取りあえず僕が購入して、そして乗ってみることに決めてしまい・・・。
そうしておいたことが、とても良かったことだったと、今は思っています。
(帰路では何故かブレーキの警告灯も点灯しちゃったりしているのでホント良かったです)
f0056835_12582641.jpg

そして、クルマ組も遅れてスタートしたワケですが・・・。
僕は、クマピョンさんの、RS60スパイダーのステアリングを、握らさせて頂きました。

クマピョンさんに・・・。
『セイウチさんのと比べてどうですか?』
と後で聞かれましたが・・・。

僕と同じクルマであっても、最後に乗ったのが、3月20日(南房総ツー)なので、もう忘れてしまっています。
(忘れてしまったのは、細かなタッチとかなので、同じクルマにしか思えなかったのです)

だから、僕には・・・。
「きっと同じなんじゃないの・・」
・・・としか答えられなくって、幸運にも色々なクルマのステアリングを、握らさせて頂いている、そんな僕としては、なんか、とても恥ずかしく、感じてしまいました。

ただ、自分を弁護するのが、許されるならば・・・。
(3月20以降の)ここ数週間あまりの期間に限っても、(それなりの走行距離で)ステアリングを握らさせて頂いた、アルファロメオ8Cや、F430や、F40や、そして試乗距離は数十キロと、短めではあったけれど、アウディーR8や、(更に短い試乗距離ではあったけれど)993RSなどのドライビングフィールは、今でも鮮明に覚えてはいます。

(アルファロメオ8C)
f0056835_1259372.jpg

(F430)
f0056835_12593173.jpg

(F40)
f0056835_12595153.jpg

そして、ここ数週間あまりの僕は・・・。
自分のクルマとしては・・・ワーゲン・ポルシェ914、930カレラ、旧めのメルセデス、旧めのゴルフ、旧めの英国車と・・・旧めのクルマばかりに、乗って生活しています。

自己弁護が許されるならば、ここ数週間で、ステアリングを握ったのは、どれも・これものドライビングフィールが、とても個性的で(旧車の大衆車は今と成ってはという意味です)、記憶に残そうとは思わなくても、記憶に残ってしまうという、そんなクルマばかりに成るのカモしれません。

だからといって・・・。
RS60スパイダーが、個性的でないと言っているワケではありません。
全てにおいて万能に近く、運転していて、不自由と感じる部分が皆無に近いという、そんな素晴らしいクルマだと、僕的には思っています。

今の僕の・・・。
マイブームは、カニ目なのですが・・・。
f0056835_1302656.jpg

同じオープンカーでありながら、ボクスターとカニ目では、所有した時の、その不自由さが大きく違うと思っています。

どちらが好みかは、別の問題で・・・。
何ひとつとして、不自由に感じない、そんな素晴らしいクルマに乗っていると、いたるところが、不自由に感じる、そんなクルマに惹かれて、そんな不自由なクルマと一緒に生活をしていると、何ひとつとして、不自由に感じない、そんな素晴らしいクルマに惹かれると、僕の今まででのカーライフは、このことの繰り返しと言っても、過言ではありません。

ただ、クルマを何台か並べて、同時に乗り比べたりすると、不自由なクルマの印象が、強く残るというのは、偽らざる僕の心境ではあります。

僕の特徴ではありますが・・・。
話が、大きく脱線して来ましたね。

話は戻って、自転車です。
カレー屋さんAfganまでは、15キロほどあって、その殆どが登りの道です。

僕も、自転車に時々乗りますが、僕は平坦地で、10キロも走れば、限界を感じて来てしまう、そんな人です。

自分には、絶対不可能なことが、出来てしまう、そんな人達に、僕は、とても惹かれます。
そんな僕なので・・・。
「Team900R」様の皆さまと、一緒に走らさせて頂きました。

