戦闘的に走れ!

seiuchi9.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 12月 15日

997GT3RS・997ターボ・997GT3・実車版(ケイマンCS予想論・カイエン)

f0056835_12345732.jpg

先日、謎の怪人エックス様からのお誘いで、ポルシェ997GT3RSと戯れてきました。
謎の怪人エックス様、どうもありがとうございました。
ご好意に感謝です!
関係者各位様にご迷惑をお掛けしてはイケナイので、画像アップが主体ですので御了承願います。
ソリ黒バージョンの997GT3RSは、闇夜にとても映えるカラーリングでした。
オレンジのエンブレム(GT3RS)が蛍光塗料のように、とても目立ちます。
f0056835_12374227.jpg

同じブラックの997GT3のリアエンブレム(GT3)と比較すると、一目瞭然の目立ち度の差があります。
f0056835_12405996.jpg

僕は、仮に997GT3RSを購入することが出来たとしたら、迷わずに少数派であるであろー、緑(グリーン)バージョンにすると決めていましたが、この黒バージョンを見てしまった、今となっては、こちらのカラーに変更しそうです。
997GT3RSのリアビューは、後続車に無言のメッセージを発信しそうです。
f0056835_12482677.jpg

外観の写真を何枚か・・・。
f0056835_175256.jpg

f0056835_12505019.jpg

f0056835_12511883.jpg
f0056835_12532755.jpg

ひとつ、ひとつのパーツが、オレンジに塗られているという格好良さで、とても判り易いクルマだと思いました。
これが好きか、嫌いかで、この997GT3RSの外観の評価が大きく異なるのは間違いがなさそうですね。
f0056835_12561347.jpg

こんな画像を見ていると、とても漫画チックに、このクルマを捉えている自分に気付きます。
f0056835_12584576.jpg

僕の目に漫画チックに映るものが、これでもかという程、この997GT3RSには沢山あります。
(画像のオレンジは実車に近い色ですので、参考になりますか?某Mさん)
f0056835_1305957.jpg
f0056835_1314866.jpg
f0056835_132022.jpg
f0056835_132187.jpg
f0056835_1323659.jpg

実は、僕の好みのモデファイは、漫画チックな路線のクルマであったりもしています。
漫画チックという言葉は、語弊があるような気もしますが・・・。
つまり子供の頃から、大好きだったプラモデルの仕上がりのイメージです。
僕のプラモデルの仕上げ方が、片寄っていることもありそうなので・・・。
チョロQみたいな実車と、お伝えしたほうが判り易いかも知れませんね。

実車の写真を見ても、真実性が薄く感じられて、完成したプラモデルやモデルカーに見えるよーなクルマが、僕の好みということになります。
僕がリビエラブルーというカラーが大好きなのは、街で見かける沢山のクルマの中で、限りなく実在しないカラーだからです。

あまり見かけないようなクルマの外装色で、更にその外装色がソリッドの場合は、プラモデルやモデルカーに見える・・・と、僕は信じています。

つまり、オモチャに見えるクルマが、僕の好みということにもなります。

オモチャに見えるクルマは、飽きを感じさせることも事実なので、非日常的なクルマであることが理想的なのかも知れません。

僕のクルマの好みは大雑把に分けるとこんな感じで、4つに区分けされています。
(1)旧車は限りなくオリジナルに近い状態が好みです。
(2)女性がオーナーとは絶対に想像されない、チョイ悪男を連想させてくれるようにモデファイされたクルマが好みです。
(3)写真にすると、オモチャに見えるようにモデファイされているクルマが好みです。

こんな感じなのですが、これに基本となる家族で乗るクルマは、オリジナルのままで乗るが付け加わります。

下の画像は、僕の前期型996GT3ですが、僕的には漫画チックなクルマ、オモチャのようなクルマに仕上がっていると思っています。
f0056835_13193431.jpg

