<   2010年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 03日

元気です!

ご無沙汰しておりました。
お正月以来の、投稿になってしまったのですが・・・。
僕は、以前と同じように元気なのであります。
f0056835_106406.jpg

では、いったい今まで、何をしていたのかというと・・・。
仕事に夢中になっていたのであります。

お正月を迎える度に、新しい年を迎え・・・。
毎年、年を重ね・・・。
気がつけば、僕は相当のオジンに成ってしまったワケですが・・・。
f0056835_108054.jpg

そんな相当なオジンに成ってしまった僕であっても・・・。
思い返してみれば・・・。

社会人に成ってからの・・・。
27歳から38歳までの12年間は、我武者羅に仕事をしていました。
自分で言うのも、なんのなのですが・・・。
朝の5時半には出勤していたし・・・。
23時前に退社したことはなかったし・・・。
土曜日は、当然の如くに仕事していたしと・・・。
f0056835_10924.jpg

ある意味では、仕事をすることが、楽しくって楽しくって、仕方がなかったという・・・。
そんな時代でありました。
この27歳から38歳までの12年間で、僕は会社を3つ起こして来たワケですが・・・。
その、どれもが、辛かったことは忘れてしまっていて、今では、その全てが素敵な思い出ではあります。
f0056835_1095489.jpg

僕の父は、定年退職が55歳であった、そういう時代を生き抜いた人でありました。
その父は、55歳で定年を迎え、その後の56歳から65歳までの10年間で・・・。
会社を5つ起こした人でありました。

僕は父が、40歳の時に誕生した子供であったので・・・。
父が定年退職をした時には、高校1年の時でありました。
高校1年の僕は、その時の父の大変さや、その勇気に、全く気付いていませんでした。
今にして思えば、これは、僕の中では、とても恥ずかしいことで・・・。
父が他界してしまう前に、面と向かって、真正面から、父への尊敬の意を伝えておけば良かったと、深く深く後悔していることではあります。
f0056835_10102571.jpg

月日が流れて行くのは、ホントに早いもので・・・。
僕の年齢が、その頃の父の年齢に近づいて来ると・・・。
なんか、とても堕落していて、毎日の日常に活気が無く、その活気の無さを、遊びに没頭することで、隠し通そうとしていた、そんな愚かな自分の存在に、気がつき始めました。

実際のところ、ここ数年の僕は、仕事が2~3割で、遊ぶことが7~8割という、そんな思考回路を持っていってしまっていたというのが、正直なところであります。
f0056835_1011162.jpg

今の世の中は不況で、何をやってもダメそうだと思うのですが・・・。
父が定年退職をした、その翌年は 『オイルショック』 を迎えたという、そんな時代背景でありました。
それにも関わらず、父は頑張って、我が家にとってみればという、そんな小さな世界ではありますが、それなりの結果を残した人ではありました。

僕は相当のオジンになってしまい、今更ながら、日本中の誰もが認める、そんな偉大な人物には成れるハズもありません。
そんな僕であっても、父を超えることが出来なくても、父に近寄ることが出来るカモ知れないし、可能性は少ないとしても、もしかしたら、父に並ぶことが出来るカモ知れないと思い始めたのは、去年の秋ごろからでした。
f0056835_10114654.jpg

この4月で、長男が大学4年に進級しました。
去年の夏から、就職活動を頑張っています。
頑張っても結果は、ついて来ないカモ知れません。
そんな長男は、父親で有る僕が、仕事を我武者羅に頑張っていた時代の父親を、記憶の片隅にも、残していないと察しています。
f0056835_101247100.jpg

長男にしてみれば、チョットだけ頑張れば、父を超えてしまうと、そんなふ~に思っているカモ知れません。
やっぱり・・・。
『これじゃ~あダメじゃ~あ~ん!』
と僕は思ったのであります。
f0056835_1013146.jpg

そんなワケで・・・。
気付くのが、とても遅くなってしまった僕ではあるけれど・・・。
今は、あの27歳から38歳の頃と同じように・・・。
我武者羅に仕事をしてみたいと思っているのです。
f0056835_1014011.jpg

それゆえ、僕は・・・。
『やっぱり元気なんです』
でも・・・。
大好きなクルマと戯れてしまうと・・・。
今の僕では・・・。
まだまだ、我武者羅に仕事が出来なそうな、そんな弱い自分では有りそうなので・・・。
チョットばかり自粛しています。
でも、クルマは大好きで・・・。
そして、僕は元気なんです。
f0056835_10143035.jpg

小学6年の時に、静岡の清水から転校してきた、あの大好きだったM子ちゃんと、生まれて初めてキスをした、あのベンチは、木製だったけれど、形は違えど、今でも同じ場所に存在していて・・・。

ほんのチョットだけ、唇と唇が触れただけなのに、心臓が破裂しそうなぐらいにドキドキした・・・。
たった1台の、なんのヘンテツもない、そんなベンチだけれど、何故か、チョットばかりの勇気と、かなりのヤル気を、僕に与えてくれるには、十分過ぎるものなのでした。
f0056835_10145993.jpg

相当なオジンになっても・・・。
『ピカピカの1年生』
の気分だけは、味あえるものなんですね・・・。
と信じていたいのです。
f0056835_10302871.jpg


by seiuchi-porsche9 | 2010-04-03 10:18 | マイ・フレンズ