ここからは、その時の、写真を載せさせて頂きます。

こんなふ~に、登り坂を走って行きます。
f0056835_131646.jpg

こんな急な登り坂も走って行きます。
f0056835_1312633.jpg

ペダルを踏む足を緩めたら、戻って行ってしまいそうです。
f0056835_1314789.jpg

あと、もう少しだけ頑張れば・・・。
下りになるよ・・・。
と思ったけれど・・・。
f0056835_1321167.jpg

下ってしまえば・・・。
その分だけ、また登り直さなければ・・・。
標高差がある、目的地は到着しないワケで・・・。
ホントは・・・。
急な下りなんかは、無い方が良いのではないかと・・・。
思えて来たりして・・・。
f0056835_1323311.jpg

なんとなく・・・。
途中で、僕だけ自転車で走っていないことが・・・。
とても申し訳なく感じて来てしまうと同時に・・・。
なんとなく・・・。
自分が、とてもチッポケな奴に感じて来てしまい・・・。
「お前も頑張れよ!」
と、もう1人の自分が叱っているようでした。
f0056835_133410.jpg

とても苦しいのでしょうが・・・。
僕の顔を見ると・・・。
こんな素敵な笑顔で応えてくれます。
f0056835_1332636.jpg

ホントに・・・。
ナント素敵な人達なのでしょう!
f0056835_133452.jpg

そして、自転車組もクルマ組も、無事にAfganに到着しました。
f0056835_134412.jpg

ダイエット中の僕は・・・。
先ずサラダでお腹を膨らませて・・・。
チキンカレーのライスは、最小にしてと・・・。
f0056835_1343074.jpg

そして・・・。
育ち盛りのクマピョンさんは、ベーコンエッグカレーで・・・。
ライスも、最大にしてと・・・。
f0056835_135590.jpg

こうして、自転車組とクルマ組は、仲良くカレーを楽しみました。
その後・・・。
僕等は、牧場へ向かってと、また新たに、走り出したワケですが・・・。

駐車場(駐輪場)に停めてあった、自転車が・・・。
僕には・・・。
「もう走りたくないよ!」
と言っているように聞こえてしまうのだけれど・・・。

「Team900R」 様の皆さまには・・・。
「もっと走りたいよ!」
と言っているように聞こえるようで・・・。

この前向きな受け取り方こそが、「Team900R」 の魅力なんじないかと・・・。
後ろめたい気持ちで満ち溢れている、そんな僕には思えたのでした。
f0056835_1375726.jpg

この日、勇気と感動を与えてくださった「Team900R」 の皆さま。
どうもありがとうございました!
f0056835_1382356.jpg

そして・・・。
この日、ご一緒してくださった皆さま。
楽しい1日を、どうもありがとうございました!
(ダイエットの神様、ゴメンナサイ。ソフトクリーム食べてしまいました)
f0056835_13879.jpg

そして、最後に。
某氏に勧められて、こんな本を読みました。

何ひとつとして、不自由なく生活を送っていても、独り暮らしに憧れる・・・。
自由だと感じると、不自由に成りたいと憧れるワケで・・・。
人間って、とても不自由な生き物のようではありますね・・・。
f0056835_1384724.jpg

何ひとつとして不自由のない、そんなクルマに乗っていると、少しばかり不自由なクルマに憧れるという、そんな僕と、この本の因果関係は見つけられずで、チョットばかり安心したのでありました(笑)

追伸
昼休み時間の40分投稿なので、文章メチャメチャだと思いますが、文章メチャメチャなのは、いつもの如くでしたね(笑)

by seiuchi-porsche9 | 2009-04-15 13:04 | オフ会 ツーリング
2009年 04月 11日

なんとかなるさ!(業務連絡でもありますよ!)