このリビエラブルーの996GT3は、ホイールを同色のリビエラブルーに塗装しようとも思いましたが、あまりにもニギヤカに成りすぎるので、キャリパーだけを、リビエラブルーに塗装しようかなーとも思っています。

室内を黒とリビエラブルーで遊んでみたワケですが、この室内の色の組み合わせの遊びを外装で行ったのが、この997GT3RSに思えています。

僕の中では、ある意味、やられてしまった!という、とても衝撃的な色使いになるのです。
漫画チックで、オモチャ的なクルマに思えているというワケです。

このソリ黒とオレンジ(ガルフオレンジに似ています)の組み合わせ・・・。
つまりホイールとサイドデカールがオレンジで、ボディーが黒の組み合わせを流用して、カイエンか、ケイマンで仕上げたら、僕好みのオモチャのようなクルマに仕上がりそうです。

超扁平タイヤを履いて、インチアップしたホイールにオレンジ塗装をすると、ホイールがプラスチックのように見えて、こんなにもオモチャのように仕上がるのかと、997GT3RSを見て思ったのですが、これを巨体ともいえるカイエンで作り上げたら、とても楽しそうです。

オレンジとソリ黒の組み合わせを、997で作り上げると、997GT3RSの真似っ子の感は否めないので、ケイマンに施せば、威力的なクルマに仕上がることは間違いがないでしょう。

こうして、色々と想像するのが大好きな僕なのですが、こうして想像をすると、時として、今後のポルシェの動向が垣間見れたりしたりもします。

★★★ケイマンの販売が一段落すると、ケイマンCSが登場するかも知れません。
CSとは、御存知の通り、クラブ・スポーツのことです。

ケイマンに、ケイマンRSバージョンが、追加されると思っていらっしゃる方もおりますが、ケイマンに、追加車種が登場すのでしたら、それは「RS」という名称ではなく、「クラブスポーツ(CS)」です。
理由は簡単で、「RS」という呼称は911だけに与えられるものだからです。

仮に、ケイマンRSという名称で登場したら、増販目的の為ならば、なんでもする自動車メーカーと、僕は受け取ることになり、ポルシェから更に心が離れれてしまうと思います。
(過去にCarreraという特有の名称を、全ての911に与えてしまったという例もありますが)

仮に、ケイマン・クラブ・スポーツ(以下CS)が、この997GT3RSのように、4種類のカラーリングで登場したとすると、997GT3RSの価格設定が、997ターボよりも上にあることもなんとなく理解出来てしまう、自分がいます。

ケイマンCSがケイマンSベースで作られ、997GT3RSと同じように仕上げてくれば、予想される価格は997カレラの価格帯ということになるのかも知れません。

あるいは、思い切って、93年に登場したフロント・ミッドシップのポルシェ986のクラブスポーツのように、余計なものは全て取り除いて、ベーシックな968より割安で登場した事例もあるので、ケイマンCSがオーソドックスに、素のケイマンをベースに登場する可能性も残っていそうです。

効率優先で、利益率優先の現在のポルシェAGが目論みは、果たしてどちらなのでしょうか?
(参考までに、968CSの登場時は、968はエンジンが1種類しかなく、販売が好調ではなかったモデル末期でした)

僕が更に、この997GT3RSの色の組み合わせに、手放し状態で打ちのめされたのは室内にあります。
ロールゲージはボディー色のソリ黒と反対色であるオレンジになっています。
f0056835_13282254.jpg

このロールゲージは正規輸入された993までの時代と同じでフロント側には廻ってはいません。
つまりバケットシートから後ろの部分にしか、オレンジが使われていないことになります。

997からはフロント側のロールゲージは別売になったようですが、公道をヘルメットを被って走行するワケではないので、公道走行時の安全性は増したといえるでしょう。
(注・996GT3RSのフロントロールゲージは、自己責任でオーナー自身が装着している・・・というワケが判らないような輸入もとの解釈のクルマでした)