4月某日。
M君とH君と僕とで、チョットばかり仕事をサボってしまいました。
H君のアウディーS6(2004年型)。
f0056835_2052114.jpg
f0056835_2053487.jpg

4月某日。
この日も、アウディー。
現行S6。
f0056835_2064374.jpg

この日は、cyu-kinさんと・・・。
f0056835_2071266.jpg

そして、cyu-kinさんと、ドライブに。
f0056835_2085354.jpg

ナビシートに同性がいると・・・。
とても違和感があるのですね(笑)
f0056835_2073479.jpg

そして・・・。
f0056835_2092541.jpg

大黒へ。
f0056835_2010882.jpg

R8は、間もなくV10を載せたニューモデルが登場しますが、R8は、この種のクルマとしては、後方視界も良いし、フロントの見切りも、かなり良いしと、とても運転し易いクルマです。

室内に伝わってくる、R8のエンジン音は、F430やガヤルド、そしてアルファロメオ8Cなどとは、異なっていて、ラテン車が奏でる、あの独特の官能さには欠けると、僕的には感じましたが、その反面、乗って行く場所を選ばなければ成らないようね、そんな気兼ねは、(全くと言っていいほど)不要とも思われるほど、日常的な全てのシューチエーションで、気軽に使えそうだと、僕的には感じました。

これならば、通勤快速にするのも夢ではないな!
・・・と。
cyu-kinさんは囁いていたのでしょう・・・。
きっと(笑)
f0056835_20103312.jpg

そして・・・。
今度は、cyu-kinさんがステアリングを握り・・・。
f0056835_20105273.jpg

そして・・・。
僕が助手席で足を突っ張ってと・・・。
この日の2人は、子供のように遊んだのでした!
f0056835_20111172.jpg

僕の運転技術や、僕のクルマの知識では、R8のステアリングを握っても、試乗記なんか書けるワケもないので、cyu-kinさんの記事に、期待しています。
f0056835_20113083.jpg

でも・・・・。
この日のcyu-kinさんは、R8のドライブフィールよりも、25年落ちの930カレラのドライブフィールに、衝撃を受けたようで、R8を運転している時よりも、930カレラを運転している時のほうが、何故か燃えていました(笑)
f0056835_2011566.jpg

そんな楽しい1日は、あ~っという間に過ぎ去っていたのでありました。

そして、ここからは業務連絡です。
適当男Bさんこと、ガレさんから、忘れゃうから、もう1度だけ、伊豆ツーリングのことを書いてと、お願いがありました。

そんなワケで、集計して載せてみました。
僕も適当な人なので、適当に載せております。
多分、こんな感じでよいのでしたよね?

★日帰り★
cyu-kinさん
cconanさん
Fさん
Happy監督(&YUTAさん)
K君(&同伴者)
MEGAさん(&同伴者)
Mokuさん
SHIGERU,CCさん
shingoさん
silverwingさん
todayさん
tkdさん
wataruさん
(以上ABC順)
うにうにさん
がんもさん
じゅんいちさん
せとさん(&同伴者)
ちんはらさん
はやとさん
フクシー君(&サトーさん)
(以上あいうえお順)
(合計20台25名)

★宿泊★
akiさん
kazu-pereさん(新幹線&徒歩・笑)
kuniさん
nanさん
neoさん
Yoshiさん
(以上ABC順)
おかさん
ガレさん
クマピョンさん
こーすけさん
たあさん
ヒーローさん(&同伴者)
(以上あいうえお順)
セイウチ
(宿泊合計12台14名)

★更にセイウチ手配前泊組(金曜日)★
おかさん
ガレさん
こーすけさん
ヒーローさん(2名)
(以上あいうえお順)
セイウチ
(前宿泊合計6名)

★各自手配前泊組(金曜日)★
kuniさん
nanさん
SHIGERU,CCさん
Yoshiさん
(前宿泊組4名)


・・・てな感じで良いのでしたよね?

名前が載っていないよ!
という人はご連絡くださいね!
(皆さんも僕も、適当なので、この投稿を見たら、参加する人も書き込みしてくださいね)

ご確認のお返事を頂いた方は、青い名前に変更しますね!

更に、確認のメールを頂いた方は、からに変更しますね!

そして、奇特にも、僕も行きたいよ!
・・・と仰る、そんな方がいらっしゃいましたら。
下記を参考にしてくださいね!


いつもの如く、お誘いはしませんが・・・。
参加してくだされば、暖かくお迎えさせて頂きます。
僕のツーリングの場合は、何かが必ず起きますので(笑)
全損したり、全焼したりしても、笑顔でニコニコ出来ること、そして追突されても、笑顔でニコニコ出来る方だけ、来てください(笑)

(1)5月8日(金曜日)と5月9日(土曜日)の2泊3日で参加。
(2)5月9日(土曜日)の1泊2日で参加。
(3)5月9日(土曜日)のツーリングだけ参加。
※基本的には、上記の3通りでの参加方法になると思いますが、宿泊先に直接行く方がいらっしゃれば、適当に対応させて頂きます。

お手数ですが、参加希望な方は、ひと言コメントに書いてくださると幸いです。
(宿泊の予約がありますので、宿泊される方はお早めにしてくださいませ)
参加方法は、こんなパターンになるのではないですかね。

by seiuchi-porsche9 | 2009-04-11 20:14 | アウディー
2009年 04月 11日

そうだ!やっぱり!とりあえず貯金をしよう!

ワインも呑めない・・・。
アルコールが苦手な僕ではあるけれど・・・。
ワインのように・・・。
50年前後経過した・・・。
そんなクルマに・・・。
とても惹かれています。
f0056835_784913.jpg


by seiuchi-porsche9 | 2009-04-11 07:10 | ウォラス walrus
2009年 04月 06日

ギンギラギンにさりげなく! (こーちゃんへの手紙)

4月5日(日曜日)

天気は最高で・・・。
桜も満開に咲いていて・・・。
新入学と言うよりも・・・。
新たな人生が始まりそうな・・・。
そんな素晴らしい、お天気でした。

我が84年式930カレラも元気一杯で・・・。
とても清々しい気持ちの朝を迎えました。

今日は、とても楽しいことばかりが、待ち受けていて、くれそうで・・・。
大好きな女の子のことなんかは、頭の片隅にも、浮かんで来ません・・・きっと。
f0056835_12232769.jpg

先ずは・・・。
じゅんいち君の運転で、ボクスター2.9PDKで、出かけてみました。
f0056835_12255578.jpg

じゅんいち君は、僕とは2回りも違う、言うなれば、我が息子のような年齢になります。
(そのくせ態度はデカイですが・笑)
f0056835_122639.jpg

じゅんいち君の運転は、僕に緊張感と恐怖感を与えてくれます。
f0056835_12262743.jpg

じゅんいち君が、僕に与えてくれる、この緊張感と恐怖感は、何故か僕には、親しさと懐かしさをも、与えてくれました。
何故?・・・親しさと懐かしさを感じるのかと、ふと考えてみれば・・・。
この緊張感と恐怖感は、我が息子の運転と、とても似ているからなのだと、気付きました。

血液型が、性格を現すのかは、僕には判っていませんが・・・。
じゅんいち君も我が息子も、AB型ではあります。

『1速に落ちない!』
と言う、そんな、じゅんいち君なのですが・・・。
やっぱり!80キロ出ていれば、1速には落ちないのではないかと、僕は思うのですよね(笑)
こういうところも、よく似ていたりしています。
f0056835_12265584.jpg

このボクスター2.9PDKは、レーシンググリーンメタリックの外装色なのですが・・・。
内装のステッチは、とてもお洒落でもありました。
(フロアーマット)
f0056835_12271981.jpg

(リアセンターコンソール)
f0056835_12274714.jpg

でも・・・。
ステッチならば、僕のジーンズにもあるので、負けていないのですよね!
f0056835_1228983.jpg

でもなんです!
ショックなことに、じゅんいち君のジーンズのステッチは、豪華な2色使いで、完璧なまでに、負けていたのでした!
f0056835_12285253.jpg