そして、このことからも、997GT3RSはカタログモデルに成り、継続生産で、限定車でないことも想像出来る、糸口に成ったりします。

フロント側のロールゲージが結べるように、こんな処理になっています。
f0056835_13365486.jpg

仮に、僕がフロント側のロールゲージを追加しなければ成らないようなことになったら、僕は追加したフロント側のロールゲージだけは、ソリッドの黒もしくは艶消しの黒にすると思います。

外観が、黒とオレンジという組み合わせなので、室内もやろうとすれば、僕の996GT3のように、どこまでも限りなく色分けが可能です。

それをバケットシートの後方にあるロールゲージでしかしていない所に、僕の好みと完全に一致するところがあります。
僕の996GT3の室内は、フロント(バケットシートより前)側だけを塗装しています。
つまりロールゲージがない、ストリート仕様の僕の996GT3では、997GT3RSと、まるで反対な仕上がりになっていますが、意図することは同じなのではないかと、思ったワケです。

997GT3RSのフロント側の内装は、コストを掛けなかったワケではないのです。

その証拠にリアセンターコンソールは、惜しげもなくソリ黒に塗装されていました。
オレンジに塗装してもコストは、それ程変わらないと思うので、意図的であることに疑いの余地がなさそうです。
f0056835_1346391.jpg

そうなると、シートベルトをオレンジにすることよりも、黒のままでいた方がまとまりがありそうですね(実車は黒でした)。

僕は今までの歴代のポルシェにハイセンスというイメージを与えて頂いた記憶は殆どないのですが、このワンポイントに使用しているステアリングのイエローには、1本取られてしまいました。

ステアリングの中立位置を示しているというよりも、さり気なくイエローを主張しているように思えました。

ただ更に欲を言えば、あまり根拠のないイエローでなくオレンジが、僕的には満点の主張に思えますが・・・。
(実際にはドライバーズシートに座ると左右のサイドミラーのオレンジが、かなり主張していますが)
(タコメーターは白ではなく艶消しのシルバーです)
f0056835_13555010.jpg

f0056835_14121968.jpg

僕は、握りがバックスキーンのステアリングが大好きです。
今回登場した997GT3RS用のステアリングには、何色かあると思うので(?)、このステアリングを987で試してみようと思案中です。
(僕の読みはこんな感じでしたよ>Mさん&J君)
f0056835_142409.jpg

仮に自分のクルマであったとしたら、この部分はカップカー用のカーボンに付け替えるか、思い切ってオレンジに塗装してしまいそうです。
f0056835_14105715.jpg

エンジンレスポンスは最高でしたが、更に気に入ったのが音でした。
切り替え装置付きの爆音マフラーが奏でる音は、市販されたポルシェの中ではカレラGTに次ぐような気がしました。
f0056835_14145439.jpg
f0056835_1415748.jpg
f0056835_14151886.jpg
f0056835_14154417.jpg
f0056835_14155757.jpg

左右のドアーの肘掛部分が997GT3と997GT3RSでは違っていそうです。
(画像は997GT3RS)
f0056835_14181761.jpg

オレンジ塗装のホイールは、ボディー同色塗装よりも漫画チックですね!
f0056835_14202936.jpg

こちらも魅力的な997GT3。
リアフェンダーの張り出しの違いは、直ぐに判るほどありますが、取り回しはこちらの方が楽でした。
(画像は某店ご協力のもの)
f0056835_1436481.jpg

f0056835_14371431.jpg
f0056835_14372867.jpg
f0056835_14374037.jpg

謎の怪人エックス様の手元にあった、997ターボです。
f0056835_14261534.jpg
f0056835_14263886.jpg

室内は、カーボン仕様でした。
f0056835_14272984.jpg
f0056835_1427464.jpg
f0056835_14282125.jpg
f0056835_14284091.jpg

謎の怪人エックス様。どうもありがとうございました。

by seiuchi-porsche9 | 2006-12-15 14:31 | ポルシェ997


<< クリスマスかな!タイヤ交換・・・。      ■追記997GT3RS■久々の... >>