そして僕はというと・・・。
f0056835_12291959.jpg

じゅんいち君の・・・。
f0056835_12311174.jpg

ゴルフGTIを、運転させて頂きました。
f0056835_12313526.jpg

今の僕は、ゴルフやAクラス、そしてBMW1シリーズ、そんなクルマに惹かれていることもあって、とても楽しく運転させて頂きました。

感想はというと、(日常的に)足の硬いクルマばかりに乗っているので、ゴルフの中では硬い部類のGTIであっても、とても乗り心地が良く感じられて、とても好ましかったです。

あえて、僕にとっての不満点を探すとすれば、右ハンドルで左ウィンカーは、チョットばかり戸惑うことがあって、何度となくワイパーが動いてしまいました。
それと、僕の運転の仕方だと、もう少しカックンブレーキ気味に振ってくれたほうが、使い勝手は良いように感じました。

それにしても、このGTIで、毎日を共に過ごしてみるのは、なんとも楽しそうであります。
と・・・、mippleさんを羨ましく思ったのでした(笑)

こうして・・・。
じゅんいち君と一緒に遊んで貰って・・・。
次に・・・。
この日のメインイヴェントが行われました。

この日は、こーすけさんの997ターボ(MT)の納車でありました。
f0056835_12321523.jpg

こーすけさんは、ブログを始める前からのお友達になるのですが、僕は「こーちゃん」と気軽に、呼ばさせて頂いています。

こーちゃんは、(羨ましいほど)抜群に明るい性格で・・・。
僕のヤリタイ放題の・・・。
f0056835_1233961.jpg

こんな悪戯にも・・・。
f0056835_12332410.jpg

気持ち良く受け答えてくれる・・・。
f0056835_12334124.jpg

そんな・・・。
f0056835_1234028.jpg

素敵な男であります。
f0056835_12341919.jpg

そんな、こーちゃんなのですが・・・。
ナントモ嬉しいことに、僕をとても慕ってくれています。

時には、こーちゃんの人生の1部を決めてしまうような、そんな大事なお話も、僕に聞かせてくれます。
何か聞いてしまえば、余計なことを、付け加えて答えてしまうという、そんな僕の悪い性格を、知ってか知らずか、こーちゃんは、僕に聞かせてくれます。

今にして思い起こせば、ここ1年半ぐらいは、こーちゃんの人生に関して、要らぬクチ出しを沢山してしまったと、思っています。

それと同時に、(こと仕事に関しては)ここまで来るのには、色々とあって、それなりに辛かったと思うけれど・・・。
今は・・・。
仕事に関しても、私生活に関しても・・・理想的な展開に納まった・・・今のこーちゃんの状態を・・・僕は自分のことのように、嬉しく思っています。

この日は、こーちゃんの997ターボの納車ではあったけれど、僕としては、そちらのほうが、ホントは、もっと嬉しかったです。

こーちゃんは、きっと、自らブログに書かなそうだから・・・。
僕が書いちゃいますよ!

くれあちゃん、お誕生日と婚約と妊娠おめでとう!
これからは、こーちゃんを独り占めされてしまいそうで、寂しいけれど・・・。
お触りのないキャバクラ遊びは、OKとのことで何となく安心はしました(笑)

こーちゃんは、1年半ぐらい前から、仕事のうえでの岐路に立っていたのですが、そんな、こーちゃんに、「取りあえずクルマ買って、そのクルマと一緒に、前に進んでみない!」と、まるで訳の判らないような、助言をしてしまいました。

その時・・・。
『それも有りですよね!』
・・・と、こーちゃんは言ったけれど、そう答える、こーちゃんを見ていると、悩みが深くて、このまま、今まで歩んで来た、その道を更に進んで行くのか、あるいは、右にある別の道に進んで行くのかを、何かに頼って、決めないとイケナイという、そんな気持ちだったのだと思っています。

「取りあえずクルマ買って、そのクルマと一緒に、前に進んでみない!」
と、僕は気軽に言ってしまったけれど・・・。
これに従ってしまえば、右にある別の道を進んで行くことを意味するワケで、収入は努力次第で増えるだろうけれど、今以上に沢山仕事をして、それなりに重荷も背負わなければ成らないワケで、なんか、こーちゃんの大切な選択肢を、僕はクルマという目標にすり替えて、アドヴァイスしてしまったワケで・・・取りあえず悩んだ時には、何かクルマを買おう・・・という、そんな最終目標を持って、全ての物事に向かって行く、そんな自分の方法を、こーちゃんにも勧めてしまったのカモしれません。

でも、仕事に対して頑張れるのは、愛する人のためというのも、理想的で、男らしくってホント格好良いと思うけれど、何かを成し遂げたら、何かを買って貰って育て来てしまった、そんな僕や、そんなこーちゃんには、悲しいかな、自分へのご褒美も、頭の片隅に置いておかなければ、経過的にも、結果的にも、何ひとつとして頑張れないという、そんな悲しい弱い人間なんです。

『それも有りですよね!』
・・・と言ったこーちゃんに。
「それじゃあ、何を買いますかね?」
・・・と僕は尋ねたけれど。
『997ターボ!』
・・・と、こーちゃんは悩むことなく速攻で答えましたね。

ご存知の通り、997ターボは、ポルシェの中での最上級車種なワケで、その最上級車種を選んでしまう、そんな返事が、この時のこーちゃんの悩みの深さを象徴しているようで、もう戻れないという、そんな選択をしたのでしたね。

そんなこーちゃんに・・・。
「こーちゃん、997ターボを買うなんって、そんな幸せを独り占めしてしまうと、きっと罰が当たると思うので、997ターボのオプションを、皆で、1人1個づつ選ぶ権利を与えましょうよ!」
・・・と、僕は言ってしまいましたね。

そして、思い返せば・・・・。
昨年の4月、あれは、参列させて頂いた、shingoさん&まりこさんの結婚式の名古屋からの帰りがけの時でしたね。
Mokuさん&じゅんいち君&TAKAちゃん、そしてこーちゃんと僕とで、997ターボを買いに行きましたね。

『997ターボMT、キャララホワイト、内装テラコッタ、PCCB、ターボエアロキット、ボディー同色ホイール塗装』
こーちゃんの頭の中には、こんな感じが出来あがっていて、担当セールスさんに伝えていましたね。

そんなテラコッタの内装を、僕のRS60スパイダーの内装色と同じカレラレッドに、勝手に変更してしまったのは、僕でしたね(笑)
f0056835_1234038.jpg

僕に与えてくださった、オプション選択の権利を、こんなところで、行使出来るとは、とても幸せな気分でした(笑)
納車された現車を見て、こーちゃんが、とても気に入ってくれて・・・。
実は・・・僕は安心したのですよ!
f0056835_12342384.jpg

このボディカラー同色ホイール塗装に、PCCBの組み合わせを見た時には・・・。
思わず、関西在住の適当男Bさんを思い出してしまいました(笑)
f0056835_1234458.jpg

ポルシェ純正ターボエアロキット装着車を、僕は初めて見たのですが・・・。
f0056835_1235645.jpg

とても格好良いです!
f0056835_12352790.jpg

僕のRS60スパイダーは、単なるスポーツシートなのですが・・・。
こちらは、座面とバックレスト左右のクッション・ホールドを電動で微調整出来る、アダプティブスポーツシートです。
f0056835_12355251.jpg

シートバックもボディカラー同色で、格好良いと思うと同時に・・・。
カレラレッドの内装で・・・。
何故か・・・中山美穂さんと謎解きしてしまいそうで・・・。
その心はと聞かれれば・・・。
それは・・・。
とても「派手!!!」なクルマであったからでした(笑)
f0056835_12361585.jpg

光る(イルミネーテッド)ドアーエントリーガードも、初めて見ました。
f0056835_12364076.jpg

人の財布で(笑)皆で好き勝手にオプションを選んでいくと・・・。
Aピラーもルームミラーも、サンバイザーもインテリアライトトリムも、レザー仕上げに成るようです。
(写真にはありませんが、BピラーもCピラーもレザー仕上げになっています)
f0056835_1237258.jpg

人の財布で(笑)皆で好き勝手にオプションを選んでいくと・・・。
エアベントもレザー仕上げになって・・・。
f0056835_12372250.jpg

しまうのですね!
f0056835_1237436.jpg

あとのオプションは、シートベルトぐらいしか(グレー)、僕には、もう判らないような状態なのですが、とても格好良い997ターボであります。
f0056835_1238474.jpg

そして・・・。
ハッキリ言って派手です!
派手でないのは、このフロントボンネットの中だけなのですが・・・。
f0056835_12382993.jpg

僕は、これを見て失敗したと後悔しました。

このフロントのトランクに敷きこまれている、黒いカーペットを内装と同じ、カレラレッド色のカーペットを、敷き詰めて貰えば良かったと、まるで自分のクルマのことのように後悔したのでした。
(実際、僕のRS60もそうしたいので・・・)

ホントは、サンルーフも、付けてしまいたかったけれど、ボクスターは残して置くとのことなので、オープンでも、まだまだ一緒に遊べますね。
(それにしても傷だらけだね・笑)
f0056835_12385566.jpg

ランチは、例の約束に従って、こーちゃんに御馳走になったけれど、ダイエット中の僕で良かったですね(笑)
サラダばっかり・・・ご馳走さまでした!

そして、納車されたばかりの997ターボで、shingoさん&まりこさんに会いに行きました。
f0056835_12392476.jpg

こーちゃんは・・・。
優しく何度も・・・。
僕に・・・。
『運転してくださいよ!』
と、誘ってくれたけれど・・・。

いつもの僕ならば・・・。
悩むことなく・・・。
図々しくも・・・。
直ぐにステアリングを奪ってしまうのだけれど・・・。

この997ターボと共に、これから背負って行く、新天地での仕事や、いつも優しく見守ってくれている、くれあちゃんと、10月に生まれてくる、2人の愛の結晶と、僕の頭の中では、色々なことが右往左往していて、今まで沢山遊んだ、そんなこーちゃんとの楽しい思い出も、僕の頭の中では、走馬灯のように駆け巡ってしまい、クチには出さなかったけれど・・・・。
「こーちゃん!この997ターボと共に頑張って行くのだよ!」
・・・と、そんな気持ちで、僕は一杯だったのでした。
(くれあちゃんよりも先に、助手席体験しちゃって、くれあちゃんゴメンナサイね!)

そして・・・。
ドキドキしながら運転している、そんなこーちゃんを見ていると・・・。
これからの生活も、ドキドキ感で、きっと一杯なのだろうな~あと、僕は感じたのでした。

こーちゃん、仕事頑張れよ!
くれあちゃんを大切にしろよ!
そして、時々はキャバクラでも行こうね!(笑)
・・・と、そんなことを僕は思っていたのでした。

この日、ご一緒してくださった皆さま、楽しい1日をありがとうございました。


それにしても・・・と僕が言ってしまうのも変だけれど。
オプションの価格だけで、僕の930カレラが3台買えて、まだ余ってしまうではないですか!(笑)


by seiuchi-porsche9 | 2009-04-06 13:04 | マイ・フレンズ
2009年 04月 04日

我思う故にコレでイイじゃん! 日々思う すべてコレでイイじゃん!

それは、昨日のことだったのでした。
この日の僕は、ワーゲン・ポルシェ914で出かけました。
f0056835_1211433.jpg

愛しのワーゲン・ポルシェ914に乗るのは・・・。
最後に乗ったのが、いつの日なのか・・・。
思い出せないほど、久しぶりでしたが・・・。

やっぱり、都内をチョコチョコと走り廻ってみれば・・・。
僕だけが・・・。
70年代の東京に取り残されているようで・・・。
ナントモ最高の気分でした。
(麻宮騎亜先生の作品から)
f0056835_1221187.jpg

僕の携帯に・・・。
8時25分にメールが届きました。
f0056835_12342100.jpg

というワケで・・・。
平日だというのに!
kuniさんが大阪から、やって参りました!

品川駅で、kuniさんと待ち合わせして・・・。
さっそく、お土産を頂いてしまいました。
どうもありがとうございました!
f0056835_12496.jpg

そして・・・。
某所に、行ってみることに決まりました。
f0056835_1253170.jpg

実は、数週間前からなのですが・・・。
kuniさんから、チョットばかり相談を受けていたことがあって・・・。
この日のKuniさんは、それで上京して来たというワケなんです。

こと中古車に関して、僕に相談をしてしまえば・・・。
その殆どの答えが 「NO!」 になってしまうワケで・・・。
Kuniさんは、相談相手を間違えたのではないかと、今でも思っています。

kuniさんと、僕とで、ここ数週間ばかりの、電話での会話は・・・。
あ~でもない!
こ~でもない!
という僕の会話に・・・。
でも・・・。
それでも・・・。
というkuniさんの会話になっていて・・・。
話は平行線ではありました。

そもそも・・・。
僕に相談をしてしまえば・・・。
僕は・・・『こんなことを!しなければ』・・・気が済まない・・・。
飛んでもないほどの小心者なワケなのです。

そんな 「NOマン」 の僕を・・・。
なんとか 「YESマン」 に変身させようと・・・。
kuniさんは、やって参りました。

僕としては・・・。
kuniさんが、納得すれば良いワケだし・・・。
なんせkuniさんの買い物だしと・・・。
気楽な気分ではありました。

先ずは・・・。
記録簿を拝見させて頂き・・・。
数か所に電話を入れて裏を取り・・・。
さっそく、試乗をさせて頂くことになりました。

ここで、kuniさんは・・・。
『セイウチさんが、最初に乗ってみてください!』
と、そんなズルイ(笑)ことを仰るワケで・・・。
なんか気軽な気持ちが、責任重大という・・・。
そんな立場になってしまったのでした。
f0056835_1293649.jpg

kuniさんを、助手席に乗せて・・・。
僕なりの・・・。
ここでは絶対に書けない・・・。
僕なりの・・・。
そんな試乗方法で・・・。
僕なりに・・・。
kuniさんを納得させて・・・。
気持のうえでは、僕も 「YESマン」 に変身出来ました。

そして、なによりも・・・。
初めて行った、このお店の社長様と、お話をしてみれば・・・。
お互いに・・・。
共通の知り合いが、(業界人だけでも)20人以上は居るということも判って・・・。
クルマの素性のうえでも、僕も 「YESマン」 に変身出来ました。
(この業界は広いようで狭いですから、信頼と評判を何よりも大切にしますから)

そして、全ての手続きを終わらせて・・・。
2台で、お店をあとにしたのでした。
f0056835_1291575.jpg

某店様、お世話になりました!
素敵なクルマありがとうございました!

その後・・・。
kiniさんと、僕は都内をうろついて・・・。
2人で(何故か時には3人で・笑)東京見物をしたのでした。
kuniさん、ご納車おめでとうございました!
f0056835_1295466.jpg

そして・・・。
お土産袋の中には・・・。
ご祝儀まで入っていて・・・。
ホントに申し訳なく思っています。

次回お会いした時には、もっと御馳走しますので、楽しみにしていてくださいね。
なにはともあれ、おめでとうございました!!!

by seiuchi-porsche9 | 2009-04-04 12:10 | マイ・フレンズ